よりみちだらけの帰省旅(後編)

大阪を楽しんだ前編はこちら。

よりみちだらけの帰省旅(前編)

2017.01.07

よりみちだらけ というタイトルに偽りなく、よりみちは続きます。

京都

清水寺への参道

大阪から京都に入りました。京都に来たのは何年ぶりかなぁ。でもなんとなく覚えているぞ、この坂の雰囲気、このたくさんの土産屋たち。

真新しい三重塔

清水寺では『平成の大改修』と呼ばれる一大修復プロジェクトが進行中。棟ごとに順次改修を行っており、すでに修復が終わっている建造物は古都には不釣り合いなほどピカピカなのでありました。

言わずもがな清水の舞台

清水寺の本堂は2017年から修復が本格化するとのことで、春には足場で覆われるようです。これから中学校の修学旅行で京都を訪れるであろう 娘MOMO。工事中も通路が確保されて舞台に立つことはできるとの話ですが、工事前の状態を見るなら今しかないと思い今のうちに清水寺にやってきた次第。ちなみに改修は東京オリンピックあたりまでかかるようです。

お線香

お参りしました。

清水の舞台を支えるのは欅の柱

樹齢400年程度の欅の木が使われており、柱としての耐用は樹齢の倍らしいので800年ももつ(!)。次の柱の改修に向けて寺の所有林では欅の木が育てられているということだから、1年先に何をしているのか想像出来ない自分の生き方からすればもう途方も無い話。

甘味

あんまり先の話をしてもしょうがない。今を楽しもう。(笑 もちろん甘味もいただきました。団子のもっちりもおいしいし、わらび餅のやわらかほっちゃりもたまらない。京都の街歩きはこういうのが楽しい。

ほっとするね

抹茶も。お天気よく、外の縁台にすわって。

金沢

お正月!

金沢の実家に帰省して、みんなでお正月を祝いました。

初詣

おみくじ

今年の運勢は ふつう かな。

それが一番いい。

今年もよろしくお願いします。

軽井沢

最後のよりみちは、横浜に戻る途中の軽井沢。渋滞に耐えながら運転するには遠過ぎる距離。例年、中間地点の軽井沢付近で1泊するクセがついてしまいました。

ここは料理がウマいのだ

このペンションを使うのは3回目か4回目かな。宿代が高騰する年末年始も変わらずリーズナブルな値段で、おいしい料理を提供してくれて家族全員お気に入り。オーナーさんの人柄も良く、居心地がいいのであります。

デザートタイム

食事ごとに種類の違うワインを出して頂いて、デザートタイムには甘めのデザートワインを。自家製のワインも仕込んでいて、「まだお客さんに出せるレベルじゃないけど」と、ちょいと試飲もさせてもらったり。ありがとうございます。

毎回 朝の手作りパンが楽しみ

バスケットにいっぱいのいろんな種類の焼きたてパン。お正月は和の味付けが多いので、そろそろ舌が洋の味を求めているということもありますが、ここのパンはウマいんだな、これが。

以上、よりみちだらけの帰省旅でした。

最後に。

9bota
食べてばかりいたら、
体重増えますた。