蓼科山 (2)



2015.2.11、雪の蓼科山に行ってきました。冬は意外と短い。登り急いでるわけじゃないけれど、編笠山の次はどこに行こうかなと思っていました。「編笠山が八ヶ岳の南端だから次は北端を狙ってみたいなぁ」

編笠山

2015-02-10
というわけで行き先は蓼科山に決定。そんなおり、雪山アタックしたがっているオッサンたちがいるという噂を聞きつけ、お声かけしたところ参加者2名をゲット。3人で蓼科山にアタックしてきました~。

核心部は駐車場確保

蓼科山は人気の雪山

蓼科山は人気の雪山

女神茶屋にそこそこの台数が停められる駐車場があるものの、休日は早い時間に満車になり、出発が出遅れると駐車できないという噂。蓼科山登頂の最初の難関はこの駐車スペースの確保かも知れません。今回、わたしと mokaさん は東京から黒豆号に乗り合わせて現地入り。7:00前には女神茶屋に到着できたので駐車することができましたが、すでになかなかの賑わい。

雪が似合う

雪が似合う

ほどなくして MITSUさん も到着。クロスオーバーカッコいい!雪が似合う! 7時過ぎにはメインの駐車場はほぼ満車になっていました。みんな朝早いなぁ。

朝焼け

朝焼け

到着時は薄暗かったけど、準備していると徐々に日が昇ってきて、木々の向こうの空が赤紫色に染まっていました。いい雰囲気♪

いきなり登り

えっさかほいさ

えっさかほいさ

女神茶屋から蓼科山山頂まではほぼ一直線の登りです。登山口からすでに十分な雪があったので、(背負うのも重いし)アイゼンを最初から装着して出発です。mokaさんの赤いピッケルがカッチョいい!

大きな熊棚

大きな熊棚

このコースを通るハイカーたちが必ず見上げて行きます。この熊棚を作ったのはクマだな…、失礼。

トレースしっかり

トレースしっかり

人気のコースゆえ、よく踏まれています。黙々と登り、気がつくと展望が楽しめるほど登ってきています。でもちょっと全体的にガスっていて景色はイマイチかな。

おやつタイム

おやつタイム

最初の急登を登りきり、2113m ポイントまで来ると一旦フラットに。ここで小休止。「ウマーイ!」MITSUさん自作のシリアルバー を頂きました。作り方はけっこう簡単みたいですね。今度やってみよう。

大きい...

大きい…

再び歩き始めると、樹林帯の向こうに蓼科山が壁のように立ちはだかっているのが見えました。この先本格急登です。気を引き締めて行こう。

本格急登

ガシガシ

ガシガシ

前爪を効かせながら登ります。南ヤツが見渡せるようになってきました。

ぷち霧氷

ぷち霧氷

周辺の木々にエビのしっぽは無く、カワイイ霧氷状態。この蓼科山の南斜面は冬期は北風があまりあたらないからかな。それも雪山初心者向けと言われてるゆえんなのかな。風が無いので良い汗かけます。

なかなかの斜度

なかなかの斜度

でも雪山初心者向けってホント?と思うほど、斜度はなかなかのものです。10本爪とは言え軽アイゼンで爪が浅い mokaさんは苦戦中。途中、他にも軽アイゼンで登っている方々がいましたが、さすがに今回のように斜度があるコースだと大変そうでした。

MITSU△

MITSU△! (訳:MITSUさんカッケー!)

さすが我らがグルトレのエースです。壁に近い急登になるほど燃えるようで、ガシガシモリモリ登って行きます。もうそろそろ稜線に出そうです。

ビュー!

ビュー!

樹林帯を抜けて稜線に出た途端、風ツエー。(泣 バラクラバ被りました。山頂方向はガスっているものの、車山や霧ヶ峰の麓の方はなんとか見渡せて気分爽快。ボーっと景色に見とれていると、
9bota
ハッ! 何やら背後にオーラを感じる…
げんさん!

げんさん!

