SMOKED CAMP

2016.9.17~19、北軽井沢のスウィートグラスに行ってきました。SGは何度も利用させていただいておりますが、今回はいつもと違うキャンプです。いつもと違うどころか、自分史上最上級のキャンプ体験になりました。その理由は、SMOKED CAMP と銘打たれたスペシャルな燻製キャンプイベント。

燻製道士 × APELUCA = ??

の式を解くと、はてさて、何が出てくるのか。

北軽井沢スウィートグラスの特別会場

広々

SGのとある一画が今回のイベント会場。ここでワクドキの燻製キャンプが行われるんですね。しかしながらここへ来るまでに一苦労。さすが秋の3連休、朝ちょっと出遅れたらもう渋滞に巻き込まれて首都圏脱出に思いのほか時間がかかってしまいました。恒例のツルヤ買い出しも混雑で、以下同。

絵がかわゆす

会場エントランスにはウェルカムボード。こういうイベント感の演出が気分を盛り上げてくれますね。

キャンプとは思えぬテーブルとチェア

メイン会場に進むと、なんともオサレかつ高級感あるダイニングがセッティングされていました。

うわー。(驚

テーブルの上にはキレイな花が生けられ、テーブルランナー、スプーン/フォーク/ナイフ、グラス、などなど、完璧なテーブルコーディネイト。す、素敵すぎる。

まるで式場のよう

「あっ、今日はドレスコードあったっけ?」(汗 なんて、ラフな服装の自分を見て焦ってしまうほど。どこかのウェディングパーティに招かれたような錯覚に陥り、この空間はもうアウトドアの域を超えているのでありました。

バーコーナーも

さらに奥にはバーが出来上がっていました。クラフトブール、プレモル、ワイン、ウィスキー、サングリアなど、各種取りそろえられておりました。じゅる。

バーカウンターのセッティングもばっちり

SMOKED CAMP としてトータルで考えられた会場は細かいところまで作り込まれてスゴイの一言です。いや、もう一言で済ませらせません。スゴイスゴイスゴイスゴイスゴイスゴイスゴイスゴイスゴイスゴイスゴイスゴイスゴイスゴイスゴイスゴイスゴイスゴイスゴイスゴイスゴイスゴイスゴイスゴイスゴイスゴイ <おぃ

こちらはキッチン

APELUCAテーブルトップスモーカーのメーカーである オークスさん 。この日は素晴らしい、いや素晴らし過ぎるディナーを提供してくださいました。ありがとうございます。

え えぇ ソロ幕ですが何か?

会場の隅に自分の寝床をセッティングしますた。このような素晴らしいイベントにわが家の女性陣も連れてきてあげたかったんですが、この週末は MOMOの学校の学園祭があり、残念ながらわたくし一人での参加です。

SMOKED CAMP 開演

はじめるよ~

SMOKED CAMP の準備が完了し、いよいよイベントスタート。最初のプログラムは参加者による燻製体験です。各々自分の TABLETOP SMOKER を持参し、わらわらと燻製ブースに集まります。このとき、「みんな同じスモーカーだから、どれが誰のかわからなくなっちゃいそうだな…」なんて心配が頭をよぎったのですが、その瞬間手渡されたのは、

おおっ、ネームタグ!

キレイにレーザー加工されてとっても良いモノ感。それにしても APELUCA の TABLETOP SMOKER の形状って、アイコンとして抜群のデザインですよね。スモーカーは無骨な見た目のものが多い中、かわいいとんがり帽子のスモーカーと言えばコレ ってね。ちなみに、わたしの名前がちゃんと Boc になっていて、この時ようやく MOMOパパから Boc になれた気がしました。(笑 

ずらり

参加メンバー+燻製道士様の計5台のスモーカーが並んだ姿は圧巻。もくもくが始まるよ。

と、その前にカンパイ!

スモークしている時間は格好のグビグビタイム。みんなで楽しく呑みながらスモークしていきます。

もくもく

勉強になります

そりゃ燻製をするのは初めてじゃないんですが、燻製道士様が横についてくれて、アドバイスを受けながらの燻製作業は目からウロコの連続。知らなかった事を知れたり、今まで間違ったことをしていたことに気づいたり。自己流じゃなく、ちゃんと先生に教えてもらうのって大事ですよね。

わーお♪

各々に違った食材が割り当てられ次々と燻製が仕上げられて行きます。道士様のおかげでどれもこれも大成功で、おいしそう。ちなみにわたしはベーコンとクッキーを担当しました。クッキーの燻製なんて初体験ですが、はたしてどんな味なのか?

並び始めました

ダイニングテーブルにはウマソーな皿が並び始めました。われわれ参加者が燻製した食材は、キッチンにいるシェフ(オークスの皆さん)に渡します。そのまま食べてもおいしい燻製が、そこでさらに素敵な一皿となり、本日の燻製フルコースが仕上げられていくのでありました。

驚愕の燻製フルコース

Boc 席

燻製体験を終えたのち、いよいよお待ちかねのディナーの始まりです。

はじめはシャンパン

道士様が丁寧にシャンパンの解説をしてくれたのち、ポンッ とコルクが抜かれてスペシャルなフルコースディナーの開演宣言!

本日のメニューです

こんなメニューカードまで用意してあり、どこまでも芸が細かい。この中の一皿に自分がスモークした食材が入っているのね。わくわく。

amuse:燻製の3種盛り
・半熟燻製卵のキャビアのせ
・燻製明太クリームチーズ詰めプチトマト
・いぶりがっこのクリームチーズ和え

3種それぞれに燻製された食材が使われており、どれから食べようかと楽しい一皿。特にいぶりがっことクリームチーズの組み合わせは斬新でした。

salad:スモークサーモンの燻製ポテサラ巻

サーモンは燻製との相性抜群ですね。しかもそこへクリーミーな燻製ポテサラも一緒に口へ運ぶと、さらにダブルで相性抜群。

soup:トマトポタージュ燻製ブラックペッパー添え

食べる直前に目の前でブラックペッパーを挽いてくれて、鼻先に燻製と胡椒の良い香りが。トマトの爽やかな酸味と絶妙にマッチしていました。

Fish dishes:燻製エビとマッシュルームのアヒージョ

これ、最高に気に入りました。燻製したエビ自体もおいしいのですが、オイルにとけ出したコクと旨味が濃厚。いったいどんな隠し味がされているのでしょう? パンにしみ込ませて、オイルもすべて食べきってしまいました。

いよいよ本日のメイン

メインとなるローストビーフを燻製した担当自らが、みんなのいるテーブルの前でカットしてくださいました。粋な演出。

Meat dishes:燻製ローストビーフ

火の通り方もバッチリで赤身の色が美しい。そこへソースをかけてもらい、西洋ワサビをちょっと添えていただきます。とてもやわらかく仕上がっており、肉の旨味と燻製の香りが口一杯に広がります。

ここでちょっと一息

陽が落ちて暗くなり、テーブルのキャンドルに火が灯されていきました。いい雰囲気。

dessert:燻製クッキーアイス

ああ、これこれ。自分が担当したクッキーの燻製です。クッキーには冷たいアイスクリームが添えられ、キレイに盛りつけられて、フルコースの最後を飾るにふさわしい美しさ。意外でしたが、コーヒーチョコチップが入ったビターなクッキーと、燻香が合う! オトナのデザートでありました。

すべての皿になんらかの燻製食材が使われた 燻製フルコース。しかもそれをアウトドアで楽しんだ至高のディナー。人生初の食体験でありましたが、燻製でこんなにもおいしい料理たちが出来上がるとは、正直ビックリ驚きでした。
というわけで、
燻製道士 × APELUCA = の式の解は、
おいしい燻製フルコース と、
仲間とすごす豊かな時間 でありました。(^^

食事のあとのバータイム

おっと、まだまだ終わりではありません。
食事のあとのバータイム。

どどーん

と、燻製された数々の品が盛りつけられたプレートが並び、お酒とともに楽しみます。

 

話がはずみ、
良い時間でした。

宴の翌日

丸鍋軍団 朝からシューシュー

家の電気炊飯器が壊れてからというもの、わが家での炊飯はずっと丸鍋です。早くかんたんにおいしく炊けるんですよね。ひさびさに屋外で使いました。(笑

みんなで囲む朝の食卓

シンプルに、炊きたてごはんとお味噌汁。そしてそれぞれが持ち寄った個性的な一品が並びました。大勢で大テーブルを囲むと、よりいっそうおいしいのでありました。

ありがとうございました

 

