ザック、ありがとう!




ザック…。
ザックジャパン完敗でしたね。ぐうの音も出ないほどに。
日本、そしてアジア全体としても今回の結果は残念ですが、世界の実力からすれば妥当な結果だったのでしょう。この先、サッカー強国への道は長く険しいものになるでしょうが、あきらめずがんばって欲しいものです。(なぜか上から目線)
自国敗退により世間の喧噪が一段落し、ようやくこれから純粋なワールドカップサッカーが楽しめそうな気がします。わたしはお気楽な一人のサッカーファンとして、これからの決勝トーナメントのハイレベルな戦いを楽しみたいと思います。(無責任男 w)
…… あれ?
最初から話が逸れている。ザック違いです。
今回のザックは、山歩きの時に背負うザックの話です。


状況に応じて
日帰り山行なら日帰り用のザックを持っていきます。
テン泊山行ならテン泊用のザックを持っていきます。
そうなんです。あらかじめいくつもの手を打てるように周到に準備し、状況に合わせてそれを繰り出していかないといけません。みなさんプロなんですから「自分たちのサッカーをすれば勝てる」なんて対戦相手不在の寝言発言は繰り返しちゃいけません。(もちろん心の底からそう思ってないと思いますが。)
あれ、また話がそれた…。(汗
もとい。
テン泊のときにちょっと困るのが、テン場に設営してからの山頂アタック。ほとんどの荷物はテン場に残し、アタックに必要な荷物だけ背負っていきたいのですが、そんなとき、テン泊用のザックは大き過ぎるんですよね。
「アタック用の軽量ザックがあればなぁ…。」
と、誰しもが思うようで、山業界の方々はサブザックなるものを持参し、アタックの時にそれを用いるそうです。通称アタックザック。アタック…… そう。日本サッカー界にも屈強なアタッカーが欲しいよね。
あれ、また話がそれた…。(汗


軽さ or 背負い心地
アタックザックってどうやって選べばいいんでしょう…?
テン泊山行のときはテントやマット、シュラフなど、ただでさえ荷物が多くなるので、ちょっとでも荷物を減らしたい&軽量化したいところです。アタックザックも例外ではなく、荷物として持っていくなら小さく軽いほうがいいですよね。
サブザックの市場リサーチをしたところ、300~500g 程度のモデルがボリュームゾーンなのかしら。軽さと背負い心地をうまくバランスさせた製品を各メーカーがリリースしてくれているようです。でも、たかが 300g、されど 300g、缶ビール1本…。
メーカーさんががんばっているとは言え、軽さを得るということは何かを失うということでもあります。背中パッドが無かったり、ウェストベルトが無かったり、ポケットが無かったりして、いろいろ失われているようです。一時的なアタックのときだけとは言え、やっぱり快適に背負いたいんですよね。
うん、でもね。重くなるのは嫌だし、やっぱ軽いほうがイイな…。
でも、背負い心地がイイほうが…。
やっぱ軽いほうが…。
うじうじ。
うじうじ。
(以下無限ループ)


かる~い
無限ループから抜け出して、わたしが出した結論は、「やっぱ、軽さ重視!」です。あ、ちなみにわたしは ULマニアではありません。たんに軟弱なだけです。もっともっと軽量モデルはないものかと思っていたところ、ある製品にピンと来ました。
なんと 重量 99g。
いろいろと割り切りの多い製品ですが、付加価値として防水性があるということで、単なるお荷物としてではなく、ドライサックとしてテン泊用の衣類収納として使えそうであります。
それがこちら。SEA TO SUMMIT の『ウルトラシル DRYデイパック』です。


このサイズ感。これが 99gザック。素晴らしい。

わたしが異様に手の大きい大男の可能性があるので iPhone との比較写真です。
パッケージに入ったままの状態での比較写真なので、ちょっと分かりにくくてすいませんが、縦サイズはほぼ iPhone と同等。ちなみに iPhone4S。

横から。
さすがに「iPhone と同じ厚さです」とまではいきませんでしたが、この程度。

広げてみました。広げてすぐは、しわくちゃです。(汗
ポケットはありませんが、細引きのおかげでマットや衣類を外にくくりつけるくらいはできそうです。

荷室への入口は、防水サックのようにクルクル巻いて閉じる方式。この防水性能のおかげで、インナーサックとしての活躍にも期待です。
逆に、防水インナーサックにショルダーベルトを付けました、という言い方もできそうです。

