鳳凰三山(前編)



2014.9.27~28、地蔵岳、観音岳、薬師岳からなる鳳凰三山を歩いてきました。この週末にテン泊山行を決めたのは前日の金曜日。天気が良さそうだし、紅葉も始まってるし、どっか行きたい!と言っても土曜は所用がある女性陣。はいはい分かってます YO。 最初からソロで行く予定であります。(涙 北アルプスや八ヶ岳などが自分の中で候補地にあがりましたが、今回は南アルプスに決定! レッツゴ~♪

ドンドコ行こう

太平洋上の台風の影響か(?) 、関東南部の横浜は風が強い朝でした。ありゃりゃ、風は嫌だなぁ…。ちょっとブルーな気分で出発して中央道を下って行くと、東京から甲府盆地への山越えではかなり雲がかかっており、さらにテンションブルー…。(-_-#

快晴 無風

快晴 無風

でも、韮崎IC で高速を下りる頃には快晴! 風も無い!
登る予定の鳳凰も、麓からしっかり見えました。

青木鉱泉

青木鉱泉

途中の未舗装路にヒヤヒヤしながらも、登山口のある青木鉱泉に向かいます。有料駐車場(\750/day)に黒豆号を停めて出発準備。

渋い

渋い

青木鉱泉。なかなか趣のある佇まいの建物でした。こちらはすぐ横に幕営地もあるので、前日インしてここで一泊もありかも知れません。

ドンドコ沢

ドンドコ沢

ドンドコ沢。なんだか遊び心があるネーミング。本日はこの沢沿いコースを鳳凰小屋まで登ります。沢沿いにはいくつもの滝があり、大きな見どころとなっています。山の上部の紅葉も楽しみですが、初日は素晴らしい滝を見るのが楽しみであります。

天気サイコー

照りつける日差し

照りつける日差し

カッ! と照りつける日差し。コースは主に樹林帯のため直接日差しを浴びることはないでしょうが、暑すぎてもバテるので、ほどほどがいいなぁ。と、雨が降れば晴れてほしいとか。晴れれば日差しが強いとか。まったく勝手なもんです。

紅葉まだまだ

紅葉まだまだ

登山口の標高は 1000mちょい。9月最後の週末、この周辺の紅葉はモミジの葉っぱの先っちょがやや色づいている程度で、まだまだこれからと言ったところ。

上に期待?

上に期待?

でも、これから登る山の上部は色づきが始まっているようです。早くあの紅葉の世界に飛び込みたい! でもちょっと、いや、かなり遠いな…。(汗

南精進ヶ滝

南精進ヶ滝

しばらく登ると第1の見どころがやってきます。『南精進ヶ滝』です。落差が大きく水量もたっぷり。迫力です。

滝つぼ綺麗

滝つぼ綺麗

一段目を受け止める滝壺のグリーンがキレイでした。リアルな南アルプスの天然水ですね。

あ、足が止まった…

今回の登りコースの見どころは『滝』、ということが関係しているのかどうかは分かりませんが、自分自身からも滝のような汗が流れます。かなりの急登が続くこととテン泊装備を背負っているということを差し引いても、なぜか今日は足取りが重すぎました。(-_-#

鳳凰ノ滝

鳳凰ノ滝

第2の『鳳凰ノ滝』の案内板が現れましたが華麗にスルー。回り道して滝を見る余裕もないほど、すでにこの時点で消耗していました。

急登続き

急登続き

鳳凰は南アの入門、とか言われてるみたいですが、自分にとってはかなりのハードコース。岩や木の根が多い急登が続きます。一歩一歩がキツイです。そんなコースで大きな段差を越えた時、『ピキッ』と足がつっちゃいました。一人喘ぐオッサン…。(涙

白糸の滝

白糸の滝

記憶が曖昧ですが、これはたぶん第3の『白糸の滝』。あまりパッとしない滝だったこともありますが、このときの自分、かなりグロッキーで、滝を見てる余裕無し。(T_T)

黄葉

黄葉

そんなオッサンを癒してくれる美しい黄葉が出現。標高を上げてきたおかげで周囲に赤や黄色が見られ始めました。

紅葉

紅葉

紅いのもキレイ。

五色滝

五色滝

第4の『五色滝』。個人的にはこの滝が一番好きでした。もうここは標高2000m以上はあるはずなのに、どこから流れてくるのかしっかりした水量で、しかも落差が凄い。まるで空から降ってくるかのようです。

