赤岳・横岳・硫黄岳(後編)




2012.8.24~25、八ヶ岳の赤岳、横岳、硫黄岳を歩いてきました。
険しい赤岳越えの前半はこちら
1日目は行者小屋から中岳のコルに上がり、赤岳を越えて赤岳展望荘に小屋泊した MOMOパパ。2日目は、こちらも険しい岩稜で知られる横岳越えと、ゆったりとした稜線の硫黄岳のピークを踏んで下山する予定です。2日目も天気にめぐまれ、最高の山行になりました。(^^
後編は、2日目の朝からのスタートです。


【4:30】真っ赤な赤岳

2日目の朝は張り切って 4:30 起床です。というのはウソ w。周りの早起きさんたちのガサゴソ動く音で目覚めました。「御来光は 5:00過ぎだからまだ早いよ~、ネムネム……」と思いつつも、もう寝てられないのでわたしも起き出しました。今回は大部屋だからしょうがないね。
でもこの『早めの早起き』は大正解。(^^) 外に出てその美しさにオドロキ。濃紺の空と、赤い太陽のグラデーションが素晴らしい。今まで御来光を拝むときは、もうちょっと遅い時間に外に出て来ていたので、空がもっと明るくなってしまっていましたが、こんなにキレイな濃紺の空ははじめて。

少しずつ空の色が変化して行くのを感じます。適度にかかっている薄雲に朝焼けの太陽の光が当たって、それがイイかんじ。

丸い太陽の先っちょが出て来たよ。
それにしても、この日の朝焼けは見事。今まで見た御来光の中で、一番赤いです。

太陽は、想像よりもずっと速い速度で、あっというまにその全ての姿を現します。
太陽キター! (^O^)/
半分眠っている体には、その光からスゴいパワーを感じます。

そしてこの瞬間、今回密かに狙っていた1枚を撮ることができました。それは、
真っ赤な赤岳!
前編にて、今回の宿の選択理由について、『明日の朝のお楽しみのために展望荘にしました。』と書きましたが、これがそのお楽しみだったんです。(^^) 自分自身が赤岳の頂上に立っちゃうと、赤岳を撮れないですからね。でも、こんなに見事な朝焼けになって、こんなに狙い通りに真っ赤な赤岳が撮れるなんてビックリ。

5日前に登った富士山も朝焼けの中にいます。ちょっと遠くて分かりにくいですが、『縁起の良い赤富士』ということにしましょう。(^^

小屋に戻って朝ご飯。もちろん朝からおかわりですっ。今日もいっぱい歩くぞ~。


【6:10】出発 そして横岳アタック

身支度を済ませて赤岳展望荘を出た頃には、太陽はすでに高い位置。さっきまでの見事な朝焼けはもうすっかり消えていました。足下に見えるのは清里付近でしょうか。山々の間にふわっと雲がかかって、現実の光景じゃないみたい。

こちらもさっきまで真っ赤だった赤岳。先ほどまでのから一転、山肌を覆うと、空のさが清々しい。
今日も一日、良い天気になりそうです。出発!

出発してすぐに地蔵尾根。尾根を下ると行者小屋に出ますが、早くも今日のメインイベントの横岳アタックに向かいます。
横岳は険しい岩稜で知られ、ここから先は気を抜けません。マジで。
まだ体も暖まっていないので、慎重にいきましょう。マジで。

本日最初の登りはこちら。(冷汗
登攀コースにピンクのラインを描いてみました。ところどころに先行者が見えます。
うしっ、いくぜっ。(ちょっと緊張…)

手を使ってガシガシと岩を登って行きます。ハシゴにクサリ場もたーくさん。

ちょっと一服して、来た道を振り返ります。赤岳頂上小屋と、さっきまでいた赤岳展望荘がはっきりと見えるよ~。八ヶ岳の核心部の稜線は、やはり険しい。けど、楽しい。(^^

