皇海山キャンプフォレスト

2017.5.4〜5、皇海山キャンプフォレスト でファミキャンしてきました。ファミキャン… なんて久しぶりに聞く言葉でしょう。ここ最近、キャビン泊や夫婦デュオキャンプはあったものの、

スウィートグラス/新・満天星屑キャビン

2016.12.30

藤川キャンプヒル LUNA・Luna

2016.08.25

家族揃ってキャンプ場でテント張ってキャンプするのは2015年の佐渡以来、およそ2年弱ぶりかもしれません。

佐渡夏旅(キャンプ編)

2015.08.17

楽しんじゃいます♪

世界遺産・富岡製糸場

富岡製糸場

キャンプ場のチェックインは 14:00。GW渋滞を恐れて早めに出発したおかげで順調に首都圏を脱出できたので、前々から行きたいと思っていた富岡製糸場に寄り道することにしました。

世界遺産だもの

さすがGWの世界遺産。観光客でとても賑わっていました。工場内の各種施設はもちろんメインの見どころですが、この富岡製糸場が栄えた背景に、ちょっと離れた下仁田の荒船風穴の冷風により安定的に蚕種を貯蔵できたことが貢献しているとのことで、その話も興味深かったです。

歴史ある建物

工場町もいいかんじ

路地裏

富岡製糸場の城下町とでもいいますか、工場で働くために多くの人が集まれば、その周辺も栄えます。路地裏の飲食店の雰囲気がいいかんじ。

50年以上前から営業しているという高田食堂でランチしました。このお店、『富岡製糸場の工女さんも愛したカレー』で有名だそうです。味良し、しかもかなりリーズナブルで満足度の高いお店でした。このときはカレー、ラーメン、たれカツの3つを頼んで ¥1950。ちなみにカレーはけっこう辛口です。

Sky Sun Camp Forest

今回のキャンプ地へ。

皇海山キャンプフォレスト

皇海山の読みは『すかいさん』。百名山に名を連ねているので読み方は知ってはいましたが、初めてこれを見て読める人はなかなかいないかもしれません。ホームページ では Sky Sun なんてワードを使っていて、キャンプ場の名前としては良い響きですね。

設営完了

全体的にこじんまりしたサイトが多いなー、という印象の皇海山キャンプフォレストですが、GWの直前に運よく確保できたわが家のサイトは、このキャンプ場の中ではちょい広めの部類に入るようです。

好きなキャンプ場かも

はじめてのキャンプ場を探検。

Sky

遠くに見えるのは武尊かな。至仏かな。キャンプ場自体は林間ですが、キャンプ場のゲート付近は広く開けていて、遠くまで見渡せました。

活気ある管理棟

施設は新しいというわけではないですが、最近のキャンプブームの影響もあるのか『がんばってる感』を感じました。スタッフは若い方が多くこちらも『がんばってる感』が感じられました。ちなみに管理棟ではジョッキで生ビールが飲めます。好印象。

なぜか蕨市

ブランコや広場など、小さい子供が遊べるスペースもありました。なぜか消防車(なぜか蕨市)が置いてあって、運転席に自由に乗り込んだりして、子供たちに人気がある様子でした。

ファミキャン満喫

いい空気感

2017GW後半、終始良い天気でした。昼間はちょっと暑いくらい、日が傾いてくるとやや肌寒くなってくるかんじ。夜は焚火が気持ちよい気候です。

バッグの中は勉強道具?

そういえば空豆号で家族揃ってキャンプするのは初めてでしたが、長い全長で積載能力が上がったおかげで、ルーフボックスが無くても3人分のキャンプ道具を積むことが可能でした。ただ、今回は装備を最小限に抑えたことを踏まえると、寒い時期や連泊で荷物が増えてくるとちょっと厳しいかもしれません。

アヒージョぐつぐつ

MOMO@中学生はお勉強中、Mマはお昼寝中。わたしはおつまみのアヒージョを作りつつ、一杯。明るいうちに外で飲むビールはウマい。うひ。

夕食

その流れで家族そろって夜の宴へ。メニューはキャンプの王道BBQ。先日入手したばかりのスキレットを持ってきました。網焼きだけではバリエーションに乏しいBBQですが、汁物レシピや細々した食材のレシピも同時にできるので、いいですね、コレ。

