足踏みライト



古いクルマの部品紹介ブログのようになってきましたが、ヘッドライトのハイローを切り替えるDIPスイッチを交換しました。

DIPスイッチ

足で踏む

今やライトのハイロー切り替えは手元で行うのがあたりまえと思いますが、うちの古いクルマは足踏み式。ハイビームなんてそうそう使わないのであまり問題ないけれど、操作しづらいんだなこれが。パッシングで挨拶 という技はほぼ無理です。

新品

操作しづらいだけならいいのですが、すぐ調子悪くなっちゃうんだなこれが。どう調子が悪いかというと、ハイビームになりっぱなしになってしまうという困ったもの。カチカチ踏み直してもロービームに戻らず、前方のドライバー様どうもすいません。

以前に1回交換しているのですがまた調子悪くなってきたので、ルーカスの新品を入手しました。まだふつうに新品買えるという。

交換

フロアカーペットをはぐってスイッチを交換しました。簡単でした。

ハイロー切替OK。これで前のクルマに迷惑を掛けずに夜間走行できそうです。

9bota
カーペットを噛んでスイッチ不良になる場合もあるそうです。
皆様もお気を付けを。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

The 9th trail. のあるじです。右往左往しています。