冬の赤岳(前編)



2016.3.5~6、冬期の赤岳狙いで八ヶ岳に入山いたしました。八ヶ岳はハイカーを受け入れる懐が広く、初心者から上級者まで多彩なコースがございます。ヨチヨチ歩きでスノーハイクを始めてから冬の八ヶ岳には何度も訪れ、蓼科、縞枯、茶臼、天狗、硫黄、編笠…など、その時の自分の実力にあったコースを選んでスノーハイクを楽しんできました。

まだまだ冬の赤岳や阿弥陀は自分には無理だなー、なんて思っていました。でも、もうそろそろ挑戦してもいいのでは? という思いも芽生え始めていました。その思いを実現すべく、ちょうど同じようなレベルで同じような思いをつのらせていた 忠太さん をパートナーに、赤岳にアタックしてきました。

行者テン場へ

やった! いきなりの美濃戸

車高の低い自分のクルマだと美濃戸口から美濃戸までのデコボコな林道は走行不可能なため、いつも美濃戸口にクルマを置いて林道をトボトボ歩いていました。しかし、今回は美濃戸口から忠太号に拾ってもらい、難なく美濃戸へ。稼いだこの1時間は大きいぞ。うひ。

美濃戸山荘の分岐

北沢と南沢の分岐点。多くのハイカーがたむろってます。ここらへんも今シーズンは雪が少ないみたいですね。われわれは行者小屋テン場へ向かうため南沢ルートから入ります。

凍結した沢の上に立つ、漢・忠太

この日は気温が高めで行者に着くまでに汗だくになってしまうほどでしたが、カチカチに凍った沢はさすが低温の八ヶ岳。

こっちはツルツル

このようにかなり凍ってる箇所もありましたが、行者まではノーアイゼンで行くことができました。チェーンスパイクなどあれば安心かも知れません。

稜線はガスの中

無雪期は石でゴロゴロだったはずの河原も、一面雪に覆われて歩きやすい。このあたりから稜線が望めるはずですが、残念ながらガスの中…。

行者小屋

ふぅ 行者小屋

冬期の行者小屋は週末のみの営業みたいです。ビールが買えるので営業してくれていてありがたい。ちなみにテン泊料金は ¥1000。

設営ちう

行者のテン場はだいたいフラットで広々ですね。イイ場所確保できました。つーか、忠太さんが新幕を披露してくれました。そのうちレポが上がると思います。いろいろ持ってるなぁ。(笑

赤岳アタック!

アタック準備完

設営後、軽く食事を取り、アタック準備を整えます。なんかキンチョーするー。出発。

文三郎尾根の急登

一歩一歩、アイゼンの歯とピッケルを打ち込みながら進みます。こうして見るとすごい高度感。

ちょっと一息

なんとか阿弥陀との分岐まで来ました。ここから先は夏季なら楽しいクサリ場。今は雪と氷と岩のミックス。気を引き締め直します。

コワ-

ガスに包まれて高度感が薄れるのはいいんですが、進む先を見上げると、別の惑星か地獄に来たみたいでなんか怖い…。どっちも行ったこと無いんですけどね。

もうちょっとだ YO

お互いに状況を確認しながら進みます。

赤岳

ヤター! 赤岳ゲット!

喜ぶオッサン二人

一面ガスで真っ白で展望ゼロでしたが、赤岳には間違いありません。ガッチリ握手して、パチャリと記念写真を撮りました。

じんわり達成感

下山は地蔵尾根

赤岳頂上山荘も、赤岳天望荘も、当然のようにクローズ。でも天望荘は2月末まで冬期営業してたみたいですね。すごい。

はるか眼下に行者小屋

事故が起こりやすいのは下山です。心していきましょう。

言ってるそばから

あーーーっ、滑落! なんて。 < おぃ
危険個所を通過したあと、ほどよい斜面を選んでは、トレースをちょっと外してシリセード&制動訓練。

オツカレ!

テン場に辿り着き、ビールとなっちゃんで乾杯。「やったねー」「やりましたねー」

登ったんだね

というわけで無事に赤岳登頂。われわれでもなんとか冬の赤岳登頂を達成することができました。今回は風が弱く、快適な気温、トレースもしっかりあり、好条件が整っていたことが幸いだったと思います。もちろんその時のコンディションによって全く難易度は異なり、厳冬期のキビシイ環境だとこうはいかなかったかも知れません。下山直後はまだ実感なく、逆にあっけなく登頂できたことに拍子抜け感もありましたが、今はじわじわ湧き上がる淡い達成感を感じています。

下山後にようやく姿を現した赤岳。日が傾き始めたころ、上空に吹き始めた風が、山頂にかかったガスを洗い流してくれました。

後編に続きます。

冬の赤岳(後編)

2016.03.10



6 件のコメント

  • おめでとうございます~
    物足りないという噂を聞きましたが、刺激、足りてますか?
    山頂でフリースって…(笑)
    かなり暖かかったんですね。
    う~ん、行きたかったなぁ。
    ソロで行こうかしらなんて思ったり…
    トホホ編(後編)待ってますYO!

  • おめでとうございます^ ^
    私は6日は天狗岳でした~予報は悪くなかったように思いますが、前日もガスだったんですね~
    今年は雪が少なくて逆に岩にアイゼンを引っ掛けそうで怖そうですf^_^;)
    テント泊いいですね~宴会が盛り上がったことでしょう~^ ^
    下山後、何が起こるのでしょう^_^楽しみにしています

  • 先日はありがとうございました~
    いやー、アタック中はお待たせしてスミマセンでした(^^;
    家に帰って翌日、痛くて朝起きれずに大変でしたYO!
    うん、結構あっさりでしたねw
    もう少し厳しい環境の時にもう一度行きますか?(笑
    制動訓練も楽しかったです。
    滑落じゃありません、ありませんから...

  • To: u10さん
    ありがとうございます~
    >物足りないという噂を聞きましたが、刺激、足りてますか?
    もうそんな噂をゲットしているんですね。(汗
    刺激?
    忠太さんは不足気味だったようですが、
    自分にとっては超刺激的でもういっぱいいっぱいでした。うふ。
    >山頂でフリースって…(笑)
    行者から歩き始めてすぐシェル脱ぎました。
    はっきりいって暑かったです。花粉も感じました。
    もう春だね…
    >ソロで行こうかしらなんて思ったり…
    ソロ、u10さんなら問題ないかと。
    お声かけ頂ければお供します YO。(^^
    >トホホ編(後編)待ってますYO!
    最近トホホレスでスイマセン。
    次回も期待に添えませんのであしからず。(笑

  • To: みーパパさん
    お久しぶりです。
    >私は6日は天狗岳でした~
    みーパパさんも山活動してるんですか?
    すいません。自分のショボイ環境だと、みーパパさんのサイト重すぎて、
    ブラウザ落ちたり、いつまでも開けなかったりで、
    最近ご無沙汰しちゃってます。
    >前日もガスだったんですね~
    お天気は5日よりも6日の日中が当たりだった気がします。
    >今年は雪が少なくて逆に岩にアイゼンを引っ掛けそうで怖そうですf^_^;)
    お気を付けて、お互いに楽しみましょう。
    ではでは。

  • To: 忠太さん
    オツカレさまでした~。
    >いやー、アタック中はお待たせしてスミマセンでした(^^;
    いえいえ。こちらこそちょうどいいペースでした。
    ていうか腰大丈夫ですか?
    ストック欠かせませんね…。
    >もう少し厳しい環境の時にもう一度行きますか?(笑
    次は阿弥陀も行きたいス。(^^
    >滑落じゃありません、ありませんから...
    「ひゃぁ(汗」っていう最初の叫び声が耳に残ってます。w

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    9bota

    The 9th trail. のあるじです。右往左往しています。