OIGEN F-320

2017.02.10

焚火

夜、ひさびさに家族で焚火を囲みました。日常からちょっと離れて過ごすこういう時間は楽しいものだと、あらためて感じました。

さわやかな朝

翌朝。なぜかすごく爆睡できました。

スキレット3連

人数分のスキレットがあると便利だー。しかもそのまま食卓に置くとオサレなイメージになるのはなぜでしょう。

朝焚火

撤収の朝の火熾しはなにかと面倒ですが、皇海山キャンプフォレストはチェックアウトが 13:00なので比較的のんびりできました。焚火の前でコーヒーを飲んで朝の優雅な時間。

荷物少なめなのでこのあと手早く撤収。

いい時間を過ごせました。ありがとうございました。

川場田園プラザ

キャンプ場をあとにして、関東で人気No1と言われる道の駅にやってきました。GWで混雑必至でしたが、一度行ってみたかったので果敢にも訪れてみました。

広ーい

はやりすごい人。すぐ近くの駐車場は満車だったため、ちょっと離れた臨時駐車場にクルマを停めてシャトルバスでやってきました。道の駅へ行くためにバスを使うとは。おそるべし。

蕎麦

クレープ

わが家がやることと言えば、食べて買い物、食べて買い物くらいですが、評判通りいろんな施設があり、一日楽しめる道の駅というふれこみはダテじゃありませんでした。

帰路は渋滞に巻き込まれましたが、常識的な範囲だった、かな。

楽しいGWキャンプでした。

8 件のコメント

  • こんばんわ
    モンベルのビッグタープにムーンライトの組み合わせ!
    今でもムーンライトは新品購入できますけど、ビンテージと言っても良いくらい昔に発売されたテントですよねぇ。それでいて古さを感じないのはカラーリングのおかげなのかな

    この時期の林間サイトは気持ち良さそうですね。
    近々、この近くのキャンプ場の林間サイトに行く予定です。

    • モンベルのこのグリーンは発色がいいですね。太陽の光があたるとよりいっそう。おかげで多少の汚れは目立ちにくくなってくれる気が。:-) ビッグタープはもう10年前に入手したもの。しかもヤフオク中古品。撥水性はなくなって、しかもシームも切れているので雨の日に使うと悲惨なことになりますが、新緑の季節の晴れた日に使うと、新緑カラーのタープは気持ちがいいです。

      a-さんのレポを見て、グリーンパーク吹割や桐の木平キャンプ場にも行ってみたいな、と思っています。

  • ファミキャン!(驚2)

    9botaさんってファミキャンするんだ〜
    新しく読者になった人には、きっとそう思われてましたね…

    心なしかカントリーマンも喜んでいるように思えます。(気のせい
    うん、良かった。

    おスカイサンでしたw

    • わざわざコメントくれたんでスカイ。サンきゅー。

      ええ。ファミキャンするんですよボク。読者さん以上に自分でもビックリです。さすがにオートキャンプ場でのキャンプは新鮮味がなくなりつつあると思っていたんですが、いやいや、ひさびさにやってみるとやっぱり楽しくて二度ビックリ。ふつうにメシ食って、ふつうに焚火して、ふつうに寝るだけでもキャンプはいいものです。まだまだやりますよファミキャン。カントリーマンも喜んでいたはずです。はい。

  • 良いGWでしたねー。うん、良いGWだ^^
    中学生にもなると色々と忙しいでしょうから、こんな時間はほんとに貴重なんでしょうね。

    近い将来、うちも同じような経験をするんだろうな~
    ちょっと寂しいような。でも一緒に出掛けられるだけマシ...ですか?(笑

    あっ、ファミキャンお疲れさまでした!

    • 1泊だけでしたが中身のある良いGWでした。たまたま全員の都合が合って出かけられましたが、最近はなかなか難しいですよね。まあキャンプは年に数回一緒に出かけられればいいかな、くらいなかんじで、自然体で楽しんで行きたいです。

      忠太父子は、1年後も同じように一緒にガンガン山に行ってる気がしないでもないです…。

  • ファミキャンは、ファミBBQおめでとうございます!
    ソロ活PJ記事の後。まさかのソロGW、、、なんて内容じゃなくて、よかったです笑

    そうそう、観光やグルメなんかを、絡めちゃいますよね。

    • ありがとうございます。お互いにやってやりましたね、GWファミキャン。わが家も1泊でしたがけっこう満足できました。キャンプ場にいる時間がスペシャルなものではなくなってくると、確かに他(観光、グルメ等)を絡めたくなりますよね。

      ソロGWの過ごし方に関しては、そのうち広告代理店がアンケートとってくれることでしょう。そもそもソロGWは市民権を得られるのか興味深いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    9bota

    The 9th trail. のあるじです。右往左往しています。