キラキラ

キラキラ

ちょうど滝に太陽の光が差し込んで、キラキラ光る水しぶきが至福の美しさでした。

ほっとする道

ほっとする道

五色滝を過ぎたあたりから緩やかな登山道に変わり、のんびりと歩くことができました。ずっとこんな道なら良かったのに。(笑

オベリスク

オベリスク

やがて、白い砂地に覆われた枯沢に出たころ、地蔵岳のオベリスクが現れました。やった。やっとここまで来た…。

穏やかな鳳凰のテン場

テン場

テン場

鳳凰小屋に着いたら何は無くともまず設営。森に囲まれたこじんまりしたフラットな砂地のテン場です。風の影響も少なそうで、安心感がありました。

ランチ&おやつ

ランチ&おやつ

設営を終え、小屋前のデッキのベンチにて、ちょっと遅めのランチとオヤツタイム。

水豊富

水豊富

鳳凰小屋は南アルプスのおいしい水が豊富で、ホースからは湧水が絶えず流れ出ています。水が使えるテン場は天国ですね。

最高だってば

最高だってば

小屋まで歩き切り、お腹も満たされ、見上げれば青空。サ イ コー。

まったり

まったり

軒下で、小屋番さんもまったり。

散策

散策

ここから地蔵岳山頂までは往復約2時間。みなさん鳳凰小屋に到着後、地蔵岳にアタックしていきますが、自分はもう無理でした。小屋の周辺をうろうろします。

昼寝します

昼寝します

鳳凰小屋は山に挟まれた谷間にあり、うろうろすると言ってもたかが知れていました。ほぼ展望も無しで、やることもないので、ちょっとお昼寝。

Zzz…。

お隣さんと

賑わう

賑わう

「寒っ!」と目が覚めました。谷間だから日が当らなくなるのが早いんですね。途端に寒さを感じます。ゴソゴソと外に這い出してみると、わわっ! テン場にはテントがびっしり。もともとそんなに広くないテン場ですが、鳳凰人気ですね。ここのテン場は幕のサイズに応じて小屋番さんが張る場所を割り振ってくれます。われわれテン泊者が好き勝手に設営すると、張るに張れないビミョーな空間が空いちゃったりするので効率がイイですね。

夕飯

夕飯

さっきランチした気がしますが、することもないのでディナーです。今回はオールレトルト&フリーズドライです。ああラクちん、だけどちょっと寂し。と、外で食事の用意(お湯沸かすだけ)をしていると、お隣さんからお裾分けを頂きました。焼きナスうまい! 具だくさん鍋も! ありがとうございます!

雑談中

雑談中

テントが隣り合うソロ3人で、雑談しながらの晩ごはん。
「どこから上がってきたの?」とか、
「明日はどのコース?」とか、
「来週は?」
とか。
寒いと幕の中に引き籠っちゃったり、お隣さんとの距離が空きすぎると個食化してしまいますが、隙間無く張られたテン場のおかげで楽しく過ごせました。食事をしながら見える景色も秋らしく。

夜

鳳凰小屋がある谷底から見える空は広くはないけれど、星がとてもキレイな夜でした。明日も良い天気になりそうです。

後編に続く。

鳳凰三山(後編)

2014.10.02



14 件のコメント

  • ドンドコ沢は急登&テン場がキツイって
    聞いてたから夜叉神にしたんですがorz
    やっぱりきつそうだね(笑)
    テン場ってお隣のご飯
    美味しそうに見えるよね~
    おすそ分けもらって良かったね♪

  • おはようございます
    紅葉、始まってますね~!
    今週あたり見頃かな^^
    青木鉱泉からのコースはかなりキツイというのを聞いてましたが、途中で足つっちゃう感じでしたか…
    自分が行くときは夜叉神からにしとこうかなw

  • ソロテン泊も、違和感なくなんだか、
    ベテランの域のよう(笑)
    テン場も、バリエーション豊富だなあ。
    あれっ?Mパパさんのは?