ショルダーベルトの幅はある程度ありますが、薄いです。

ウェストベルトもチェストベルトもありません。いさぎよいのはいいですが、やはり背負い心地は犠牲になりそうです。

背中と接する部分も当然のようにパッドは無し。さすがにここまでペラペラだと背負っても安定しないので、何か芯になるようなものを入れたほうがよさそうです。
ためしにZシート(Zライトの座布団)を入れてみました。うん、なんとかなりそう… かな。


まだこのアタックザックが活躍できるような山行の計画はありませんが、いつの日か、この薄いサムライブルーのザックが活躍してくれることを期待しましょう。
ザック…、日本代表の選手達…、西村審判…、 ひとまずお疲れさまでした。
あ、審判団はまだ終わってないか。(汗

むかしむかし、
自分もJFA(日本サッカー協会)の審判資格を取得したことを思い出しました。(かなり低い級ですが)
JFAのシンボル・八咫烏(やたがらす)が刺繍されたレフェリーワッペン。懐かしい…。
審判は大変ですよね。ある意味選手以上に。
監督も、選手も、審判も、みんながんばれ!
さ。
わたしもコンディションを整えたいと思います。
決勝トーナメントのテレビ観戦のために。 (お気楽男。w)



6 件のコメント

  • あれ?私のブログのお気に入りから飛ぶときは、MOMOパパさんの最新記事は「肉会(2)」だったのに、来てみてびっくり。
    ザックの記事!
    もしや同じ時間にPCに向かってブログ記事あげているんですね~~(あ、なんか気持ち悪い発言しちゃってます?)
    サッカー関連の話題になるとたちまち思考回路がストップする私ですが、ザックを手に乗せている写真のところで「うぉぉぉ!!」と生気がみなぎりました(笑)コンパクトすぎる!
    これじゃ、奥様がたがお持ちのコンパクトにたためるエコバッグより小さいんじゃないのかと。

  • To: ソラオトさん
    ソッコーでコメント返し。
    ていうか、なんかお久しぶりです。ぺこり。
    >あ、なんか気持ち悪い発言しちゃってます?
    (若干の気持ち悪さを感じてしまったのはナイショにして、)
    同じ時間にPCに向かい合い、電話線越しにコミュニケーションがとれて光栄です! w
    >「うぉぉぉ!!」と生気がみなぎりました
    (わわわ。クールで聡明なソラオトさんが取り乱していることに引いてしまったのはナイショにして、)
    そそそ、そうなんです。ちょーコンパクトなんです。
    まさにエコバッグを上回る軽量コンパクトっぷりです。
    ちなみに防水性は劣りますが、さらに 68g のザックも同社から出ていますので、
    PCの前で雄叫びをあげて下さい。(笑

  • こんにちは
    ワールドカップは、これからが面白いところですねぇ。
    ウルトラシルDry前モデル使用していますが、軽くザックの片隅に付け
    ちょいと足を延ばすとき活用しています。
    買い物袋にも使えますから、ほんと使い勝手良いですよねぇ。
    新しいモデルの方が、より使い勝手良さそうですね。
    買い替えるかなぁ。

  • こんばんはー
    いさぎよく軽いの行きましたね!
    自分は色々捨てきれずに、缶ビール一本犠牲を払いました(笑
    これを使うような山行、行きたいですねー

  • To: tatudayoさん
    >ウルトラシルDry前モデル使用していますが、
    おお。そうなんですね~。
    tatudayoさんが選んだ製品となると、間違い無さそうです。(^^
    >買い物袋にも使えますから、ほんと使い勝手良いですよねぇ。
    わたしはとりあえず、
    立ち寄り湯のためのお風呂グッズ入れになりそうです~。

  • To: MITSUさん
    >いさぎよく軽いの行きましたね!
    軽さ重視で行ってみました~。
    使ってみて、また買い直してる可能性もあるかもしれませんが。(^^;

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    9bota

    The 9th trail. のあるじです。右往左往しています。