まだまだ続くよ岩稜地帯。「うわー、あんなところ登ってるよ~。(^^;;;」って、自分もこれから登らなきゃ。

横岳はハシゴが多い。だけど、慌てないでゆっくり行けば大丈夫。

きゃいーん。 着いたよ横岳頂上。 (ちょっとコワレ気味。w)
赤岳展望荘を出発してから約1時間。高低差はほとんどないので体力的な登り疲れは無いんですが、集中していたせいか精神的に疲れていたような気がします。横岳のピークをゲットしてほっと一息。富士山もキレイに見えてます。

でもまだ気を抜くには早いんです。最後に『カニの横ばい』という難所が。(冷汗
落ちたらほんとにヤバいんですよ。このときは絶対にクサリから手を離せません。カニカニ…。

もうちょっとカニカニ…。
無事クリア! ほっ。(^^;


【7:45】癒しの硫黄岳

険しい横岳を無事にクリアすると、目に入ってくるのはやさしそうな丸い形の硫黄岳。
今まで通って来た道に比べると、スキップしながらでも行けそうです。(爆

硫黄岳から赤岩の頭への稜線を歩く登山者たち。気持ち良さそう~。(^^
そしてその奥には北アルプスが。槍ヶ岳も見えるよ~。(^O^)/

横岳と硫黄岳の間の稜線上に硫黄岳山荘があります。こちらの山荘も良さそうだな~。
今回宿泊した赤岳展望荘の周りにもコマクサが咲いていましたが、こちらの硫黄岳山荘の近辺もコマクサの群生が見られるところ。8月後半はすでに花期が過ぎていて残念でしたが、ピークの時期はさぞ見事なことでしょう。

硫黄岳山荘から硫黄岳頂上までは登りが続きます。先ほど『スキップでも行けそう』と暴言を吐きましたが訂正します。スキップは無理です、すいません。コース上には石や岩が多く、どれも浮いたようなかんじなので、足下が不安定なんです。

ここには石を積み上げたケルンが一定間隔で築かれています。このような、どこがコースか良くわからないビローンとした山では、ケルンが重要な役割を果たしそうです。ガスが出て来たらすぐに道に迷ってしまいそうですから。

ちょっと振り返り、さっき歩いて来た横岳から硫黄岳への稜線を眺めます。あそこはとっても気持ちよかったな~。硫黄岳ってやさしい雰囲気だよな~、

と思っていたところでしたが、硫黄岳の北側の様子を見てビックリ。こんなにも激しくエグられた断崖絶壁が。今回の山行で、落ちたらコワいランキングをつけたら、1、2を争えるでしょう。(^^;

足下の崖を見てるとコワいので、遠くに目をやると天狗岳や蓼科山が。すぐ近くに見えるので、あそこまですぐに行けちゃうんじゃないかという錯覚が。(^^;;;

そうこうしているうちに硫黄岳ピークゲット~。(^^)v
硫黄岳の山頂部はゆるーいかんじで、みなさんそこかしこに座って、景色を楽しんでいました。これで、今回の山行で計画していた山のピークはすべてゲットできました。これから下山するのが惜しいほどのいい天気&景色です。


【8:30】下山開始

眼下には赤岳鉱泉の建物が見えます。その先にはこのあと歩くであろう樹林帯が広がっています。

あらためて、今回歩いた山々。よく歩いたな~、最高だったな~。(^^

硫黄岳から下り始め、白い砂混じりの赤岩の頭へ。ここから見上げる硫黄岳はシャープな印象でカッコいいね。稜線上には点々とケルンが見えますね。

しつこいくらい何回も、今回歩いた山々を眺めます。
この先、樹林帯に入るため、今回歩いたコースを間近で見るのはそろそろ見納めです。
右から、中岳、赤岳、横岳。自分が歩いのを思い出して悦に入ります。w
ここ全部歩いたんだよ~。(^^)v

展望が無い道を、どんどん下りて行きます。
今日は土曜日だからか、山頂を目指して登ってくる人がたくさんいました。

沢に出て、しばらく行くと建物が。

赤岳鉱泉に着きました。昨日の行者小屋もそうでしたが、立派な建物です。

こちらでちょっと休憩。宿泊、軽食、水場、テン場もあります。
ここまでで、傾斜がキツいところはほぼ下りきってしまったので、この先はのんびりと歩けます。

鉄分が多い鉱泉の影響なんでしょうか?近くの沢が赤いです。昨日の南沢コースとは対照的に、この北沢コースは日当りがイイですね。

土曜日は人が多いんですね。美濃戸口から美濃戸への道の入り口には満車の案内が。
ふい~、無事に帰って来たよ、黒豆君。

下山後、立ち寄り湯に入り、この2日間の疲れを癒します。
田園風景の先に連なる八ヶ岳。いい山行になりました。
いつの日か、ファミであの稜線歩きができる日が来るかな~?


