革張りクーラーボックス

(気づいたら季節外れのネタになってしまいました。)
ずいぶん前のエントリーですが、a-さんの『SOL&LUNA風 レザー張り クーラーボックス』なる記事を、当時は「すんげーなー」と思いながら見ていました。見ているだけにしておけばいいのに、何を思ったのか無謀にも、わたしも挑戦してみることにしました。

素材

変身前

何年前に買ったんだろうか、わが家が使っているクーラーボックスです。容量はたぶん 26?28?リットルくらい。 30も無いとは言え、積載能力が貧弱なわが家にとってはビッグサイズです。これとは別に小型のソフトクーラーも持っているんですが、食糧が多めのファミキャンや、少しでも冷却性能が欲しい夏季キャンプはこのわが家のエースが出動します。

おつかれ気味

蓋のヒンジが破損していたり、そもそも無くなっていたり。また、ボディのいたる所に落ちないヨゴレが付着しており、革張りのベースとしては最適のオツカレ度合いと言えます。

下地作り

蓋のヒンジはもう使わないことにして取り付け穴の凹部をパテ埋めしたり、革を張りきれずに青いボディが見えてしまいそうな箇所は茶色でスプレー塗装したりと、まずは下地作りを行いました。地味ですが大切。

本物の革みたい

革の素材選び。うーん、悩みました。当初はリアルな質感重視で本物の牛革を考えていたんですが、飲み物をドバーッとこぼしたり、泥が跳ねたり、芝生まみれになったり、結露/朝露でびしょびしょになったりと、使用するのは過酷なアウトドア環境。ちゃんとオイルやワックスで手入れすればいいのかもしれませんが、雑な自分にはそれもまた困難。汚れたらクーラーボックスごとジャブジャブ洗ったりもしたいので本革は断念。

というわけでビニールレザーを採用することにしました。ビニールレザーにもいろんな種類があり、ツルンとしたいかにも合皮っぽいものから、革の皺まで再現したようなリアルなものまでいろいろあるんですね。いろいろある中で目にとまったのはチェアの座面向けのビニールレザー。さすがチェア向けだけあって強度がありそうで、かつ本物の革のような厚みや質感を持っており、フェイクとは思えないような高級感にも惹かれてコレに決めました。

憧れのSOL&LUNA

なんかセレブ

目指す姿はこちらです。(出典:SOL&LUNA

本革張りクーラーボックスの本家と言っていい SOL&LUNA を使う方はきっと、大きなお城に何不自由なく暮らし、アウトドアに出る時はジャケットを着用し、ハンチング帽を被るオサレな紳士のはずです。道具の後片付けやメンテナンスを行ってくれる専属の執事もいるに違いありません。(偏見

目指すぞ紳士。 < 無理

作業本格化

さて、

  • 構想(妄想)
  • 下地処理
  • 素材選び

を終え、ここからは、

  • 裁断
  • 縫製
  • 張りつけ

の工程が待っています。

裁断

まずは裁断。もちろん型紙なんてなく、頭の中でテキトーに完成を思い描きながら進めます。スクエアなクーラーボックスとは言え、角は丸みを帯びていたり、蓋の取っ手の窪みがあったりと、実際に革を張ろうと思うといろいろと考えることは多いです。当初、なるべく生地をカットせずに大きな1枚を張りつけたほうがカッコイイかもー、なんて妄想していましたが早々に断念。結局は各面に合わせて生地を切り出していきました。

縫製

ビニールレザーの切口は何もしないと基材の布端がほつれてくるので、カットした生地の端をミシンでかがっていきます。本革のレザークラフトと言えば荒目のステッチが思い浮かびますが、加工しやすいフェイクの利点を生かしたミシンによる細かい縫い目は、これはこれで正解かも。工程の中ではミシンが一番楽しかったなー。

張りつけ

仕上げは張りつけるだけなんですが、だけと言うにしては長期戦になってしまいました。裁断と縫製のミスをリカバリーしながらの現物合わせ作業がここでも必要となり、また、接着剤はすぐにくっつくわけじゃないので、一面張って一晩待ち…、一面張って一晩待ち…、を繰り返し、ちょっとずつ張り進めていきました。