  • こんにちは
    いやぁ~ほんと楽しそうです。
    滝と紅葉の中でハイク、最高ですね
    南アの山々も魅力的ですねぇ。
    もうそろそろ、雪対策も考えないと。。。
    寒さでキーンとした空気も好きですけどねぇ。w
    足が攣るなんて、もっと山行増やさないと。w<マゾ的発想^^;

  • さすがMパパさん、ストイックなルートをチョイスしましたね~
    レポからも余裕が感じられます!
    鳳凰小屋のテン場は人気と聞いてましたが、やはりですね。
    滝好きにはいいルートだけど急登は...
    晴れの三山の景色を是非見せて下さい(T_T)

  • To: ちびるくん
    >登ったら辛いんだろうけど(^_^;)
    ところどころやってくる滝の見どころだけが救いでした。
    展望もあまり無いし、滝が無かったらただツライだけ…。(T_T)
    >やっぱり天気がいいと気持ちいいですね(^-^)
    『天気が良いだけでアウトドアイベントの50%は成功したも同然』
    の法則。(^^

  • To: HOKUさん
    >ドンドコ沢は急登&テン場がキツイって
    間違いないです。(^^;
    いろんなレポを見てると、
    今回のコースを軽々登って下りてくる人は少数派かな~。
    特に翌日の下りコースが地獄…。
    日帰りで同じコースを歩いてる人のレポを見つけましたが、
    超人だと思いました。
    >おすそ分けもらって良かったね♪
    みんな工夫して、いろんな食事を楽しんでますね。
    周辺で、ジュージュー料理の音と、
    いろんないい香りが漂い始めますね~。
    ちなみに、お裾分けしてくれたのは女性ソロでしたよ。
    HOKUさんもそのうちソロどうですか?(^^  

  • To: MITSUさん
    >紅葉、始まってますね~!
    来てますよ~。
    標高2000m前後が真っ盛りなかんじです。
    これからどんどん下りてきそうですね。(^^
    >途中で足つっちゃう感じでしたか…
    恥ずかしながら。(^^;
    ていうか、最近寝てるときにつるので、
    そっちのほうがツライ…。(涙
    >自分が行くときは夜叉神からにしとこうかなw
    MITSUさんならドンドコ余裕だと思います。(マジ

  • To: mokaさん
    >ソロテン泊も、違和感なくなんだか、
    まだまだ若輩者なので、緊張の連続です。(笑
    でも、ソロの楽しみ方がちょっとずつ分かってきた気もします。(^^
    >テン場も、バリエーション豊富だなあ。
    非自立幕の方もチラホラいらっしゃいました。
    ただ、ソロにしては場所取ってる気もしました。(^^;
    >あれっ?Mパパさんのは?
    さ、さすが。気づきましたか…。
    実は新幕をデビューさせました! (^-^
    後日報告します!

  • To: tatudayoさん
    >いやぁ~ほんと楽しそうです。
    うふふ。ファミも楽しいですが、ソロもまた。(^^
    >南アの山々も魅力的ですねぇ。
    南アって、私のような素人の入山を拒んでいる気がしていましたが、
    その理由がなんとなく分かったような、分からなかったような。(^^;
    これからちょっとずつ、南アも訪れたいです。
    >もうそろそろ、雪対策も考えないと。。。
    今回は思いのほか暖かかったですが、もう秋、もう冬ですね…。
    >足が攣るなんて、もっと山行増やさないと。w<マゾ的発想^^;
    はいつりました、スンマセン…。(^^;;;

  • To: 忠太さん
    >ストイックなルートをチョイスしましたね~
    今回のチョイスは失敗だったかな。
    自分にはストイック過ぎでした。
    歩きっぷりは、いままでで一番ダメダメ山行かも。(^^;
    >鳳凰小屋のテン場は人気と聞いてましたが、やはりですね。
    そんなに広くないのでしょうがないみたいですね。
    でも早く着ければオケ。(^^
    >晴れの三山の景色を是非見せて下さい(T_T)
    自分の歩きっぷりはダメでしたが、
    その代わり、景色は最高でした~。お楽しみに!
    忠太さんの鳳凰山行のような、ガスは皆無でした。w

  • ドM~!!!
    という言葉しか見当たりませんw
    ソロ新幕が見たかった!
    楽しみです。
    テン場写真下にTarpTentらしきものが見えるんですが
    ま、まさか・・・これだったりして。
    自分はScarp2・・・いや気のせいか。

  • To: u10さん
    >ドM~!!!
    きっと健全な登山家さんなら淡々と登られると思います。
    決してMでは…
    >ソロ新幕が見たかった!
    ただいまレポ作成中~♪
    >テン場写真下にTarpTentらしきものが見えるんですが
    いえ。もうそんな奇をてらったところは狙いません。
    わたしは王道を進みましゅ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    9bota

    The 9th trail. のあるじです。右往左往しています。