■赤岳(2899m)
■横岳(2829m)
■硫黄岳(2760m)
◆歩行標高差 1409m
◆タイム
8/24
【8:30】美濃戸口
【10:00】美濃戸
【12:00】行者小屋
【13:40】中岳のコル
【13:50】中岳頂上
【14:40】赤岳頂上
【15:20】赤岳展望荘着
8/25
【6:10】赤岳展望荘発
【7:15】横岳頂上
【7:45】硫黄岳山荘
【8:15】硫黄岳頂上
【9:45】赤岳鉱泉
【11:15】美濃戸
【12:00】美濃戸口
赤岳頂上小屋から赤岳展望荘の区間、ロガー止めたままだった…。(^^;


今回の山バッジたち。メジャー級の3座をゲット。
(中岳のバッジは見当たりませんでした…。だれかご存じないですか?)

山バッジ『赤岳』。赤岳展望荘で購入。



山バッジ『横岳』。美濃戸山荘で購入。



山バッジ『硫黄岳』。硫黄岳山荘で購入。



32 件のコメント

  • こんばんわ、けいすけです。
    赤岳、横岳、硫黄岳、それそれ表情が違う山ですねっ
    それにしても朝日でまっかな赤岳、
    富士山のシルエット、すばらしい景色ですねっ。
    山に上がらなければ見れない景色、
    超羨ましいです。
    来シーズンは登れるように調整しようと心に決めました! 今!
    でもすぐに折れちゃうかも(笑)

  • こんばんは。
    南八ヶ岳縦走、いいですね~。
    変化に富んだルートでとっても楽しそうです。
    二日間とも天気に恵まれて素晴らしい山行になりましたね。
    こんないい条件で歩けるなんてなかなか無いですよ。

  • おぉ~、素晴らしいご来光ですねぇ。
    赤く染まる赤岳もありそでなかなか見られない光景
    かも。
    レポありがとうございました。
    おやじソロ、最高ですな!!
    しかし…迫力ありすぎて、なかなかMOMOちゃんを
    連れてくる気分にもなれないでしょうか。
    ウチはやっぱり北八ツからじっくり経験していくしか
    ないかね~と思いました、はい。

  • きゃいーん。
    分かります、壊れちゃうのも無理ないです。
    だってだって、アレ全部歩いちゃったんですから!
    美しすぎます、
    MOMOパパレポなので、絵はがきよりも近く感じます。
    こんな場所に行ったんですね。
    ワタシ、いつか歩くことあるかなあ。
    歩かないともったいないような、でも夢のような話。
    こんなにいいお天気なのってなかなか無いのでは?
    羨ましいです☆

  • すっごい良い夜明けのでしたね~。
    天気もよくってまるで歓迎されているようですね!!
    また、イモト見た後にMOMOぱぱさんのブログ拝見中です。
    来年あたりマッターホルンですかね^^
    写真見てるだけでも気持ち良いけど、ほんと登りきったMOMOぱぱさんは
    とんでもなく気持ちよかったと思います。
    おかげさまで、山登りへの興味が少しづつでてきた我が家は、
    週末にアスレチックでピークゲットしました(笑)

  • こんにちは。
    暁の空はとんでもなく蒼いですね!
    赤い赤岳も清里上の雲海も幻想的。
    硫黄岳からの眺めも迫力満点ですね。
    八ヶ岳は広くて変化もあるし、何度も楽しめそうですね。

  • こんばんは
    赤岳の赤、昨日のイモトのマッターホルンを思い出しました
    実物見たいな~
    家族で行くにはなかなか険しいコースですね
    いつかは行きたいですが、とりあえず、このレポで満足しときます(笑
    写真満載の素晴らしいレポ、ありがとうございました!

