高松山




2012.1.29、MOMOパパソロ。ある野望を胸に秘め、高松山へ向かいました。
その野望は果たせたのか…?


本日MOMOは漢検へ。MOMOママは付き添いへ。そしてMOMOパパは山へ。(^-^)
薄情な父ですが許して下さい。ご健闘をお祈りしております…。

黒豆号を走らせ東名を下ります。途中、大山でしょうか? すっかり雪化粧。でも本日の行き先は大山ではありません。さらにクルマを走らせ、大井松田ICで降ります。

本日の行き先は高松山。しかも麓から歩かずに、尺里峠までクルマで上がってしまおうという軟弱者らしい作戦です。うひひ。
標識に従って東名の高架下をくぐります。

ここから狭い道をひた走ります…… あれ?。なんだか道を間違えたみたいです。東名を見下ろせる崖の上に上がってきてしまいました。
軟弱作戦への天罰でしょうか。(;_;)

ふう。このあとさらに何回も道を間違えながらも尺里峠へ到着。4台ほど停めれるスペースの一つが空いていました。ラッキー♪
【9:40】

本日のターゲットの高松山801mに対し、ここはすでに標高550m付近。
標高差251m、たった40分で頂上です! THEお手軽トレッキング。(^^)

登り始めはこんなかんじの緩い登りをのたのたと歩きます。

少し登ると視界が開けます。たぶん箱根外輪。

この先は杉が多く、基本的に視界は開けていません。そういえばもうすぐ花粉症の季節ですね。重度の花粉症のMOMOパパの憂鬱な季節が始まります。

この日は朝から曇りがちでしたが徐々に雲が切れてきて、ときおり太陽が顔を出します。登り始めには、フリース/ダウン/ニット帽/手袋を着用して防寒バッチリでしたが、歩いているうちにどんどん暑くなります。着てられませーん。

でも日陰に入るとうっすらと雪が残り、肌寒いところも。

たぶん丹沢。

秦野方面?

もうすぐ頂上と思われます。頂上直下には階段が整備されています。

階段を振り返ると、川の水がきらめきながら、その先の海へそそいでいるのが見えます。
【10:20】

コースタイム通りに頂上に到着~♪ 広ーいです。
山頂には一人の青年がいました。その青年が下山したあとはMOMOパパ独り占め。うほほーい。(この青年に関するエピソードはのちほど…。)

ありがとう、高松山頂上 801.4m。

さて、ついに発表です。今回のMOMOパパの秘めたる野望は…、「富士山を見ながらカップ麺を食べる」なのです。
しかし!
富士山様は雲の中…。やはり軟弱者の願いは叶えられませんでした。(;_;)

それにしても早く山頂に到着しすぎました。まだ10:30なのでお昼には早過ぎます。
だけど、することもないので食べちゃいましょう。(^-^)

本日のランチ。この他にミカンとシュークリームも持ってきました。
(いつものつもりでディズニーのレジャーシートを持ってきましたが、おっさん一人でこれを使うのもなんですね…。)
【11:15】

ランチを食べ終わりましたが、なんだかすっきりしません。楽しみにしていた富士山が見れないのも理由の一つですが、歩き足りないのです! <軟弱者のくせに…
というわけで、今登ってきたコースの反対側の登山道を下った所にある ビリ堂ということろまでピストンしてみます。
ちなみに、クルマを停めた近くにこのような看板がかけてありました。
ちょうどビリ堂コースを登ってきたおじさんが現れたので様子を伺ったところ、危険は感じなかった旨のコメントを頂きました。
とりあえず行ってみます。危険のレベルは人それぞれだし…。



下り始めてすぐ危険箇所・その1に出会います。雪道です。下りだとけっこう滑るのでビクビク。当然アイゼンなんて登山家のようなものは持っていませんので慎重に…。

こちらは、MOMOパパが登ってきたコースとは空気が違い、ひんやり。
大量の霜柱で遊び放題です。

ここらへん、危険箇所・その2です。土が流され、登山道が荒れています。でも危険かと聞かれると、それほど危険なかんじはしません。
傾斜が急なので、ガッツリ登りたいときは断然こっちのコースからアクセスした方が満足できそうです。
【11:30】

ビリ堂さんに到着です。


さて、先ほど山頂にいた一人の青年のお話。
私が山頂に着いたときにその青年から、「若い10人くらいのパーティを見かけませんでしたか?」と質問されました。事情を聞いてみると、今日はそのパーティで登る予定だったけど、遅刻してはぐれちゃったとのこと。(^^;;; 
そのあと青年は、私が登ってきたコースを降りて行きました。
…で、
私がビリ堂に着いた時、ちょうどそれらしいパーティがいたので尋ねてみたところ、ズバリ!あの青年のお仲間でした。(^^)
でも青年は反対のルートを降りて行ったので、このあと合流できたのかな~?
お力になれずゴメンネ。>青年君


