佐渡夏旅(キャンプ編)

2015.8.9~13、佐渡へ夏旅してきました。例年夏休みと言えば実家への帰省旅行が夏のイベントの定番となっていましたが、今夏は諸事情により帰省は無し。というわけでどこに行こうかなー、なんて思ってるうちにもう夏は目前。

普段なかなか行けないようなところを黒豆号で旅してみたいな、なんて漠然とした想いがあったので、北海道行きのフェリーの空きを見るも当然敗退。7月なかばに予約なんて無理か。人気だもんね。ならばもう一つ行きたかったあの島はどうかと佐渡汽船の空きを見ると、なんとかギリギリ日程に合うカーフェリーの枠をゲット。佐渡への夏旅スタート!

本州脱出

佐渡への往路は、新潟港から『ときわ』に乗る予定です。というわけで、一路新潟へ。遠いなぁ…。

鮭が新潟っぽい?

渋滞にハマって出航時間に間に合わない事を恐れて早めに出発してきたので、比較的のんびり余裕のある道中。移動途中の食事もなんとなく新潟っぽくなってきたかな。

ミニとミニバン これが同じ乗用車

新潟港のフェリー乗り場に到着。乗船予定のクルマ達が並んでいます。ちなみにクルマは車長ごとに値段が区分けされており、ミニとミニバンは違う値段です。当然か。われらのミニは3m以上4m未満枠にカテゴライズされるんですが、あとちょっと短ければもう1ランク安くなってたのにな。ミニの全長:307cm

乗船!

なんかワクワクするよね、この瞬間。

ふふふ 一等だぜぇ

フェリーでの旅なんてあまりないことなので。セレブな旅気分を盛り上げようと、往路(だけ)は一等船室を取りました。短い航路なので値段差もそれほどないですしね。

ごろごろ だらーり

待遇は値段差以上。一等はフットレスト付きの大型シートでなんとフルリクライニング。前後左右のシートとの間隔も十分すぎるほどでとっても快適。こりゃええわ。

グッバイ本州

そうこうしてる間に出航。スムースすぎて船が動き始めてるのが分からないくらいでした。デッキに出て遠ざかる本州を眺めます。自動車、列車、飛行機、船。いろんな乗り物がありますが、船って旅気分の演出にナイスですね。

カモメ近い

たくさんのカモメたちがお見送りしてくれました。

北端へ

佐渡に着いたのは19:00前。この日はとりあえず安宿で1泊し、翌日、目的のキャンプ場がある島の北端を目指します。

思えば遠くへ来たもんだ

って、そうでもないか。佐渡の北端から東京まで、直線距離で300km程度なんですね。

ここは二ツ亀

佐渡の北部の名所であります。ポコポコと二匹の亀がうずくまっているような様子からその名がついたのだとか。すぐ隣にはもう一つの名所・大野亀があり、黄色いトビシマカンゾウが咲き乱れる写真が有名ですね。花期の初夏に来てみたいなぁ。

ナイスビュー♪

高台から見下ろす様は絶景。本州から遠く離れた島のさらに北端ということもあり、夏旅の気分が盛り上がります。しかも二ツ亀の手前は海水浴場。佐渡随一と言われる海水の透明度だということで、最高の海遊び環境です。

二ツ亀キャンプ場

キャンプ場にチェックイン

海に飛び込みたい気持ちを抑えつつ、キャンプ場にチェックイン。二ツ亀を見下ろす高台は『二ツ亀キャンプ場』のキャンプ地になっていて、海遊びとキャンプをセットで楽しむには好適なんです。

参考情報:
閑散期には、すぐ上の『SADO二ツ亀ビューホテル』でキャンプ場の受付をしてくれるそうですが、最盛期はこちらの管理棟に人が常駐して対応しているようです。ちなみに、キャンプ場利用者は時間限定でホテルの大浴場を利用させてもらえるのでありがたい。
 時間:18:00~20:00
 料金:大人\500、子供\250

最高の場所ゲット

二ツ亀キャンプ場は海に近くていいんですが、とっても傾斜が多いフリーサイト。われわれが到着したときにはすでに多くのキャンパーさんが少しでも傾斜の緩いところに張ろうと、よさそうな場所は取り尽くされた感がありました。でも大丈夫。数十メートル離れた上段にもサイトがあるとのこと。行って見ると地面がフラットで、しかも空いてる!