  • こんばんは(^0^)w
    思わずため息が出そうな
    見惚れる景色ばかりですね♪♪
    額に入れるなら、いい写真ばかりで選べなくなりそうです(笑)
    赤岳と硫黄岳って対照的な山容ですよね~
    どちらも好きです(*^-^*)
    お天気に恵まれて素敵な山行になりましたね♪♪

  • こんばんは。
    ほんっとに!良い山行でしたね~!!
    まさに
    現実とは思えない景色が満載でした。
    羨ましいです!
    私もいつか・・
    でも、“カニの横ばい”はちょっとキッズにはキケン?ですかね。
    MOMOパパさん
    すっかりとハシゴ&クサリの虜ですね!

  • To: けいすけさん
    >赤岳、横岳、硫黄岳、それそれ表情が違う山ですねっ
    それぞれ特徴があって、とっても楽しめました。(^^
    すぐ隣の山なのに、ぜんぜん違うんですねー。びっくりです。
    >それにしても朝日でまっかな赤岳、
    >富士山のシルエット、すばらしい景色ですねっ。
    あーざーますっ!
    ほんとに見事な景色で、自分だけで見てるのが申し訳ないくらいでした~。
    >来シーズンは登れるように調整しようと心に決めました! 今!
    >でもすぐに折れちゃうかも(笑)
    富士山とセットで、夏の思い出にいかかでしょう?(笑
    けいすけさんなら、来年きっと…。

  • To: とーとさん
    >二日間とも天気に恵まれて素晴らしい山行になりましたね。
    >こんないい条件で歩けるなんてなかなか無いですよ。
    まったく、私一人で歩くにはもったいないくらい素晴らしい天気での山行でした。(^^
    天候がイイと、気分もイイし、どこまででも歩いていけそうな気になりますね~。
    次回は南端から北端まで八ヶ岳縦走するぞーっ!
    って冗談を言えるくらい、いい山行でした。(爆

  • To: nsyおやじさん
    >レポありがとうございました。
    >おやじソロ、最高ですな!!
    どういたしまして~。w
    御来光も、赤赤岳も、赤富士も、どれも最高でした~。
    おやじ万歳!
    >しかし…迫力ありすぎて、なかなかMOMOちゃんを
    >連れてくる気分にもなれないでしょうか。
    そうですね…。今の我が家では、子連れでこのコースは無理だと思います。(^^;
    あと数年後、小学校高学年くらいでなんとか行けるかも?
    でも体力的には問題なくても、
    高所でのクサリ&ハシゴで立ち往生しちゃう可能性もあるので、
    判断は慎重にしないといけないですね。

  • To: 牡蠣子さん
    >きゃいーん。
    >分かります、壊れちゃうのも無理ないです。
    ぐふふ。歩いたったで~。(壊
    >美しすぎます、
    >MOMOパパレポなので、絵はがきよりも近く感じます。
    >こんな場所に行ったんですね。
    あーざーます~っ♪
    ブログだとどうしても画像の大きさに制限がでちゃいますが、
    それでも何か感じて頂けたら嬉しいです。(*^^*)
    >ワタシ、いつか歩くことあるかなあ。
    >歩かないともったいないような、でも夢のような話。
    うちの場合、娘が小1のころにファミで初めて高尾山に登って、
    今、小3でようやくいろいろ行けるようになってきたところです。
    子連れで山歩きするブロガーさんたちは、
    パパさんかママさんがかつて山歩きの経験がある場合が多い気がしますが、
    うちの場合、正真正銘の家族全員初心者からのスタートです。(^^
    ツライこともある山歩きだけど、素晴らしい景色に出合うこともできて、
    いろいろ含めてとっても楽しいです。(^-^)