【12:00】

このあと再び山頂へ登ってみると、うれしいサプライズ! 富士山登場~♪
少し雲が残っていますが、上々です。(^O^)

本日の野望は「カップラーメンを食べながら富士山を見る」でしたが、「カップラーメンを食べてから富士山を見る」になってしまいました。
ビリ堂までピストンしてからランチにすれば本日の野望が達成できたのに…と、ちょっと悔いが残りますが、良いトレッキングとなりました。
山頂は適度な広さで展望があり、気持ちのいい山でした。環境を整え(トイレや駐車場など)、もっとアピールすれば、もう少し人気の出そうな山になる気がします。多少距離はありますが、駅からもアクセスできるし。
私も次回来る際は、尺里峠からではなく、ちゃんと麓から登ってみようと思います。

カップラーメンのことで頭がいっぱいで、GPSログを取り始めたのは山頂に着いてからでした。スタートが山頂というヘンなログになってしまい、ごめんなさい。



10 件のコメント

  • こんばんは。(^^)
    高松山、なかなかいいとこですね。
    適度な負荷のトレッキングコースと山頂からの眺望と、
    ...カップ麺は必要条件ですね(笑)
    富士山も見れていいなぁ。
    あっ、ディズニーのレジャーシートも悪くないですが、
    100均のレジャーシートと折りたたみザブトンもお勧めですよ。(^^ゞ

  • おはようございます。
    ちょっとだけ雪がある低山ハイク、いいですね。
    こういうのをやりたいんだけど、こちらの方には手頃な山が無いんですよ。
    雪はめったに降らないからね。
    オヤジ一人でディズニーのシート、いいねぇ。
    絵になります。(笑)

  • こんにちわ!
    富士山見ながらか~
    何せ日本一ですからね
    高松山なかなかいい所ですね
    体調に合わせて車で登ったり、歩いて登ったり
    マイペースが一番
    寒い時期は折りたたみ座布団がいいかな

  • こんばんは。
    うんうん、こういう「男の一人旅シリーズ」、
    たまには(お互いに)やりましょう。
    そんな中にもディズニーシートのようなユルさ
    が残ったりして、最高です。
    ウチもディズニーランドおみやげシートだった
    気が…
    我々には、「PEAKS」に出てくるようなかっこ
    いいソロ山行はムリなのか!?。

  • To: mocchanさん
    はい。カップ麺は必須です。(^^)
    今度は、10種類くらいのカップ麺をザックに入れて、
    頂上に着いた時の気分でどれを食すかを決める!
    という企画にもチャレンジしたいと思っています。(笑)
    100均のザブトン、うちにもある気がします…。

  • To: とーとさん
    この季節、『無雪以上~雪山未満』といった状態の山で、
    子連れで安全に登れる山が近場にあると、シアワセですね。
    チョー女の子キャラ(プリキュアなど…)のレジャーシートだったら
    さすがにおっさん一人では躊躇するかも…。(^^;

  • To: yootaさん
    はい。なぜか富士山が見えるとシアワセになります。
    この時期のレジャーシート1枚は、おしり冷たかったっす…。(;_;)
    次回は座布団検討します~。

  • To: nsyおやじさん
    はい~、おっさん旅しましょう~。(^^)/
    「ソロ」って書くとかっこいいけど、「一人」て書くとちょっと寂しいですが…。
    それにしても、最近の雑誌に出て来るアウトドアーな方々はカッコイイですね。、
    道具もこだわってるし。
    まあ、ぼちぼち行きましょう。お互いに。

  • えーこんな山知らなかった。
    神奈川って結構山あるんですね。
    軟弱者のくせに物足りない…
    わかる、わかりますその気持ち。
    最初はびびって、この程度でいいやって登ってきたのに、
    山頂に着くと物足りない。
    私もやったことあります~。
    10時半にカップ麺とおにぎり2とシュークリームとミカンは明らかに食べすぎです。
    フードポリスより。

  • To: HOKUさん
    高松山、
    当然私も知りませんでしたが、キキさんのところで知りました。
    やはり子連れ山行情報はキキさんです。(^^)
    (今回は子連れじゃないけど…)
    To: フードポリスさん
    うちの女性陣(ムスメ、ヨメ、ハハ)からさんざん言われてますが、
    フードポリスさんからスバッと『食べすぎ』と言われると、
    ダメージでかいッス…。(;_;)
    by 炭水化物と、甘味と、少々のお酒が好きなMOMOパパ…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    The 9th trail. のあるじです。右往左往しています。