山めしの げんさん!お久しぶりです~。なんと、こんなところで下山途中のげんさんに遭遇してしまいました。すごい偶然。いや~それにしてもフードをかぶってマスクして、ほとんど顔が見えない状態なのに、げんさんだと気づかせてしまうオーラを発するとはさすがです。

超強風&低温

稜線歩き

稜線歩き

樹林帯を抜けてからは蓼科山名物の大きな岩が顔を出す稜線歩き。あまり危険な箇所はありませんが、強風でバランスを崩して転倒滑落しないように注意しながら進みます。コースには赤ポールがあるので、視界が悪い時はこれを頼りに。

蓼科山頂ヒュッテ

蓼科山頂ヒュッテ

蓼科山頂ヒュッテが見えてきましたが、埋もれてます…。

ガスワンダー!(涙

ガスワンダー!(涙

山頂キター! でもガスワンダー!(涙 蓼科山は3年半前の夏にファミで来て以来。独特の岩が連なる広々した山頂は健在でした。覚悟はしてたけど、遮るモノが何も無く、強風と低温で長居はできない状況です。

蓼科山

2011-12-18
陽の光

陽の光

時々雲の切れ間から陽の光が差し込みます。風でどんどん雲が流れてるようですが、ガスが切れるのを待つのもツライ状況。

記念撮影

記念撮影

3人揃って記念撮影。ヤッタね!そう言えば、

  • moka
  • MITSU
  • MOMO家

と、なぜか頭文字が『M』の3人が揃いましたね…。でも今回はノートラブルでエクストリームレスでスムースな登頂でした。

下山開始

下山開始

あわよくば、山頂でランチを、と思っていましたがもう無理。この厳しい環境じゃ生きていけません。下山開始です。ありがとう蓼科山~。

シリセード中

シリセード中

雪の下山は早い。シリセードも織り交ぜながら、さっさと下山。あ、あれは…。途中、向こうの尾根に赤い三角屋根が見えました。

樹林帯は平和

樹林帯は平和

樹林帯は平和。結局、昼食をとる間もなく、駐車場まで一気に下山しました。

八子ヶ峰は展望台

八子ヶ峰へ

八子ヶ峰へ

予定よりかなり早く下山してしまったので、八子ヶ峰のヒュッテアルビレオまで行ってみることにしました。そう、下山途中に見えていた赤い三角屋根のヒュッテです。

足が重い...

足が重い…

気分的な問題が大きいと思いますが、一旦下山してからまた登るってキツいですね。八子ヶ峰は軽いコースのはずですが足が重い…。でも、八子ヶ峰の尾根に出る頃には周辺の山々からガスが取れてスッキリ! 蓼科山の山頂までクリアに見えます。キャッホイ!

好展望

好展望

南ヤツのメジャー級の山々もキレイに見えました。八子ヶ峰は展望がスバラシイですね。

赤い三角屋根

赤い三角屋根

青く深い青。白く輝く雪。そこに赤い三角屋根が見えてきました。

ヒュッテアルビレオ

ヒュッテアルビレオ

アルビレオと、その背後に蓼科山。アルビレオは冬期休業中でしたが、夏、避暑ハイキングで来てみたいな。

ランチタイム

ランチタイム

蓼科山が見える小屋の裏手でランチタイムにしました。さっき登頂を果たした蓼科山を見ながらのランチは格別ですね。

おっさんたち

おっさんたち

充実感漂うオッサン3人の背中。最高だね。

充実感

充実感

良い山行でした。



14 件のコメント

  • おはようございます!
    時間的には短いながらも
    充実した山行だったんですね~。
    ピッケルのカッコよさ、男こころをくすぐります。
    真っ青な空の下、登頂したばかりの山を見ながらの
    ラーメン、最高でしょうね(^^)
    それにしても駐車場確保が第一の難関とは…。
    自分だったらその時点でめげちゃいそうです(笑)。

  • こんにちは(^0^)
    >壁に近い急登
    そんなところをガシガシいいペースで登られるお父さん達。。。
    頼もしいですね~♪♪
    さっきまで居た山頂を眺めながらのランチ。。。最高のロケーションですね(^ш^)
    ところどころに散りばめられた。。。
    ダジャレ的MOMOパパさん節に。。。笑わせていただきました!!