  • To: はるパパさん
    >また、イモト見た後にMOMOぱぱさんのブログ拝見中です。
    うちも、娘と一緒にイモト見てました~。(^^
    比べちゃいけないけど、マッターホルンはケタ違いですね。(汗
    >来年あたりマッターホルンですかね^^
    マッターホルンが見える所には行ってみたいですね。
    登ると言っても、 石ちゃんのように試験で落とされるでしょう。w
    >週末にアスレチックでピークゲットしました(笑)
    おぉ、おもちゃ王国の『角』を制覇したんですね! 祝!! (笑

  • To: 大空を自由に舞う小鳥さん
    >赤い赤岳も清里上の雲海も幻想的。
    >硫黄岳からの眺めも迫力満点ですね。
    どれもこれも、素晴らしい景色の連続で、感動しまくりでした。(^^
    >八ヶ岳は広くて変化もあるし、何度も楽しめそうですね。
    そうですね~、いいお山がたくさんあるし、
    周辺にはキャンプ場やおいしいお店やレジャースポットもたくさんあるので、
    これからもお世話になりそうです。(笑

  • To: MITSUさん
    >赤岳の赤、昨日のイモトのマッターホルンを思い出しました
    >実物見たいな~
    うちも父子でイモト見てました~。(^^
    さすがにマッターホルンはムリですが、
    アルプスの麓くらいには是非行ってみたいですね。
    スケールが違うんでしょうね~。
    >家族で行くにはなかなか険しいコースですね
    >いつかは行きたいですが、とりあえず、このレポで満足しときます(笑
    うちも、今の実力ではファミで行くのは難しいな、という印象でした。
    八ヶ岳は他もにいいお山がたくさんあるので、安全に楽しめる所から
    歩いてみたいと思います。(^^
    >写真満載の素晴らしいレポ、ありがとうございました!
    こちらこそ、コメありがとうございました!(^^

  • To: もえここさん
    >思わずため息が出そうな
    >見惚れる景色ばかりですね♪♪
    >額に入れるなら、いい写真ばかりで選べなくなりそうです(笑)
    ありがとうございます~。
    ほんとにいい景色ばかりで、
    自分が今いい景色の中にいることがたまらなく嬉しかったです。(^^
    >赤岳と硫黄岳って対照的な山容ですよね~
    >どちらも好きです(*^-^*)
    一度の山行で、こんなにも対照的な山を歩けるなんて、そうそうないかも?
    と思いました。どちらもキャラがあっていいですよね。(^^
    >お天気に恵まれて素敵な山行になりましたね♪♪
    はい、ありがとうございます~♪

  • To: ゴードさん
    >ほんっとに!良い山行でしたね~!!
    >まさに現実とは思えない景色が満載でした。
    同じく、歩いてる最中にふと、これ現実?
    と思ってました。(^^;;;
    >でも、“カニの横ばい”はちょっとキッズにはキケン?ですかね。
    我が家の小3の実力では、今はまだムリだと思います。
    体力的にはもう問題無いと思うんですが、高所での精神面と、
    あとはジャングルジムでハシゴの練習でもしなきゃ。(笑
    >すっかりとハシゴ&クサリの虜ですね!
    ビバ! ハシゴー!
    ビバ! クサリー!
    失礼しました。w

  • こんにちは^^
    ほんと素敵に景色の写真ばっかりですね~~♪
    八ヶ岳、MOMOパパさんのレポで
    すっごい行きたくなりました♪♪
    特にヨコバイ・・・・・^^
    娘、大丈夫かな・・・(汗)
    ご来光、私も太陽が出てくる前のグラデーョンが好きです♪
    MOMOパパさん、ソロの時の晴れ率高いですね~(ウラヤマシイ。。)

  • お疲れ様でした(^-^)/
    素晴らしい山行でしたね。朝焼けの空が山が美しいですね。
    写真で見るのと実際に見るのでは全然違うでしょうね。
    九州にはこんな山々はありませんが、いつかそんな所へ行ってみたいです。

  • こんばんは。
    いやあ、今回もハシゴ&クサリ場全開ですねえ。
    赤岳、横岳、硫黄岳、やっぱり写真きれいで、迫力もありすぎっ!
    あの断崖絶壁は硫黄岳の北側だったんですね、ドーバー海峡かと思いましたわ。 ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
    緑のじゅうたんの先の八ヶ岳、平地から眺める山の風景も良い感じ~、幸せな気持ちになります。^^