海も見えるのよ

サイトからは海も見えてナイスです。みなさんちょっとでも海に近い場所に張ろうとしてるようですが、一日に何往復もするわけじゃないし、快適な滞在ができるほうがわが家は大歓迎。あ、ちなみに、ここはオートキャンプ場じゃないので荷物搬入後はクルマは別の場所の駐車場に移動です。

海まだ~?

汗だくで設営しているところ、海にいきたくてしょうがない人が一名。おおきな浮き輪やら、マットやらを膨らませておまちかねです。

海~♪

っしゃー、海!

登り下りがちょっとタイヘンですが、最高のビーチへ向かう道だと思えば。

あらためて大きい

下に降りて二ツ亀を見上げると、あらためてその大きさにびっくり。ドデカイです。

夏はコットンタープ

ビーチのちょっと手前にはふかふかの草地が広がっていて、ペグもよく効くコンディション。簡易なポップアップテントが多勢の中、われわれはコットンタープで居場所を確保。夏はコットンが気持ちいいのよね。

さっそくドボン!

うひー、気持ちいい!

マットの上で水上昼寝も気持ちいいし

シュノーケリングも楽しい

ふぐ

でも、水遊びは楽しいけれど、正直カラダがついて来ない…。

もうぐったりでした。

夏キャンプ

海から上がって夕涼み

滞在中はさほど酷暑というわけではなく、全般的に快適な気温でした。聞けば、佐渡は本州に比べて夏涼しく冬暖かなんだとか。その代わりと言ってはなんですが、佐渡は蚊が強力でした。Tシャツの上からもバンバン刺してくる! 夏はオープンタープで開放的にいきたいところですが、蚊を考えるとスクリーンタープがオススメかも知れません。(涙

海に沈む夕陽

風呂上がり、真っ赤に熟した太陽が沈むところでした。

やっぱりキャンプはカレーでしょ

諸事情により筑前煮の材料を流用した根菜カレーですが、うまし! 最近 MOMO は中辛を訓練中。大人と同じルーを食べれるようになるとラクですね。

天の川、かな?

夜、薄雲がかかっていましたが、その隙間からキレイな星が見えていました。

美しい島

このキャンプ場に滞在した2泊3日、穏やかな天候で、波も静かでした。

いい夏キャンプでありました。

佐渡のキャンプ事情

ひさびさ夏キャンプ

夏は混むわ虫出るわ暑いわでできれば避けたい季節だったんですが、今回は海遊びとからめた遠征キャンプということでがんばった結果、夏らしい開放感のあるキャンプを楽しめました。予約無しのフリーサイトだったけど良い場所がとれたのもラッキーだったかな。

佐渡にはキャンプ場がいくつかありますが、はやり首都圏近郊のキャンプ場にくらべれば圧倒的に情報量が少なめ。公式ページはもちろん個人発信系も少なめ…。閉鎖中のキャンプ場が多かったり? 夏期のみの営業だったり? 水が使えるか怪しかったり?

佐渡で遊ぶなら『佐渡観光協会』に問い合せるのが賢いかも知れません。今のキャンプ場情報 をゲットできるかも。

佐渡らしい

あと、佐渡北部のキャンプ場で気をつけたいのは食料の確保。北部には大きなスーパーマーケットが無いので、島に着いたら市街地で食材調達していくことをオススメします。

わが家は『フレッシュ・マツヤ両津店』を利用。(結局2回行っちゃいました)スーパーには、普段見慣れた商品が並ぶとともに、佐渡でしかお目にかかれないブランドや食材もあるので、なかなか面白いです。
佐渡ならではと言えば『トキ』。いろんなデザインがありましたが、個人的には牛乳パック推し、かな。

海とキャンプもいいけれど、せっかくの佐渡夏旅なので、各地を観光もしてきました。次編は佐渡の観光編をレポ予定です。

佐渡夏旅(観光編)

2015.08.19

10 件のコメント

  • 佐渡島レポ、待ってました~
    船に乗って陸を離れるワクワク感
    同じ日本だけど、なんかテンション上がりますよね~
    ところで、船酔いは問題なかったですか?
    バス酔いする人は、もれなく船にも酔いますからねw
    あ、このフルリクライニングシートなら横になれば大丈夫か。
    > 佐渡は蚊が強力でした。
    アストロドームのフルメッシュが正解だったのでしょうか。
    ぜひリベンジを(笑)
    観光編の次は、二ツ亀登頂編とか?