  • こんにちは~
    ほんと楽しかったですね^^
    強風もありましたが、それも含めてよい経験だったかなあと。
    お声がけありがとうございましたww
    さて、次はどこいきましょうか(笑)
    あっ、反省会かっ

  • こんばんは
    お疲れさまでした。
    いやぁ~楽しそうな山行ですねぇ^^
    そして、山行後のラーメンはうまいですよねぇ。
    お疲れさまでした。

  • いいなー 行きたかったなー(涙
    この日はあまり風が強くない予報だと思ってましたが、それでも強風でしたか。
    やはりここは風の通り道なんですかね?
    あわよくば父子で、と思ってましたがよほど好条件じゃないと厳しいかな(^^;
    ガシガシ歩きたい!

  • To: Ameさん
    >ピッケルのカッコよさ、男こころをくすぐります。
    なぜかピッケル持つと強くなったような気がします。
    気のせいだと思いますが。w
    >登頂したばかりの山を見ながらの
    勝者の気分です。(^^
    >それにしても駐車場確保が第一の難関とは…。
    ここ、けっこう倍率高いんですよね。
    みんな早起きスゴイです…。

  • To: もえここさん
    >頼もしいですね~♪♪
    まったくスゴイです。
    ボク以外は…。
    >さっきまで居た山頂を眺めながらのランチ。。。
    さっきまであそこにいたんだなぁ、なんて、
    ニヤニヤしながらのおいしいラーメンでした。
    >ダジャレ的MOMOパパさん節
    失礼!(涙

  • To: mokaさん
    >ほんと楽しかったですね^^
    雪に目覚めましたね。(^^
    >強風もありましたが、それも含めてよい経験だったかなあと。
    装備がちゃんとしてれば、強風でもなんとかなりそうですね。
    もちろん穏やかな天気を望みますが。(^^;
    >あっ、反省会かっ
    次回候補地選定も、反省も、両方大事ですね。w

  • To: tatudayoさん
    >いやぁ~楽しそうな山行ですねぇ^^
    一気にぐわっと登って、さっと下りてきたかんじですが、
    気持ちよかったです。(^^
    >山行後のラーメンはうまいですよねぇ。
    山頂で食べてたら、冷やしラーメンになってたと思います。
    強風!

  • To: 忠太さん
    >いいなー 行きたかったなー(涙
    よかったですよ~。(^^
    >やはりここは風の通り道なんですかね?
    樹林帯はずっとほぼ無風だったんですが、
    稜線に出るとスゴかったです。
    >あわよくば父子で、
    天候も重要ですが、
    このコースは軽アイゼンだとかなり難儀しそうでした。
    でも子供くらい身軽だと、ひょいひょいいけるかも。(?)

  • おはようございます
    蓼科山おつかれさまでした^^
    天気はもう少し回復が早ければというところでしたが、無事にピークを踏めてよかったですね~
    冬山の世界は恐ろしくも楽しくて、はまりそうです
    次はどこに行けるか、反省会兼作戦会議しましょう
    またよろしくお願いします!

  • トラブルもなく激しいのもなく・・・
    どうしちゃったんですか、Mパパさん!!らしくないですよ~w
    無事、山頂ゲットおめでとうございます(^^
    八子ヶ峰までいただいちゃうなんて、貪欲なんだから。。
    次こそは参加したいと思います。
    装備をポチっと….

  • To: MITSUさん
    >天気はもう少し回復が早ければ
    下山開始したらガスが晴れてきた気がするのは気のせいでしょうか。
    ひょっとして誰かガス男?w
    >冬山の世界は恐ろしくも楽しくて、はまりそうです
    雪山ってスペシャル感ありますよね。
    登頂した喜びも格別。(^^
    >反省会兼作戦会議しましょう
    ラジャー!

  • To: u10さん
    >トラブルもなく激しいのもなく・・・
    これが本当の私の姿です。
    THE・ノートラブル!
    Mr.ノーエクストリーム!
    >八子ヶ峰までいただいちゃうなんて、貪欲なんだから。。
    つい登り始めたんですが、もう下山した気分になりきってしまったので、
    えらくキツい登りに感じました。(涙
    >装備をポチっと….
    『装備レス』という
    新しいジャンルのエクストリームを切り開くと言う手もあります。w

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    The 9th trail. のあるじです。右往左往しています。