  • どもですw
    連ちゃん書き込みご容赦です。
    赤岳、横岳、硫黄岳縦走、お天気最高、気温も涼しくて最高のお山日和でしたね~
    赤岳展望荘の朝食もなかなか美味しそうっす!!
    帰りは、北沢ルートですか。いや~このレポ見てたらまたお山に行きたくなってしまった(汗)

  • To: なみ嫁さん
    >ほんと素敵に景色の写真ばっかりですね~~♪
    >八ヶ岳、MOMOパパさんのレポで
    >すっごい行きたくなりました♪♪
    ありがとうございます~♪
    なみへいさんちからだと、八ヶ岳遠いのかしら?いや、でも、白馬より近いか。(^^
    ヤツ周辺には、カフェ、レストラン、ショッピングなど、オシャレスポットも
    多そうなので、そちらも楽しめそうですね♪(マ、マネーが…汗)
    >特にヨコバイ・・・・・^^
    >娘、大丈夫かな・・・(汗)
    うちのMOMOと同じ小3ですよね~。行く気まんまんでスゴいですっ。
    パニクったり、ビビって足が出なくならなければ、大丈夫と思うんですが…。
    うちの場合、おかーちゃんのほうがパニクる懸念アリ。(汗
    >MOMOパパさん、ソロの時の晴れ率高いですね~(ウラヤマシイ。。)
    ファミの場合、みんなの予定を合わせて行くので、あらかじめ日が決まっちゃうんですが、
    ソロの場合、自分の予定とお天気だけで決行できるので、
    まず晴れの日にしか出撃しないですね~。
    負け戦には挑まず…。w

  • To: 省吾さん
    >素晴らしい山行でしたね。朝焼けの空が山が美しいですね。
    ビューティホーでした~。(^^
    >写真で見るのと実際に見るのでは全然違うでしょうね。
    特に山の稜線は遮るものが無いので、カラダ全体で朝日を感じる~ってかんじです。
    >九州にはこんな山々はありませんが、いつかそんな所へ行ってみたいです。
    そっか…。(-_-
    九州のお山事情にはうといですが、
    たしかに高い山って本州の一部に固まっているので、
    こんな素晴らしい山にわりとすぐ行ける自分って、
    恵まれてるのかも知れませんね…。
    省吾さん、いつか遠征してきて欲しいです~。

  • To: 犬吠埼さん
    >いやあ、今回もハシゴ&クサリ場全開ですねえ。
    >赤岳、横岳、硫黄岳、やっぱり写真きれいで、迫力もありすぎっ!
    いや~、おっさんのいい思い出になりました。(^^
    >あの断崖絶壁は硫黄岳の北側だったんですね、ドーバー海峡かと思いましたわ。 ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
    むかしむかし、爆裂したんですかね~。
    一説では、かつて、八ヶ岳って富士山よりも高かったとか?
    >緑のじゅうたんの先の八ヶ岳、平地から眺める山の風景も良い感じ~、幸せな気持ちになります。^^
    下山して、自分の背丈より高い木に囲まれ、平地に降り立つと、ほっとしました。
    あんな高い山の稜線なんて、本来ヒトが足を踏み入れる場所じゃないのかも知れませんね~。
    でも、そんな現実離れした世界だからこそ、惹かれる~。(^^

  • To: みさきパパさん
    >連ちゃん書き込みご容赦です。
    いえいえ。
    お仕事お疲れさまですー。(こちらも2度目w)
    >赤岳、横岳、硫黄岳縦走、お天気最高、気温も涼しくて最高のお山日和でしたね~
    すいません、って謝るくらい、良い山行でした。(^-^)
    でも、みさきパパさんには、簡単すぎるコースだと思いますっ!
    >帰りは、北沢ルートですか。いや~このレポ見てたらまたお山に行きたくなってしまった(汗)
    おぉ~いいっすね~。
    そろそろ紅葉シーズンだし、次はどちらへ~? (^^

