走らないけど ザックは、


わたくし、
ゆっくり歩くだけなんですけどね。
何を勘違いしたのか、
トレラン向けのものをチョイスいたしました。


自分が今まで使用していた日帰り山行用ザックは、山歩きを始めた頃にどこかのショッピングモールで、さほど知識の無い状態のまま購入した記憶があります。若干アパレル寄りのアウトドアザックなんですが、日帰りハイキング程度の用途なら、特に問題無く何年も使い続けられています。
容量は30リッターくらい。防寒着をしっかりと持っていきたい日や、山メシをたっぷり楽しみたい日など、荷物が多めな日帰り山行にちょうど良いサイズだと思います。それに、1泊の小屋泊くらいまでならなんとかこなせます。
でも、歩くことのみを主体にした日帰り山行の場合、そんなに持っていくものも無く、大きすぎてブカブカなことが多いんですよね。


さて、日帰り山行用にどの程度の容量を狙おうか。
山歩きを始めたころは勝手がわからず、念のため と詰め込んでいたモノが多かったんですが、最近は必要なモノが分かってきたことと、ギアのUL化もちょっとずつ進んでいることで、無雪期であれば20リッターもあれば十分というかんじです。
日帰り向きのザックの種類は百花繚乱、ほんとにいろいろあって迷っちゃいますね。ハイカー向けのザックだけでも種類が多いですが、20リッタークラスになると、ラン向けのザックも視野に入ってくるんですね。ちなみにランの世界では20リッターは大型の部類入るような。 (スゲ-
ちょっと遊び心と、好奇心とで、ラン用のギアを選んでみるものいいかな…。

で、わたしが選んだのはモンテインの VIAドラゴン20
さすが、この世界ではザックは背負うものではなく、着る 感覚ですね。ベスト形状のメッシュ生地に、収納部がくっついているかんじです。
従来のザックに慣れた身としては、背負い心地というか着心地は若干タイト。でも、使い始めたその日のうちに慣れ、何かを背負っているという感覚を忘れさせてくれるほど。

ウェストベルトは極太ゴムでベルクロ止め。
これもザックを体にフィットさせるためなのかしら。自分の体形に合う事を確認しておかないと、ゴムに圧迫感を感じる人もいるかもしれません。
ちなみにこういうザックは腰で背負うというスタイルではなく、肩~背中上部への荷重がメイン。荷物がずいぶん上の方に位置している感覚で、ウェストベルト位置も腰というより腹ベルトと言ったほうがいいかもしれません。

付属品。
VIAドラゴン20には、500ml の SoftFlask が2本付属しています。

SoftFlask は脇腹あたりに格納。
ラン用のザックは給水機能を重視したものが多いみたいで、このザックは左右の脇腹あたりに 500ml を格納するポケットがあります。2本も積めるので、これだけでかなりの容量ですね。
SoftFlask は柔らかい素材で、ちゅーちゅー吸って中身が減るに従って縮んでいくので、中でタポンタポンと水が揺れる音がせず、走る事が前提のランに向いているんでしょうね。
飲み心地もなかなかグッドです。

オプションでストローもあるよ。
SoftFlask の格納位置的に、ザックを背負ったまま給水するには飲み口がちょっと遠いのです。そんな時のためにストローが用意されています。
試しに1本購入してみましたが、これがまた具合がイイ! 長さがちょうど良く、ちょうど口元にストローが位置し、しかも給水時以外はストローがぷらぷらしないようにフックがちゃんとザック側に備わっています。きっと、このザックはこのストローを使う前提で設計されたんだと思います。
ちなみによくある話ですが、こういうストロータイプは最後の一滴を吸い切るには、吸うパワーが必要となってきますが、これも例外ではなく。(^^;
でも気に入ったので、もう1本ストロー装着して左右両対応したいな。


ザックの重量は 380gと軽量。
防水性のある生地で、縫い目はシーム処理済。ザックカバーも不要です。
給水や、収納力など、機能性も十分で、これから使い甲斐がありそうです。
あ。
わたしは走らないんですけどね。

6 件のコメント

  • ふむふむ。
    モンテインのザックを物色中なので、参考になりやす。
    ソフトボトル付きとはものすご~くお得感を感じます。惚れます。ザックにw
    ふむふむ、いいなぁ。
    って、なんだか良いお値段すねw
    あー、チューチューしたい

  • To: u10さん
    >モンテインのザックを物色中なので、参考になりやす。
    ほほう。モンテインの。
    実はわたくし、もう一つポチしてあるものがあり。
    まだ未デビューですが。
    >って、なんだか良いお値段すねw
    trekkinn使ってみました。
    日本の超高速宅配に馴れてると、かなりドキドキしますね。(^^;

  • 自分はちょっと前に走るように16Lのを買いますた。
    走ると言っても、山用ではなく、アスファルトの上を走るためのものですがって、ちょうど記事書いてる途中でしたのでタイムリー!
    緩いハイキングレベルなら、たしかにこれくらいの大きさで行けるんですよねー。

  • 30Lだと、肩だけで背負うのちょっと重いかも!この手のザックは水を外に出せるので、意外なぐらい容量がいらず、食糧をジェルとかパワーバーだけにすれば、10L以下で、着替えと非常装備の雨着やヘッドライトも持って日帰り温泉行けます。まあ防寒着のいらない夏限定だけど。

  • To: こはなのさん
    >走るように16Lのを買いますた。
    え。走る? なんかちょっとズルイ!
    と思ってしまいました。
    なんでだろう。なんか裏切られたような気分…。
    >走ると言っても、山用ではなく、
    え。実はトレランいくんですね。
    うん、そうだ間違いない。トレランやるんですね。
    なんか、こはなのさんが遠くに行っちゃった気分…。
    ちくそー。

  • To: 目黒駅は品川区さん
    >30Lだと、肩だけで背負うのちょっと重いかも!
    ガレージ系のULザックを見てると、
    30Lオーバーで肩荷重の設計思想のものもありますね。
    実際に使った事ないのですが、10kg前半ならなんとかいけるのかしら?
    今回、肩荷重のザック使ってみて、腰回りが自由になるって
    けっこう快適だと改めて気づきました。
    >10L以下で、
    同意です。
    自分もこの20Lでも大きいな~、と感じることがあります。
    10Lクラスが欲しくなる日も近そうです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA