ヘルメットで安全スキー



安全に対する考え方が進化していますね。自転車、登山、スキーなど、一昔前までは危険度の高いスポーツシーンで一部のエキスパートだけがヘルメットを着用しているというイメージでしたが、近年、ヘルメット着用がかなり一般化していると感じます。そんな時代の流れに反し、今までの自分は安全への配慮は停滞状態…。これじゃいかん!と、まずはウィンタースポーツでの安全対策に一歩踏み出してみました。

危機感

北海道スキーにて同行者が骨折。

飛びます! 北海道ツアー

2016.01.17

われわれの年代、それを武勇伝として語れるほどもう若くはなく。また、周囲からは同情を得るどころか、いい歳こいてなにやってんだよ的なリアクションを示される事が多いようで。(涙

オッサン化により治癒能力も低下してきており、骨がくっつくまでに思いのほか時間がかかったり、筋力の低下が著しかったり、そこからのリハビリがえらくキツかったりと、体はごまかしが効かないようです。

転倒時に頭部にも衝撃があったのか、転倒直後はふらふらと混乱していたようですが、不幸中の幸い。検査の結果、頭部への損傷は無かったようです。氏はスキーをする時はちゃんとヘルメットを着用するポリシーで、今回はヘルメットに助けられて骨折だけで済んだのかもしれません。

と、これは今シーズンの事故の一例で、ここ数年、自分の周りで毎年誰かが病院のお世話になっており、自分も気を付けないとなー、とマジメに危機感を持っておりました。

POC / Skull Light II

ウィンターシーズンが終わりをむかえ、シーズン中は手を出しにくかった商品が、格安でセールされる時期になってきました。

POC / Skull Light II

セールを狙ってスキー用のヘルメット 50%オフ で購入。スキー用のヘルメットの売れ筋を見てみると、いかにも「スピードを出しますよ!」みたいな攻撃的なやつとか、「パークでエアキメちゃうぜ!」みたいなエクストリームなやつとか、全体的にアグレッシブな印象のデザインが多く、枯れ気味の自分的にはなんだかなー な状況でした。

そんな中、スウェーデン発の新鋭ブランドである POC のデザインは、他とは違うキラリと輝くものがありました。一見するとフツーと言えばフツーなんですが、でもなんか一味違うものを感じました。さすが、北欧デザインの妙、というものが隠されているのかもしれません。

Link : POC / Skull Light II

POC / Lid

ヘルメットの勢いで。w

汚くてすいません。_o_

ゴーグルって、長年使っているとスポンジ部分がボロボロになってきますよね。今使っていたヤツも例外なく劣化し、部分的に破れたり剥がれおちたりしてきました。もうそれがウザイので、全部除去してスカスカな状態で使っていました。雪入り放題。(涙

ホームセンターでスポンジ買ってきて補修しようかなー、なんて思っていましたが、こちらも50%オフを目にしてしまい、つい。

POC / Lid

やっべー、ちょーかっけー。ヘルメットと合わせて POC のゴーグルです。Lid はフレームレスなデザインが未来的で、他のゴーグルとは一線を画すカッコ良さ。これを着用すると自分自身がバージョンアップしたような気になり、何かを勘違いしてしまいそうな自分がコワいです。(笑

Link : POC / Lid

デビュー

シーズン終わりにデビュー

アサマ2000 (7)

2016.03.22
新ヘルメット&ゴーグルのデビューは来シーズンのお楽しみかな、と思っていましたが、まだなんとか滑れるようなので、滑り納めと使い心地の確認を兼ねて、先日ちょっと滑ってきました。

感想

カチッとした頭部の守られ感はさすがヘルメット。スピードを出した時の安心感が違います。顎紐をキュッと締め、しっかり頭部にフィット。ニット帽でスピードを出した時にときどき感じるブレ感も軽減され、滑りに集中できるメリットを感じました。

耳が覆われることで周囲の音が聞こえにくくなることや、ヘルメットの重量感などを心配していましたが、その心配は杞憂でした。けっこう自然で違和感は最小限。

ウィンタースポーツにはヘルメット。

自分にとって欠かせなくなりそうです。



4 件のコメント

  • ちょーかっけー、っスね!
    確かにスキー場でのヘルメット率はここ数年でグンとアップしてますね。
    ベテラン風なオッサンほど率高し、のような気も。
    ところで、これは登山では蒸しそうですね。えっ、山用は別ですって?
    さすがぬかりない^^
    私は山用だけ逝っときました、安全第一!

  • To: 忠太さん
    >確かにスキー場でのヘルメット率はここ数年でグンとアップしてますね。
    ヘルメット率アップ、ゲレンデで確かに実感。
    使ってみると、良さも実感できる気がします。
    >私は山用だけ逝っときました、安全第一!
    スキー用と山用は機能的に別でしょうかねー。
    山用もゲットしたいなと思ってます。
    山でヘルメットするのは一部の核心部がほとんどなのかしら。
    ってことは、ザックに背負ってる時間が長いのかな。
    とりあえず軽さと値段重視かな…。

  • 私もずっとヘルメット派です
    スキーのヘルメットは以外と暑い時には涼しく、寒い時には暖かく過ごせます。
    手足の骨は折れても再生ますが、頭部は、、、
    スキー以外でも自転車では必ずかぶります。
    自転車のヘルメットも夏涼しく、冬暖かです。
    私は、工事関係で一度頭部を強く打ち死にかけました。
    あと数10センチ頭の位置が右にあれば命はありませんでした。
    その時助けてくれた神様に感謝して
    その後、ヘルメットは必ずかぶります。

  • To: テリーさん
    頭部保護、大事ですねー。
    うーん、いろいろ経験している方の話は説得力があります。(^^;
    自転車用も欲しいなぁ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    9bota

    The 9th trail. のあるじです。右往左往しています。