  • こんばんはw
    最っ高の八ヶ岳登山になりましたね。
    私も7月の下旬に長男と同じコースを歩きましたw
    中岳のコルから赤岳までの岩場、楽しいですよね~w
    横岳付近のハシゴや鎖場も胸が高鳴りますよねw
    次回はぜひ阿弥陀岳もどうぞ。結構楽しい(険しい)ですよw
    そして何より八ヶ岳は晴れた日の景色がまたいいですよねw
    赤岳からの阿弥陀岳へ続く稜線や天狗、蓼科山方面の景色が大好きですw
    来年もまた登りに行こうw

  • To: odapapaさん
    >私も7月の下旬に長男と同じコースを歩きましたw
    じつはこのコースに挑んだのは、
    odapapaさん親子がチャレンジしたレポが頭の片隅に残っていて、
    行ってみたいなー、と思っていたからなんです。(^^
    長男君が難なくクリアしたコースですが、けっこうハードでした。(汗
    >次回はぜひ阿弥陀岳もどうぞ。結構楽しい(険しい)ですよw
    赤岳、横岳のハシゴ&クサリ場、楽しいですよね♪阿弥陀も攻め甲斐がありそう。
    阿弥陀にいくときは、美濃戸口から御小屋尾根コースもいいかな、と。
    ちょっとマイナーコースなんですかね?
    >来年もまた登りに行こうw
    うちも難易度の低いところから、ファミで八ヶ岳を楽しんで行こうと思います。(^^

  • 初めまして、ちびるくんと申します。
    すごく奇麗な写真ですねぇ。
    思わず見とれちゃいました。
    いつかこんな奇麗な景色が見れるように、
    いまから体力作りに励みたいと思います(^^;)

  • To: ちびるくんさん
    初めまして~、ご訪問ありがとうございます。(^^
    >すごく奇麗な写真ですねぇ。
    >思わず見とれちゃいました。
    ありがとうございます。ウデはイマイチなんですが、
    良い天気と良いお山に助けられ、良い写真を撮らせてもらいました。
    今後ともよろしくお願いします~。
    ちなみに。
    『ちびるくんさん』と、さん付けすると変なかんじなので、
    『ちびるくん』とお呼びします。(汗

  • こんばんは~^^
    先日は、ご訪問&コメントありがとうございました♪♪
    お気に入り登録をさせて頂きました。
    これからもヨロシクお願いします(*^^)v
    南八ヶ岳の縦走ですね♪♪
    koma家が行った赤岳とはお天気が違ぁ~う( ̄∇ ̄+)
    本当、お天気に恵まれて良かったですね!!
    星空やご来光、真っ赤な赤岳まで見れて
    最高な山行ですよぉ~( ≧∀≦)ノ
    写真もとっても綺麗ですし
    ご家族と見返すのも、またいいですよね(*^_^*)

  • To: komaさん
    >先日は、ご訪問&コメントありがとうございました♪♪
    >お気に入り登録をさせて頂きました。
    >これからもヨロシクお願いします(*^^)v
    こちらこそご訪問ありがとうございます。(^^
    当方も、さっそくお気に入りさせて頂きました。
    >南八ヶ岳の縦走ですね♪♪
    >koma家が行った赤岳とはお天気が違ぁ~う( ̄∇ ̄+)
    >本当、お天気に恵まれて良かったですね!!
    このときは、ほんとに良いお天気で、空の色が違う!
    ってかんじでした。(^-^)
    >星空やご来光、真っ赤な赤岳まで見れて
    >最高な山行ですよぉ~( ≧∀≦)ノ
    真っ赤な赤岳はシャレで狙ってたんですが、
    ほんとに真っ赤になったときはどうしようかと思いました。(笑
    >写真もとっても綺麗ですし
    >ご家族と見返すのも、またいいですよね(*^_^*)
    ありがとうございます~。
    こんどヤツに行くとすると、ファミで天狗にでも行きたいなーと思ってます。
    今後ともよろしくお願いします~。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    9bota

    The 9th trail. のあるじです。右往左往しています。