立山(後編)



立山(前編)からの続き。
昨日の室堂は、曇りがちな一日でした。
本日の天気はどうでしょうか…。


【5:40】起床

朝目覚めて外を見ると…。雨こそ降っていないが、どよ~んと曇っている……。
【6:10】朝食

テンション上げて、まずは朝ご飯を食べにいきましょう。朝はビュッフェスタイルです。おいしそう。
MOMOパパは貧乏性なので、食べ放題システムの場合、つい取りすぎちゃいます。
【8:00】みくりが池温泉出発

MOMOおじいちゃんとMOMOおばあちゃんは室堂散策のため、一旦ここでお別れです。MOMO Familyは、まずは一の越山荘を目指して歩き始めます。行ってきまーす。
そうそう。本日のお昼はみくりが池温泉でおにぎり弁当を作っていただきました。

一の越までは石畳で舗装した道を歩きます。この石畳がくせ者で、隙間が多くて意外と歩きにくいのです。MOMOは、端の歩きやすそうなところへ。

ふと周りを見ると、ガスガスで視界不良…。あ~あ。

(もう一回)あ~あ。
【8:30】雪渓

出ました雪渓です。歩道が雪で覆われています。しかし、歩きやすいように雪の道が造られているので、普通の履物でも問題ありませんでした。(そもそもアイゼンっていうものは持っていませんので…)

ちょっと滑りやすい箇所は、階段状に雪の道が造られているので問題無し。(関係者の皆様に感謝!)
問題と言えば、子供はこういう場所でついふざけたりはしゃいだりするので、その点だけ気をつけておけば。

雪渓を通過。なぜか、もうこんなところでMOMOはバテバテ?
あごが上がってるぞ、しっかりせい! と激を飛ばす前に、やはり標高が高い場所ではMOMOがバテやすいような気がします。無理せず、

すこしずつ高度を上げて行きます。
【8:50】祓堂

下界と神域との境界とされた場所にある小さな祠、とのこと。
【9:10】一の越山荘

ふう、一の越に到着。室堂平から一の越まで続いた石畳の道はここで終わりです。ここにはトイレがあるので済ませておくと良いかも。また、ちょいと山荘の中ものぞいてみました。売店有り。山荘なのでもちろん宿泊も可。
【9:15】アタック開始

さあ、岩岩エリアに突入します。本格的な立山登山はここからです。手を使って登るので、100均で子供用の軍手を買っておきました。(軍手も善し悪しです。途中、雨が降って軍手が濡れると指先が冷えてくるのでご注意を。)

よいしょ、よいしょ。MOMOはふつうに歩くだけより、手を使って登るほうが楽しいそうです。一の越、二の越、…と続き、五の越が山頂となるそうです。

ふと上を見やると、『あっ、青空だっ!』 登れば雲を突き抜けられるかも知れない、と、わずかな期待。そして小さいけど建物も見える。登る望みが出てきたぞ。

うーーーっ! 時おりの突風に、目を開けられない。がんばれっ!

建物がはっきり見えてきました。もう少しだ。でも頂上付近を見るたびに、雲に覆われたり青空が見えたり、コロコロ状況が変化。
【10:30】雄山 3003m

そしてついに、やったーっ! 一等三角点と展望指示盤の前で。
でも三角点って山頂じゃないのね。実はここは2991mのようです。

あの雲の中に見えるのがほんとの雄山3003m。

それにしても立派な建物が建っております。
お守りなどに混じって、カップラーメンも売ってます。

無事にここまでこれました。by MOMO Family全員
さて、ちょっと早いですが、ここらでお昼としました。建物が風よけになってくれているのか風も弱く、また、太陽の光がポカポカして気持ちいい…。
さてさて、今回の目的地はここではありません。立山のピークは、雄山3003m、大汝山3015m、富士の折立2999、の3つがあり、最も高い大汝山のピークが目標です。MOMOとMOMOパパは、大汝山にアタックをかけます。(MOMOママは雄山付近で待機)

雄山から大汝山へのコースは、ゆるいアップダウンがある程度。
途中、おもしろい形の雪渓をみかけました。翼を広げている鳥に見えませんか~?

しばらくいくと、大汝休憩所が見えてきます。山頂はこの右手を登ればすぐです。
【11:00】大汝山 3015m

ここが立山で最も高い頂上だ。やったね♪

ここからは、黒部ダムがよく見えます。すごい高度感。

そしてあの雲のあたりに、先週登った唐松岳があるはず(もうどれが何山だか分かりませんが…)。
唐松岳から立山を見ていたことを思い出します。こんなビッグマウンテンに二座続けて登れたとはラッキーでした。MOMO Family全員よくがんばりました。
雄山まで戻ると、MOMOママはベンチでお昼寝してました。ポカポカ陽気と疲れのせいかな? 雲を突きぬけたからか、山頂付近は過ごしやすくてよかったよかった。
【12:15】下山開始

さて、登っただけで満足していてはいけません。きちんと下山できなければ。
登ってきた時よりも、だいぶ視界が晴れて来ました。改めて、すごいところにきたもんだ。

足下に一の越山荘が見えますが、どっちが上なのか下なのか、どっちが高いのか低いのか、よくわからなくなってきます。

だいぶ降りてきて、雄山がもうあんなに遠くに。
【13:30】一の越山荘

ここまで来れば一安心。あの岩岩コースを降りてくるのはホントに疲れます。MOMOとMOMOママの表情からも、それが分かりますね。

石畳の道を歩くもの疲れます。石畳はやはりあなどれません。MOMOママが石の段差で足をひねってしまい、結構痛そうにしていました。幸い大事ではありませんでしたが、皆さんご注意を。

最後にもう一回山頂付近。ありがとう。
このあと、もうすぐ室堂ターミナルというところで、バケツをひっくり返したような大雨が降り出しました。登山中の方々は大丈夫だったでしょうか? 豪雨で混乱したせいで、MOMOおじいちゃん、MOMOおばあちゃんとの合流でどたばたしましたが、なんとかバス時刻前に全員集合。

帰りのクルマの中から、赤い夕日が見えていました。
今回の山バッジ。
みくりが池温泉でMOMOおばあちゃんがMOMOに買ってくれました。雷鳥と、逆三角形の盾のようなデザインがかっこいい。バッジに刻まれた3015mをちゃんとゲットできましたよ。



2 件のコメント

  • 唐松に続いて・・すごいです!
    子供って、岩の下りが苦手ですよね。
    MOMOちゃん、がんばったんですな。
    このバッジシステムも効果的みたい・・
    マネいたします!

  • To: nsyおやじさん
    そうなんですよね、子供って下り苦手ですよね。
    かくいう私も、増え続ける体重を支えきれない下り坂は苦手です。(^^;
    バッジ収集は、山登りの楽しみの一つになりつつあります。
    そのせいで、バッジ売ってない山には行かないようになってるかも…。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    The 9th trail. のあるじです。右往左往しています。