  • こんにちは~^^
    モブログを見て、maの田舎だぁ~!!!と
    興奮していました(笑)
    佐渡には祖父母の家があり毎年佐渡へ行っていました。
    でもフェリーの一等室は一度も利用した事ありませんけどぉ~(笑)
    こんなにも過ごしやすいなんて~~~
    羨ましいですぅ~!!!!
    数年前にはいくつかのキャンプ場も回ってちょっとしたレポも作っていたんです( ̄▽ ̄)ゞ
    佐渡の海は足元まで見えて綺麗ですよね(*^_^*)
    夕日も綺麗で大好きです、佐渡( ≧∀≦)ノ
    観光も楽しみにしています♪♪

  • MOMOファミリーさん、こんばんは♪
    写真を拝見して「ドコだろう?」と思っていましたが、佐渡でしたか!
    佐渡もイイらしいのですが、やはりフェリー取るのが大変と聞いていました。
    海遊びにはサイコーなキャンプ場なのですね♪
    ウチが行ったら息子とかみさんは設営なんて気にせず海へ一直線です。
    観光編も期待しています。

  • 星空きれいですね~☆
    >天の川、かな?
    天の川です♪
    ベガ(おりひめ)とアルタイル(ひこぼし)が天の川を挟んで、来年の夏も逢いたいねと、しっかりと写っていますよ。!(^^)!

  • おはようございます♪
    船にのっていかれるのを見て、北海道かなあ? 佐渡かなあ? 伊豆七島も船でいけたっけ? と楽しく想像させて頂きました。
    佐渡だったんですね。
    船に乗るまでが結構遠そうですが、船に乗るとそれまでの疲れが吹っ飛びますよね。
    ウチもこの夏、日本海に行きましたが、海の青さが全然違いました。
    さっそくドボン・・・その気持ちよく解ります。本当に気持ちよいですよね。また行きたくなります。
    ちなみにウチの娘はカレーまだハチミツの甘口です。モモちゃん大人ですね!!
    多分、この分だとウチのは一生甘口の気がします(笑)

  • To: u10さん
    >同じ日本だけど、なんかテンション上がりますよね~
    船は冒険への旅立ち~。
    u10さんの船酔いレポも待ってます!w
    わが家はちゃんと酔い止めを飲んだおかげか、船酔いは大丈夫でした。
    あ、1等船室のおかげかな。なんちて。(笑
    >アストロドームのフルメッシュが正解だったのでしょうか。
    たぶんそれ正解です。
    線香も焚いて、虫よけスプレーもこまめに塗ってましたが、
    ダメでした。佐渡は虫に注意です。
    今回は登頂もトホホも無しです。(キリリ

  • To: komaさん
    >佐渡には祖父母の家があり毎年佐渡へ行っていました。
    佐渡情報検索してたら、koma家のブログもヒットして、
    チラ見させていただいてました!
    いい環境の田舎、うらやましいです。(^^
    次回は是非、1等船室で~。
    >数年前にはいくつかのキャンプ場も回って
    情報源いろいろ見つかったんですが、信頼度が分からず…。(-_-
    是非、佐渡マスターとして、
    質が高くて信頼できて新しい情報の発信お願いします。(笑
    人気出そう。

  • To: mont-dendenさん
    >天の川です♪
    薄雲もありましたが、そもそもピント合って無いですね。(汗
    雰囲気だけ写ってましたか。
    しかし残念ながら、
    わが家の女性陣は星を見る間も無く、就寝でございました。(笑

  • To: kaka3さん
    >佐渡だったんですね。
    佐渡でした~。(^^
    距離も遠いですが、海を越えると旅気分が盛り上がりますね。
    自分も30年前に行ったきりだったので、楽しみでした。
    >ウチもこの夏、日本海に行きましたが、
    おお、日本海だったんですね。
    やっぱりキレイですよね~。
    海キャンプ楽しいけれど、
    しっかり遊ぶにはしっかり体力備えないといけないですね。
    わたしはすぐにバテバテでした…。(汗

  • To: Gianさん
    >佐渡もイイらしいのですが、やはりフェリー取るのが大変
    世間のお盆休みをちょっと外したので1ヶ月前でもなんとか取れましたが、
    時間帯によってはクルマ積載枠は厳しいかんじでした。
    帰りの便は新潟着は無理で、直江津着を取りました。
    >海遊びにはサイコーなキャンプ場なのですね♪
    言い方を変えると、佐渡はほぼ海しかないと言えるかも。(^^;
    海の目の前のキャンプ場が多いので、夏は子供が楽しめそうです。
    逆に、夏を外せばきっとガラガラなので、
    静かなオトナのキャンプができそうです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA