黒部峡谷

過去トレックネタ。
2010.8.6、夏休み帰省中の金沢から日帰りで、お隣は富山県の黒部峡谷を歩いてきました。ここは黒部峡谷鉄道で有名なところ。オープンエアなトロッコ列車に乗って峡谷を進みます。

宇奈月から


黒豆号に乗って金沢から温泉の街宇奈月駅へ向かいます。この宇奈月からトロッコに乗って欅平という終着駅まで向かいます。改札を抜けると、眺めの良い席を確保するためにみんな小走りになります。


客車には種類があり、窓が一切無いオープン型や窓付の特別客車などがあります。ここは当然オープン型をチョイス。切符代も安いし。しかし、このオープン型車両には椅子の背もたれがありません。終着駅までは意外と長い時間かかるので、背もたれが無いとけっこうツラかったです。


さあ、出発です。オープンなので気分爽快。ちょっと身を乗り出せば、こんな写真も撮れます。


ひょえ~高い…、と、ちょっとビビるMOMO。


いけ~、と、ちょうしが出てきたMOMO。


ダムの水の色が違いますね。あの橋はどうやって架けたのか。トンネル多い。

終着駅


宇奈月駅を出発したのち、黒薙駅や鐘釣駅で途中下車できるようです。それぞれ見所があるので、こんど時間があったら途中下車してみましょう。今回は終点の欅平まで向かいます。欅平に到着~。


トロッコを降りてまず、歩いて往復1時間弱の猿飛峡へ向かいます。こちらの峡谷は特別天然記念物です(と後で知りました)。峡谷の写真も印象もあんまり残っていません…。桃猿写真。


欅平まで戻って来て足湯発見。あー癒されるー。


ちょっとお弁当も食べて、さあこんどは川の上流へ向かって歩きましょう。目指すは祖母谷温泉。祖母谷には山小屋があり、かつての若かりしMOMOおじいちゃんが白馬から下山してここへ寄ったことがあるそうです。ところで何のポーズ?


先へ進むとなぜかヘルメットがたくさん置いてあり、とりあえずかぶってみます。どうやらこの先は頭上注意のようです。トンネルもたくさんありました。


狭く長いトンネルの中は真っ暗。明かりを持ってきてないので怖いです。というのも、トンネルに入る前に道でヘビを見つけてしまい、トンネル内にもいるんじゃないかと恐怖倍増。みなさんはぜひヘッドランプの持参をお進めします。

祖母谷温泉


終着駅欅平から祖母谷温泉までは往復5km程度。MOMO Familyはだいぶ歩き慣れてきたので楽勝でしょう。それにしてもきれいな流れです。このずーっと上流にあの黒部ダムがあるのかしら。


トンネルをいくつか抜けたとき、あー、見えたよ。山小屋が見えました。ここはそのへんの河原から温泉が湧いていて、ここへ近づくと地面から熱を感じます。昔は河原をスコップで掘って自然に湧き出る温泉を溜めて風呂に入っていたようです。


さすがにスコップで掘った風呂に入るほどワイルドなことはできないので、山小屋の風呂に入れてもらいます(\500)。いえいえこちらも十分ワイルドでした。露天風呂じゃなくて野天風呂とでもいいましょうか、みなさんも一度お試しあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

9bota

The 9th trail. のあるじです。右往左往しています。