そんなこんなで、

完成

2色使い

上部の蓋と下部の本体は別の色のレザーを張りました。大きな箱のモノトーンは威圧的な印象になってしまう気がしてツートーンで。

難関箇所・その1

ほんのちょっとのRや凹凸なんだけど、いざやってみるといろいろ悩めます。脳内で3次元図面を描きながら立体パズルを組み立てるように。

難関箇所・その2

蓋開閉用の持ち手部分。ここは手を抜くこともできたんですが、なんだか意地になって細かいところまでこだわってみました。

ハンドル

ここは巻いただけ。

底部(もう汚れている)

底部はフラットかと思いきや、緩やかなカーブを描く足が四隅にあり、パネルを複数に分割しました。

内側

さすがにクーラーボックスの中は革張りしていません。そのままです。

ほれぼれする姿

9bota
うん。
がんばったぞ。>自分

と、完成した革張りクーラーボックスを眺めて悦に入っていたところ、家の女性陣からありがたいコメントを頂戴しました。勘はいいとは言えない自分ですが、その裏に隠された本音が垣間見えてしまい、素直に喜べない現実を感じたりするのでありました…。

Mマ
… がんばったねー。(棒
(そのがんばりを他の何かに。)
momo
… すごいねー。(棒
(男子ってやっぱアホかも。)

メモ:今回の材料たち

使用したビニールレザーはシンコールのニフティ。他にもいろんな種類、カラーがあり、購入前のサンプル取り寄せも可能でした。

廃盤だと思っていたけど、アマゾンではまだ取り扱っているみたい。(こんなに高かったっけな?)

16 件のコメント

  • こんばんわ
    ん~~スゴイです!
    自分のはボンドで貼り付けただけですが、縫製までしてるし、
    蓋部分や持ち手まで革張りとは!
    クラブマンにこれが乗ってたら絵になりますねぇ
    でもここまでやるなら天然皮革でやったほうが良かったのではないでしょうか(棒

  • すごいなー。(棒
    いっそ天然皮…いや何でも
    Bocさんがミシン男子だったとは。現代の紳士はミシンくらい扱えないといけないってことですね。ちょっと楽しそう!でも自分にも無理そうだしなー。レザークラフトもはまるらしいし、やってみたいなー。

  • わわ、すごい。細かいところまで丁寧に作られていて素晴らしい完成度、なんでも出来るのですね~
    そういえば前にテン場で可愛らしいカゴを使っていた時にも思ったのですが、
    Bocさん女子力高い!デカい体でちっちゃいミシン ヾ(*′○`)゚.かわいええの~

  • 細部が凝ってる!!!
    保冷効果もアップしそう!!!
    凄えぇぇぇぇぇ!!!!!
    ・・・と(棒)な女性陣の分もビックリマーク足しときました。
    てかその女性陣の反応・・・既視感、追体験、トラウマ・・確実に同じリアクションを受けたあるんですが(しかも何度も)
    世知辛い・・・
    クーラーボックス、日差しが移動して気付いたら太陽にさらされてるなんてことが良くあるので革一枚増えるだけでも色々メリットありそうです。
    うちの奥様作ってくれないかなぁ・・・

  • すげー!!
    レザー男子、かっくいい~
    化繊男子も負けてられないなぁ
    あ、出番があると良いですね…

  • おおお、
    かっちょいいっすねー!(驚
    そういえば、Bocさんの自作レポってなんだか、新鮮。
    おいしそうなグルメレポのイメージが・・・(笑)

  • To: a-さん
    >ん~~スゴイです!
    あざーす。その一言で報われました。(^^
    >自分のはボンドで貼り付けただけですが、縫製までしてるし、
    基材が平織りだったので、
    端をかがっておかないとほろほろと糸が出てきちゃうんですよね。
    必要にせまられて縫製しましたが、結果的には良かったかしら。
    >蓋部分や持ち手まで革張りとは!
    ここはもう自分との戦いでした。
    >でもここまでやるなら天然皮革でやったほうが
    そっすよねー。(棒

  • To: こはなのさん
    >いっそ天然皮…いや何でも
    そっすよねー。(棒
    >Bocさんがミシン男子だったとは。
    何気に好きです。 byミシン紳士
    たまにやるから楽しいのかもしれませんがー。
    >でも自分にも無理そうだしなー。
    モノヅクリ系が好きなこはなのさんなら余裕だと思いますよー。
    ミシン沼にハマってみてください。
    >レザークラフトもはまるらしいし、やってみたいなー。
    こっちはわたしも興味ありです。
    先にレポよろしくお願いします!

  • To: beefさん
    >細かいところまで丁寧に作られていて素晴らしい完成度、
    細かいところを見始めるといろいろ粗が目立ちますー。
    今はまだいいのですが、使っているうちに樹脂素材へのペイントが
    ボロボロと剥がれてきそうで心配です。
    下地にミッチャクロンは使ったんですが…。
    >なんでも出来るのですね~
    なんでもできる beefさんに言われると、なんか恥ずかしい。
    >Bocさん女子力高い!
    ふふふ。ようやく気付いてくれて嬉しいです。(笑
    小さいコトも、小さいクルマも、けっこう好きです。
    人間の器も小さいです!

  • To: kuroazukiさん
    >細部が凝ってる!!!
    >保冷効果もアップしそう!!!
    >凄えぇぇぇぇぇ!!!!!
    『!』をたくさん盛ってくれて、
    ありがとうございます!!!!!!!!!
    >てかその女性陣の反応・・・既視感、追体験、トラウマ・・
    独自の世界でクラフトマンシップ溢れる活動にまい進するくろあずきさんは
    いろんな経験をされてるんですね…。
    今度その乗り越え方を教えてください。
    >革一枚増えるだけでも色々メリットありそうです。
    性能的な向上があると嬉しいですね~。
    そういう意味だとやはり本革が良かったかな…。
    まだ妄想レベルですが、
    断熱目的の空気層を確保できるようなクーラーボックスカバー、
    なんてものがあると、安価なクーラーでもけっこういけそうな気がしています。

  • To: u10さん
    >化繊男子も負けてられないなぁ
    化繊男子!(笑
    ある意味ビニルも化繊かなー。
    >あ、出番があると良いですね…
    そこが一番の問題です。

  • To: mokaさん
    >かっちょいいっすねー!(驚
    あざーす。
    >そういえば、Bocさんの自作レポってなんだか、新鮮。
    たまーに何か作りたくなります。たまーに。
    >おいしそうなグルメレポのイメージが・・・(笑)
    mokaさんもグルメレポのイメージがあるのですが、
    最近少n

  • こんにちはー。
    できあがり、めちゃめちゃカッコいいですね~(^^)
    細部までこだわった作り、すごいっす。
    こういうこだわりこそ男のロマンですよね!
    女性陣には分かってもらえなくても
    いいじゃないっすか!w
    大事なことだからもう1回言いますね。
    すんげーカッコいいっす!!

  • 初めまして。
    革張りカッコイイですね!
    女性陣の視線と(そのがんばりを他の何かに。)で思わず吹きました笑)
    山登りや綺麗な写真等、ブログ初期の頃からいつもスタイルの参考にさせてもらってます。
    これからよろしくお願いします!

  • To: Ameさん
    >できあがり、めちゃめちゃカッコいいですね~(^^)
    あざーす。
    ほっと褒めてくれていいですよ。(笑
    >細部までこだわった作り、すごいっす。
    オッサンが夜な夜なミシンを打って仕上げました。
    完全な自己満の世界です。
    >大事なことだからもう1回言いますね。
    >すんげーカッコいいっす!!
    あざーす。
    ほっと褒めてくれていいですよ。
    2度言いました。(笑

  • To: CISCOさん
    コメントありがとうございます。
    >そのがんばりを他の何かに。
    女性目線だと、もっと男性にはやるべきことがあるようですねー。
    >これからよろしくお願いします!
    こちらこそよろしくお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    9bota

    The 9th trail. のあるじです。右往左往しています。