主催:

北軽井沢スウィートグラス燻製キャンプ2016実行委員会
 Link:燻製道士 様。
 Link:オークス 様。 (Hさん、Mさん、Kさん)
 Link:スウィートグラス 様。

お招きいただきありがとうございました。最高のひとときを過ごせた燻製キャンプでした。これからも、生活の一部に、アウトドアにと、APELUCAのテーブルトップスモーカーで燻製を楽しみたいと思います。

参加:

 Link:矢車草さん ご夫妻
 Link:bebeさん ご夫妻

一緒に参加できて楽しかったです。イベント後ののんびり雨キャンプも ね。またいつかご一緒させてください。


6 件のコメント

  • こんにちは~。
    なんてゴージャスなキャンプ!!
    もはやキャンプの枠を飛び越えてますね。
    うーん、燻製された品々をそのままではなく
    手を加えた料理の数々、
    めちゃくちゃ美味しそうですね~!
    このテーブルトップスモーカー、
    デザインもかわいいですし、
    欲しいな~。
    こんなゴージャスキャンプ、
    さぞご家族に羨ましがられたのでは?(笑

  • こんにちわ
    あ~、コレBocさんも行かれてたんですね~
    流石のテーブルセッティングや料理で同じ日に行った自分とこのキャンプが貧弱に見えてきます(笑
    しかし、燻製ビスケットアイスは興味深々です。
    これは是非やってみたいと思いました。
    他の料理も素材として燻製されたものを使うというのは凄く凝ってますねぇ。流石!

  • Bocさん(まだなじまない、笑)
    楽しい時間をありがとうございました。
    雨が酷かったけど、なんだかんだと楽しいキャンプでしたね。
    みんな仕事が早いなー
    早速、〇○に挑戦してみましたYO!
    イーストは半分でもいいかも。
    あとは3等分ではなくて4等分がいいよ。
    3等分だとパンみたいになっちゃうの。
    欲張って具材を載せすぎると大変です(笑)
    家で練習しておくのでいつかキャンプで〇○パーティーしましょう。
    そうそう、絶対にダイエットしなくちゃいけなくなったので
    蕎麦ダイエット採用しようと思います(笑)

  • To: Ameさん
    >もはやキャンプの枠を飛び越えてますね。
    いままで一生懸命作ってきた自分たちのキャンプメシって何?
    というくらい別次元のディナーでした。
    >手を加えた料理の数々、
    燻製って、燻製するとそこがゴールのような気がしてましたが、
    そこはまだスタートだったんです。
    >欲しいな~。
    自分は他の燻製器詳しくないですが、
    これを使ってると燻製は簡単なイメージです。
    世の中的には準備と撤収がたいへんなイメージなんだと思います。
    モノも良いので、プレゼントとかにもいいかもしれません。(自分含む)
    >さぞご家族に羨ましがられたのでは?(笑
    今回はさすがに羨まし&悔しがってました。(笑

  • To: a-さん
    はい、ここにいました。(^^
    >自分とこのキャンプが貧弱に見えてきます(笑
    方向性は違いそうですが、a-さん負けてないと思いますー。
    ていうか、
    自分よりa-さんのほうがこのグルメイベントにふさわしい気がー。
    >燻製ビスケットアイスは興味深々です。
    デザートは甘いだけにあらず。
    大人なかんじでした。
    >素材として燻製されたものを使うというのは
    そうそう。そこがスゴイと思いました。

  • To: 矢車草さん
    こちらこそ先日はお世話になりましたー。
    雨キャンプひさびさでしたが、特にすることもなく(笑
    あれはあれで楽しかったですね。
    >早速、〇○に挑戦してみましたYO!
    わたしも週末挑戦してみました。
    イースト、枚数、火加減、いろいろと試行錯誤しています。
    ちょっとだけコツがつかめたような気がします。
    キャンプで〇○パーティー、いいですね!
    >絶対にダイエットしなくちゃいけなくなったので

    その理由に興味あります。(笑
    是非マズイ蕎麦で~。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA