ロングスパッツ


山歩きは普段の生活ではお目にかかれない景色と出会うことができ、休日の趣味としてはとっても魅力的。さらに雪山歩きとなれば、見える景色はケタ違い。
しかし雪山には危険が伴うもの。
装備はぬかり無く挑みたいところです。


とはいえ、フル装備が整ってからじゃないと雪山に行ってはならない、なんて言われるとそれはそれで困ったもので、いつまで経ってもスノーハイクに行けません。雪山装備は何かと高価ですからね。
そんなゼロイチ思考ではなく、経験値アップと装備増強のループを少しずつ回していくのが、スノーハイク願望のある社会人ハイカーの現実的なところだと思います。
わたしも最初は軽アイゼンだけを購入し、すでに持っていたスキーウェアやスキー用ストックを使って、安全が確保されている範囲でちょこちょこと雪山を歩き始めた気がします。
ウィンターシーズンを何回も経験していくうちに装備もある程度は整ってきましたが、まだまだ足りないモノも多く、実戦とポチリのループを回している最中です。
今シーズンは、いままでおざなりになっていた小物系を増強中です。


HERITAGE サガルマータ ストレッチロングスパッツ
スパッツというのかゲイターというのかは置いといて、今シーズン、雪山用のロングスパッツを買いますた。
以前から無雪期用のレインスパッツは持っており、それを雪山で使っていました。まだまだ初心者ゆえ、人が多く入り、よく踏まれたところをスノーハイクすることが多かったので、今まではこれでなんとかなっていました。
しかし時に、誰も歩いていないところに入って行くことも経験するようになり、雪深いコンディションでのロングスパッツの必要性を感じてきました。
必要性を感じたところから、ちょっとずつ、ね。
そんなわたしが選んだのは HERITAGE のスパッツ。

やたらと頑丈そうで、ゴワゴワして歩きにくそうな雪山用のスパッツもありますが、これはゴアでありながらある程度のストレッチ性があり、足の取り回しが良さそうなところに魅力を感じました。
また、シュッとした印象のスリムなデザインで、アイゼンの爪を引っ掛けたりしにくそうな印象を持ちました。



同行者のカメラに写ってたオレ。
先日の武尊では新雪をツボ足で進む場面も多く、そんなコンディションではロングスパッツを着用していると安心感が違いますね。ナイス。
これでいくらでも踏み抜けるぜー! < おい
ていう冗談はおいといて、ワカンはちょいと浮力不足を感じるので、カッチョ良いスノーシュー欲しいなぁ。と、もう次の装備増強を思い描いたりして。(笑
尽きないなぁ。

4 件のコメント

  • ヘリテイジにしたんですね、シュッとしていてカッコ良いっす♪
    深雪ではゲイターがあると安心感ありますよね。
    長時間パンツを雪に接するのもダメージがありそうで嫌だしw
    これでご一緒した時には安心してトップをお任せできる、良かった良かった^^
    よっ、ラッセル隊長!
    スノーシュー、是非逝きましょう!

  • Hのロゴを見て、ヘリーハンセンだと思ってましたw
    ヘリテイジだったんですね~。渋い!
    パンツ黒でスパッツもグレー。
    やっぱり統一性のあるコーディネートがいいですな。
    自分もそろそろ色の統一性を意識してポチしたい
    つ、尽きないw

  • To: 忠太さん
    >シュッとしていてカッコ良いっす♪
    自分のボディの方も シュッ
    とさせたいところですが、これがなかなか難しい。
    @食いしん坊
    >深雪ではゲイターがあると安心感ありますよね。
    そう、安心感、違います。
    踏み抜いた時って、雪の下に植物が有る場合がほとんどで、
    木の枝がグサッと刺さる時があるので、足元ガード重要です。
    >よっ、ラッセル隊長!
    意味が分かりません。
    >スノーシュー、是非逝きましょう!
    うーん、悩みちう…

  • To: u10さん
    >Hのロゴを見て、ヘリーハンセンだと思ってましたw
    な、なるほど。(汗
    ヘリテイジは確かに一般的にはマイナーかも。
    行きつけの山ショップに置いてあったから
    これにしただけなんですけどね。
    >自分もそろそろ色の統一性を意識してポチしたい
    人によってカラーありますよね。
    個人的には赤が似合わないので、
    赤が似合う人に憧れてます。
    肉王が赤系ですね。
    >つ、尽きないw
    夏シュラフ欲しいな。
    もう夏の話。w

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    9bota

    The 9th trail. のあるじです。右往左往しています。