ユーゴ・デノワイエ

日本でのハンバーガーの地位は決して高いとは言えず、世代によってはネガティブなイメージが根付いちゃってる気がします。ファーストフードのステレオタイプ的な。安かろう、不味かろう。でもその反動か、バンズにもパティにもこだわった、本格的なハンバーガーを提供するお店が着実に増えている気がします。おいしいハンバーガーって、ほんとにおいしいんですよね。そんなとびっきりおいしいバーガーを、ときどき無性に食べたくなります。

世界一のお肉屋さん

無性にハンバーガーが食べたくなって、最近のホットなお店を調べた結果目に留まったのが『ユーゴ・デノワイエ』。ああ、勘違いしないで下さい。ユーゴ・デノワイエはハンバーガー専門店というわけではありません。ユーゴ・デノワイエはパリ屈指の肉職人で、ニューヨーク・タイムズ紙が『世界一のお肉屋さん』だと評価したとかなんとかいうスゴイお店。そんなスゴイお店が初の海外進出先に選んだのが日本。しかも恵比寿。というか代官山。わりと近いじゃん。というわけで桜満開の週末、昨年11月にオープンしたばかりのお店に、家族連れで行ってきました。

カウンター前のガラスケースの肉塊

ユーゴ・デノワイエ恵比寿は、1階は精肉の物販とバーカウンターでの食事が楽しめるフロア。2階はメインダイニングになっていて、イスとテーブルでのしっかりしたお食事を楽しめるフロアになっています。われわれが訪問した時は2階席がいっぱいということで1階のカウンターへ。お店側としては家族連れ客にカウンター席は申し訳ない、という雰囲気でしたが、いやいや。目の前に鎮座する高級なお肉様たちを見ながらの食事はある意味特等席。

うーん 読めない(汗

取り扱っている商品のことなんだろうと思いますが、壁の黒板にはなんかいろいろ書かれており、精肉を買い求める方もちらほら来店。ハンバーガーはメニューの中の一品という位置づけ。周りの食事客を見てもハンバーガーをオーダーしているのは少数派のような気がしました。でも、厳選されたお肉を使ったパティはウマいに違いない。

カンパイ

軽くワインなんぞを頂きつつ、ハンバーガーを待ちます。わくわく。

世界一のパティ

ありがとうございます

ぐふふ。来ますた。

仔羊肉のバーガー

日替わり(週替わり?)で提供されるバーガーの種類が変わるようですが、この日は仔羊肉のバーガーがメニューにあり、MOMOはこのバーガーを頼んでいました。わが娘ながらこのチョイス、やるなぁ。わたしも一口いただきましたが、うんウマい。羊肉ですが、仔羊ということもあり肉には変な臭みは無く、しかし牛とは違う独特の香りがナイス。噛むほどの旨みもイイね。仔羊を使ったバーガーは初めて食べましたが、これはいけます。

牛肉のアボカドチーズバーガー

Mマとわたしは、牛肉のアボカドチーズバーガー。仔羊にも惹かれましたが初めてのお店ということで、正統派の牛肉のバーガーをチョイス。パティの厚みがスゴイです。厚みがありすぎてこれを攻略するのは女子には難易度が高いようで、Mマはナイフとフォークを使い始めましたが、男子のわたしは当然 ガブッ! とな。

ジュワッと出てくる肉汁から感じられる脂の旨みがウマー。しかもこの脂はしつこくない。肉を食ってるぞ、という適度な噛みごたえの赤身肉も旨みたっぷり。溢れだす肉汁を下のバンズが吸い込んで、バンズが重くなるという超ド級のパティです。

こだわり肉が主役の、ユーゴ・デノワイエのバーガーなのでありました。

ABOUTこの記事をかいた人

9bota

The 9th trail. のあるじです。右往左往しています。