千葉BPキャン前編・中瀬キャンプ場


2015.5.4~6、バックパックキャンプに行ってきました。
高速渋滞に、昨今のキャンプブーム。キャンプでリフレッシュしたいのに疲れるのが必至のGW。おまけに黒豆号のタイヤに問題有り、というお疲れなわが家の状況にピッタリのプランが、クルマに頼らないバックパックキャンプ。
キーワードは3つ。
・自分たちの足。
・ローカル鉄道。
・マイナーキャンプ場。



3つのキーワードを踏まえて計画立案。GW直前にわが家の行動計画をしたためた『2015GW』のしおりが完成しました。このときすでにやり切った感。
BPと言えば時間制約の無い自由な旅を楽しみたいところですが、今回は家族での2泊3日。段取りしっかり、がんばりました。


小湊鉄道・月崎駅

旅のスタートは小湊鉄道・月崎駅。
月崎駅には無料駐車場があり、われわれがバックパッカーになっている間は黒豆号にはここでお留守番してもらいます。ちなみに小湊鉄道駅の駐車場情報は こちら が参考になります。
あ、結局、なんとか黒豆号のタイヤ交換が間に合いました。

月崎駅は無人駅。
せわしなく分刻みでやってくる都心の路線とは比べられないスローな時間。

1時間に1本程度しか走らない小湊鉄道。駐車場に着いた時、ちょうど2両編成の列車がホームに入ってきました。
でもまだ乗りません。あとでね。

まずは自分たちの足で歩き始めます。
出発!

夏のような陽気。
アスファルトの道路の脇を歩きます。GWのレジャーと思われる県外ナンバーのクルマや、ロードバイクのチームが通過していきます。歩いてる人は見かけません。

やがて水が張られた水田地帯へ。
4月、5月は田植えの時期ですね。昔は田んぼの様子から季節感を感じることができましたが、近くに田んぼの無い土地で暮らし始めてから、すっかりそんな感覚を忘れていました。


MaiCafe

あったあった、MaiCafe のカンバン。
この日、最初に目指したのはこちらのカフェです。都心でカフェと言うと、雰囲気重視型のお店を想像しちゃいますが、こちらはお店の雰囲気はもちろん、地元の新鮮な食材を使ったおいしくて体に優しい食事を提供してくれるこだわりのお店。

藤の咲く農道。
ジリジリ焼けた舗装路とは別世界。気持ちいい風が吹き抜ける田園地帯を歩きます。

カーブした道の先に MaiCafe が見えてきました。外観がいいかんじ。

暑かったこの日、冷たいお水がとってもおいしい。
11:00 のオープンにピッタリの到着で、本日一番乗りのお客になりました。おかげで、窓際に並んだカウンター席の中でも眺めが良い特等席に座らせて頂きました。

目の前の窓から見える田園風景が、とても贅沢。

家族全員、昼膳をいただきました。
・土鍋炊きの白飯
・長葱と油揚げ、春菊のお味噌汁
・青菜のおひたし
・薩摩芋と三つ葉のサイコロ揚げ
・鳥手羽と筍の煮物
・大根の甘酢漬け
・蒟蒻と春菊・筍の白和え
・卵豆腐
丁寧な料理に、「ゆっくり食べたくなるね」とは家族全員の意見。
料理がおいしく、オーナー夫妻の人柄にも癒され、良いカフェでありました。
※基本的に MaiCafeさんは撮影NGです。ご主人に許可を頂いて、ちょこっと撮影させて頂きました。ありがとうございました。


待ち時間

MaiCafeで食事をとったあと、ふたたび歩きます。
敷地が広い大きな農家にあがる鯉のぼり。明日は端午の節句ですもんね。

上総大久保駅。
ここから一駅、本日のキャンプ地の最寄りである養老渓谷駅へ向かいます。

マ「1時間待ち?」
パ「1時間待ち。」

 

 

 

 


1時間待ちました。


中瀬キャンプ場

養老渓谷駅に到着しました。
養老渓谷という観光地のおかげか、小湊鉄道の駅の中では比較的賑わっていると思われる養老渓谷駅。観光客が多く、出店もあり、活気がありました。

駅からちょっと離れた『』というパン屋さん。
キャンプ地に向かう前に訪れました。このあたりでは評判のお店らしく、午後の遅い時間とあって、パンはほとんど売り切れていましたが、なんとか翌日の朝食のパンをいくつか買い求めることができました。

渓谷の雰囲気満点。
本日のキャンプ地は養老渓谷と呼ばれるエリアにあり、向かう途中、このようなロケーションを拝めます。

落ちないようにね。
今回利用するキャンプ場はオートキャンプ場ではありません。このように、石のブロックをヒョイヒョイと歩いて川を渡る必要があるんです。プチスリルが楽しい。

設営完了。寝床を確保してホッ。
BPキャンなので必要最低限の荷物です。まるで山のテン場。ちなみにこちらの 中瀬キャンプ場 の料金は \1050。鉄道利用者は半額適用でナイスです。

質素なわれわれサイトの向こう側。
川向こうから荷物を運びいれる必要があるのに、大型幕、イス、テーブルなど、ふつうのキャンプサイトを設営されている方々もいて、凄いな、と。

SU KI YA KI !!
さっそく晩ごはんの準備です。今晩は豪勢にすき焼きにしました。今回はじめてすき焼きの材料を背負ってみて、その重さを実感しました。キノコ系、野菜系はまだいいとしても、肉、卵、豆腐、しらたき、わりしたなど、水分を含むものたちが重い…。
でもその甲斐あって、ウマー!

赤ワインも1本背負ってきました。
大満足のディナーでした。


出発
朝。

スープと、

『酪』で買っておいたパンと、目玉焼きで朝食を済ませます。

食後、ちょっと付近を散策。

深い渓谷の奥、新緑の中で水遊びしている家族がいました。


さて。
撤収して、われわれも行動開始です。
2日目の旅のはじまり。
後編 につづきます。

16 件のコメント

  • こんにちは
    千葉のローカル線(田舎)を上手に楽しまれてますね。
    MOMOパパさんの情報収集・分析力 流石です!
    2泊3日なら太平洋まで歩いて 大原の海岸で夜空の写真など… (笑
    (後編も)期待してます (^-^)/

  • MOMOファミリーさん、こんにちは♪
    我家はキャンプ=車にキャンプ道具を満載なのですが、タマには足を使ったシンプルなキャンプも新鮮ですね。
    特に子供にも車の便利さが分かってよさそう♪
    すき焼き装備はずっしり背中にきそうですね!

  • 次、すき焼きをご馳走するという前振りですね
    あーざすw
    あれ?SOTOのバーナーお持ちでした?
    見慣れない道具がちらほら?はたまた自分が知らないだけか・・・
    後編は海にドボンですね。期待してます!

  • こういう旅イイネ!!
    非常に興味あります。
    オートで何でもありもいいけど
    制限有るなかでどれだけ楽しめるか
    考えるのも楽しいよね。
    しおり作った時点で
    達成感ってわかる気がする(笑)
    ママよりモモちゃんのが
    背が高く見えるわ~
    背が伸びたのね~

  • おはようございます!
    なんだかちょっとテイストの違うキャンプで
    いい雰囲気ですね~。キャンプというより
    確かに「旅」って言う方がしっくり来るような。
    旅情を感じますね。
    素敵なカフェ、行ってみたくなりました。
    でもなんだかとほほが足りないような…?w
    続きも楽しみです!

  • テーマを設定して企画するキャンプ、よいですねー。
    バックパックに入る分だけで、
    計画するわけですもんね、持っていくもの悩みそう・・。
    (まあ、このへんはCカーの積載もおなじかww)
    無人駅と古い車両とトトロの絵に萌えましたww
    BPキャンとか電車キャン・ブームが来そうな予感・・・

  • To: リーパパさん
    >千葉のローカル線(田舎)を上手に楽しまれてますね。
    当方ぜんぜん詳しくないのですが、
    いろんな先輩方の情報を参考にさせて頂いてます。(^^
    >2泊3日なら太平洋まで歩いて 大原の海岸で夜空の写真など… (笑
    海まで出るプランも考えたんですがキャンプ地が確保できず。
    後編にて~。

