会津駒ヶ岳(後編)



2015.5.9~10、残雪の会津駒ヶ岳を歩いてきました。前編はこちら。

会津駒ヶ岳(前編)

2015.05.14
楽しい楽しい夜の宴を終え、就寝。満点の星が広がる夜空と、朝焼けに染まる山々に、出会えることを夢見て…。

ガスワンダー

がびーーーん

がびーーーん

星空も、モルゲンロートも、夢に終わりました。起きたら外は、ガスワンダー。(涙

外に出ていかない靴

外に出ていかない靴

この天候に他の宿泊者の方々の出足も悪いようです。みなさん諦め気味?

炊飯

炊飯

おかげで朝はゆっくり。のんびりと米を炊き始めます。
ブクブク
シュー シュー
カタカタ(蓋)

にぎやかな食卓

にぎやかな食卓

みんなも起きてきて、思い思いの朝食。

あったかいすーぷ

あったかいすーぷ

昨夜の残りのスープをお裾分けしてもらいました。

アタック隊

出発(男子のみ)

出発(男子のみ)

このコンディションでは山頂に行っても何も見えないのは確実でしたが、食後、山頂アタックしてみることにしました。ちなみに男性陣だけで。うー、やっぱり何も見えない。それに加えて強風びゅーびゅー。がんばれみんな、がんばれオレ。

登頂

登頂

あっという間に山頂に着きました。どこを見ても真っ白な世界は、それはそれは美しいのでありました。うん、美しいのでありました。2度言いました。

おかえりー

おかえりー

雪の下りはやっぱりラクちん。そして楽しい。飛んだり跳ねたり滑ったりしながら小屋へ帰還。部屋でぬくぬくしていた女性陣がひょっこり窓から「ヨッ、ご苦労さん」とばかりに。

最後にご褒美

さよなら また

さよなら また

身支度を整え、ガスの中を下山です。駒の小屋、いい山小屋でした。また来ます、天気の良い日に。ありがとうございました!

およよ?

およよ?

下界は晴れている、という事前のプチ情報の通り、標高を下げるほど視界が回復してきました。雲の向こうにうっすら太陽が顔を出し、ときおり雲から抜けてパッと明るくなったりも。

きゃっほい

きゃっほい

シリセードを楽しんでみたり、

穴

穴に落ちてみたり、<おぃ 天気の回復と共に、みんなの気分も高揚しているようでした。

♪

雪の上を 足取り軽く まるで浮いているような そんなハイク。

天候完全復活!

天候完全復活!

今回の会津駒ヶ岳の残雪ハイク、最後の最後でおてんとう様にご褒美をもらえた感じです。最高です。

うしろ姿 その1

うしろ姿 その1

うしろ姿 その2

うしろ姿 その2

うしろ姿 その3

うしろ姿 その3

山に魅了され、景色に見入る人々のうしろ姿には共通して、シアワセオーラが漂うんですよね。辛かった急登や、雨に濡れたことなんて忘れて、来て良かった、また来たい、 って思うんです。

新緑

新緑

まだ雪の残る白い山から、新緑がまぶしい初夏の山へ。そろそろゴールが近そうです。

ごうごう

ごうごう

遠くから、とどろく沢の音が聞こえてきたら、そろそろハイクは終了。雪融け水が集まり、たっぷりの水量の沢。轟々と、沢のそばでは会話もままならないほどの迫力ある音量でした。オツカレサマでした。

桧枝岐

その後みんなでランチを食べに。

香りの良いお蕎麦

香りの良いお蕎麦

春の山菜 岩魚の天ぷら

春の山菜 岩魚の天ぷら

最後まで食いしん坊が全開の、楽しい山行でした。

皆さまありがとうございました。

またいつかご一緒させてください。

ひさびさの山バッジゲット

ひさびさの山バッジゲット

※ログは初日の駐車場から駒の小屋までのものです。2日目忘れてたのさー。



10 件のコメント

  • あれー、トップ画に騙されたw
    会駒はガスワンダーでしたか~、残念でしたね。
    でも下山時の青空は素晴らしい~♪
    やはりやりましたね、シリセード^^
    来シーズンはみんなでシリセードハイク?しましょう!

  • こんにちはー。
    会津駒いいですねー。
    今年中になんとか登らせてもらえれば・・・と思っている
    憧れのお山です。

  • 皆様の食へのこだわり(執念?)、見習いたいと思いますw
    まずは鍋買ってみようかな…
    ガスワンダー、残念でしたね。。。
    晴れていればとても綺麗な景色だったことでしょう(行ったことないですが、山だからきっとそうでしょうw)
    とどろく沢の写真、かっけ~!
    ほんとどうやって撮ってるんでしょ。。
    お金払うので、教えてください(笑)

  • こんばんは(^o^)/
    駒での美味しいもの沢山ありがとうございました*\(^o^)/*
    まさに、ぐび、ぱく、ウマーイ♪の繰り返しでした!!この言い回し結構ツボリました(≧∇≦)
    ガスワンダー(^◇^;)初駒でアレだと…orzでも、晴れてると本当に素晴らしいお山なのです。特に残雪期は1番美しいかなと思います!!
    夏の中門への径も素晴らしい!!おすすめです!
    だから懲りずにまた行ってみてくださいねo(^▽^)o
    根あけの穴にはまったまつお…これまたうけました♪( ´▽`)またいつか山でご一緒出来るのを楽しみにしています♪

  • いやいや
    マグロづくし、ほんとご馳走様でした
    しっかし、まぁ、皆さん山ごはんのクオリティの高さっ!
    もうワタシ、次回から手ぶら参戦に決めました(苦笑)
    bebeさんも同じような感想持ってたけど、momoさんは
    画像の切り取りがシャープ!それにマッチした文章もシャープ!
    全体的にエッジが効いてるんですね、その完成度の高さに唸らされます
    今最も注目ブロガーの一人として、いろんな所で(ヒミツ^^)推してますよ
    またご一緒しましょね!

  • To: 忠太さん
    >会駒はガスワンダーでしたか~、残念でしたね。
    全然残念じゃありません。(キリリ
    どこもかしこも真っ白でキレイでした。キレイでした…。
    >でも下山時の青空は素晴らしい~♪
    途中からはもう夏かと思いました。
    下山時だけでも晴れてくれて救われました。
    >来シーズンはみんなでシリセードハイク?しましょう!
    ちゃんとヒップソリ持っていけば、
    もっとスピード感を楽しめたと思います。
    来シーズン是非。(^^
    無雪期にも池がキレイみたいなので狙ってます。
     

  • To: らばさん
    >会津駒いいですねー。
    危険個所ほとんどなく、適度に登った感が得られて良い山でした。
    天候がイイ時にまた行ってみたいです。
    会津駒からもうちょい奥の、
    中門岳までのハイクも気持ちいいみたいですね。

  • To: u10さん
    >皆様の食へのこだわり(執念?)、見習いたいと思いますw
    外遊びが好きな人は、食べるのが大好きな場合が多い気がします。
    鍋? 是非鉄鍋でお願いします!
    >(行ったことないですが、山だからきっとそうでしょうw)
    だいたいそうですよね。きっと。(笑
    見るに耐えない景色が広がる山頂も、
    ネタ的レア度が高くて今の時代人気が出るかも?
    そうだ、今度日本一低い山をめざしてみましょう。
    標高3mです。(本気です
    >お金払う
    「お金払う」のところだけ切り出してみました。(笑

  • To: まつおの母さん
    >駒での美味しいもの沢山ありがとうございました*\(^o^)/*
    こちらこそありがとうございました~。
    アスパラ、見た目のインパクトも味もスゴかったです!
    ぐび、ぱく、ウマーイ♪
    >晴れてると本当に素晴らしいお山なのです。
    なんだか穏やかな雰囲気漂う印象で、好みの山でした。
    無雪期に池も見てみたいし、中門へもハイクしてみたいです。
    是非またご一緒しましょう。(^^
    「山が好き!」と真正面から答えられるまつお君のピュアさが
    キラキラ輝いて見えて、とても眩しかったです。
    「オッサンも山が好き!」

  • To: スロさん
    >もうワタシ、次回から手ぶら参戦に決めました(苦笑)
    じゃ、負けずにわたしも手ぶら組で。(笑
    それにしても皆さんの食への執念、凄まじき。
    標高2000mとは思えないテーブルでしたね。
    >画像の切り取りがシャープ!それにマッチした文章もシャープ!
    うーん、どうでしょう。(汗
    ダラダラ長いレポになりがちなところが自分で困ってます。
    わたしなんかはともかく、詩人スロさんのレポは別次元のすごさです。
    またご一緒しましょう~。(^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    9bota

    The 9th trail. のあるじです。右往左往しています。