  • To: Gianさん
    >足を使ったシンプルなキャンプも新鮮ですね。
    たまにはこんなキャンプもいいかも知れません。
    いろいろ楽しめますし、子供にもいい経験かも。
    >すき焼き装備はずっしり背中にきそうですね!
    そのぶんおいしさ倍増(?) です。

  • To: u10さん
    >次、すき焼きをご馳走するという前振りですね
    いいえ違います。
    『肉王様は偉大だった』、
    ということを証明しただけです。w
    >見慣れない道具がちらほら?
    最近道具は買ってません。
    昔から持ってるヤツかな?
    >後編は海にドボンですね。期待してます!
    ご期待には添えません!ww

  • To: HOKUさん
    >こういう旅イイネ!!
    男子2名に旅させたいね。
    母もそれを望んでるところがイイ!
    >制限有るなかでどれだけ楽しめるか
    いずれ、電車、バスの時刻表を渡して、
    子供達にプランニングさせるのもいいかも。
    >背が伸びたのね~
    タケノコみたいです。(笑

  • To: Ameさん
    >確かに「旅」って言う方がしっくり来るような。
    そうなんす。キャンプはどちらかというとオマケ的なかんじ。
    ローカル沿線をぶらり旅~。
    >素敵なカフェ、行ってみたくなりました。
    こうやって、地元の人気店を訪れるのも楽しいですね。
    とほほは不要です~。w

  • To: mokaさん
    >テーマを設定して企画するキャンプ、よいですねー。
    ダラダラすごすキャンプも魅力的ですが、
    さすがにそればっかりだとね。
    山とキャンプをミックスさせる mokaさんもさすがです。(笑
    >無人駅と古い車両とトトロの絵に萌えましたww
    無人駅は地元の方々の手入れが欠かせないようです。
    絵は地元小学校のみんなの作だと思います。

  • なんか見たことあるなと思ったら、月崎駅と上総大久保駅!この前いきましたー。MOMOパパさんの写真で見ると、また違って見えますね~。素敵です。とくにトトロ(笑)
    あのあたりはホノボノしてよいところですよねー。
    我が家が行った時は雨でしたが。。。ぐすん。
    しかも、しっかりオサレなカフェを調べてるとはさすがです。ノーチェックでした。BPキャンプかぁ。うちじゃ無理だなぁ。トホホも無理だなぁ。
    そういえば、上総大久保駅の脇に、場違いなキレイなトイレありませんでした?

  • バックパックを背負ってローカル線でキャンプなんて楽しそうですね♪
    クルマでは見過ごしがちな、歩くことで見えてくる「発見」もありますよね~
    わが家も家族で手頃な山に登ってテン泊をしたいと思っているのですが、少し敷居が高いかな?と思っていました。
    でも考えてみたら、必ずしも山に登る必要はないんですよね。今までなんで気が付かなかったんだろう?
    MOMOパパさんのスタイル、参考にさせて頂きま~す!

  • To: こは・なのパパさん
    >月崎駅と上総大久保駅!この前いきましたー。
    ぐふふ~。こはなの家のレポ見ました~。
    なかなか雰囲気のある駅で、つい訪れたくなっちゃいますね。(^^
    >しっかりオサレなカフェを調べてるとはさすがです。
    カフェは調べましたが、酒蔵はノーチェックでした。
    当方まだまだです。(笑
    >上総大久保駅の脇に、場違いなキレイなトイレありませんでした?
    あった。ありました。浮いてましたね。
    ちなみにトトロはいましたが、トホホはありません。(キリリ

  • To: フィニヨンさん
    >歩くことで見えてくる「発見」もありますよね~
    たしかに、自動車とも自転車とも違う。
    移動のスピードで見える景色も全然違いますしね。
    >必ずしも山に登る必要はないんですよね。
    安全さを求めるなら、今回のようなスタイルありだと思います。
    それにコンビニくらいならどこでもあるので、
    食料なども補給可能ですし。(^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    9bota

    The 9th trail. のあるじです。右往左往しています。