雲取山(前編)




2014.4.19~20、東京都の最高峰・雲取山へテン泊に行ってきました。
あのエクストリームな 天城山縦走 から早一ヶ月が過ぎ、おのおの平穏な日々を送っていたオッサンたち。みなさん、そんな平和な日々に物足りなさを感じていたようで(ホントか?)、再び結集しました。
でも今回はエクストリームとは無縁なお気楽な宴会山行プランです(でした)。行き先は東京都の最高峰・雲取山。この冬は奥多摩も大変な大雪に襲われたようですが、さすがに雪も融け、春のルンルントレッキングを楽しめる… はずでした。
無駄にダラダラ長いレポになってきたため とても充実した内容で書ききれないため、2部構成でお届けします。


奥多摩は今が満開

わぉ、桜が満開!
集合場所の留浦に到着した途端、目に飛び込んできたのは満開の桜。もう4月終盤ですが、奥多摩湖畔にはまだまだたくさん咲いており、すでに葉桜になってしまった都心から来た身には嬉しいサプライズ。

そんな満開の桜の下で出発準備をするのはこちらの面々。
そうげんパパさん
ゴードさん
mokaさん
・MOMOパパ
(天城で大活躍してくださった MITSUさん は今回不参加。いつでも戻ってきてください。)

うしっ、いくぜ!
なんかカッコイイよ。 オッサンたちの背中。(^^

でもね。この週末にかけて天気は下り坂。ええ、もう覚悟はできていますよ。なんたって、自他共に認める雨男(雪男?)がこのメンバーの中にいらっしゃるんですから、ね。(笑
見あげた遠くの山の上にはガスが…。


視界はまっしろ

コースに入った途端、辺りはガスでまっしろけ。ええ、もういいんですってば。ちょうど今日は景色なんて全く見たくないと思ってたんですよ。ちょうどよかった。ハハハ…。

本日の水場情報・その1。
堂所の手前あたりの水場。水勢は十分でした。今回のコース、水場が豊富なんですね~。コース長も長いのでありがたいです。

ちょっと休憩。あいかわらず辺りはガス。ええ、もういいんですってば…。

やがて七ッ石小屋に到着です。天気が良い日はここから富士山が見えるようです! 富士山が見えるようです! 2度言いました。それから、昨秋あたりに新しいトイレが完成したようなので、みなさん是非。(なにを?)

本日の水場情報・その2。
七ッ石小屋にも水場があります。ありがたやありがたや。それにしても人間とはおかしなもので、蛇口から出ているだけで、その水がキレイだと思えてしまう不思議。実際ここのお水はおいしかったです。


テン場、一番乗り

七ッ石小屋を過ぎたあたりから残雪がチラホラ。ノーアイゼンで問題ありませんでした。(この日は)

巻き道もあるようですが、ひょっとしてミラクルが起きてガスが晴れるかも、という淡い期待を胸に、七ッ石山山頂へ向かいます。もうちょっとで稜線だ~。

ピークゲット。とりあえず記念撮影~♪(やっぱり眺望無し)

七ッ石山を下ったあと、今日のテン泊地である奥多摩小屋まではとっても歩きやすい道が続きます。
ああ、これが名物のダンシングツリーですね。たしかに不思議なクネクネ。それを撮りまくるオッサンたちもまた、いとをかし。

ヘリポートを過ぎ、奥多摩小屋に到着~。
幕営料\500(+雲取山バッジ\500)を払い、お世話になります。

どうやらこの日、テン泊目的でここに来たのは我々が初のようで、場所は選び放題。まとまった幕数が張れる場所を選ばせて頂きました。

(左上)ゴードさんのヒルバーグ アクト
やっぱりカッコイイ、ヒルバーグ。それにしても、数はもちろん、網羅している幕のジャンルが幅広いゴードさん。
(右上)mokaさんのプロモンテ VL14
ついにデビューですねソロ幕。色がmokaさんに似合ってます。赤がカッコイイ。
(左下)わたしの finetrack ツエルトIIロング
試し張りはしたものの、実戦初投入のツエルト。非自立幕が初めてでまだ勝手がわかりませんが、なんとかやっていけそうです。
(右下)そうげんパパさんの自作タープ
中が丸見えです。ここで寝るんだそうです。もう野宿です。きっとヘンタイ(伏字無し)とはこういう方のことを言うんだと思います。「今日はオープンスタイルでタープ寝するんだ♪」と、とても楽しそうに話していらっしゃいました。果たしてこれで一晩越せるんでしょうか。今日は寒いよ。


東京都最高峰ゲット

設営を終え、昼食をとったあと、雲取山のピークへ向かいます。(眺望無いけど)
テン場から山頂までは片道1時間ほどの道のり。

途中何回か急登があり、ちょっと雰囲気が 笠取山 に似てるな、なんて思いました。一字違いだし。関係ないか。

雲取山ゲット!
展望無いので、くやしいから方位盤の写真で。

それでもいちおう記念写真。東京都最高峰なので、東京都の標識の前で。
ここは東京、埼玉、山梨という一都二県の境界が交わっているポイントのようで、山頂標識がいくつもあって、記念撮影が大変でした。(^^;


これが目的? 宴会じゃ~♪

本日の水場情報・その3。
テン場に戻ってきてから、みんなで水場へ水汲みに。テン場から5分ほど下ったところにあり、地味にしんどいのであります。大きめのタンクを持ってくると便利です。
(このあと、ちょっとお昼寝…。)

さてさて、まだ明るいけど、夜の宴会の始まりです。(^^
このグルトレのメンバー的に、もう山行が主目的じゃないのは明らかです。
そうげんパパさんがカフラシルを宴会幕として提供してくださいました。ありがとうございます。
ちわーす。(のれんをくぐるかんじで)

カンパーイ!
このあと次々と提供されるお料理の数々。ここほんとに山の上ですか?(笑
【そうげんパパさん提供】

焼物、鍋物などなど、今回の品数はスゴイ。そのザックによく入りましたね。
【mokaさん提供】

前回、スキヤキという離れ業をやってのけた moka鍋。この日は麻婆豆腐。辛旨~。
【MOMOパパ提供】

最近ハマってる餃子です。(なんか一体化しちゃいましたが)
落とさず食べ切り、MITSUさんの無念を晴らしました!(^^
極めつけはこちら、
【ゴードさん提供】

「キャー、大蛇!」
「ちょっ、スゲェ!」
「はみ出てる!」
歓喜、爆笑、驚愕、尊敬、嫉妬(嫉妬って)、さまざまな感情が入り乱れ、一同大盛り上がり。間違いなくこの日一番のヒットで、この日の宴はゴードさんがすべて持っていかれました。
でもビジュアルは置いといて、ブラジルのソーセージ、美味でした。
祝・ブラジルワールドカップ開催!(意味不明
2日目 に続きます。
なにやってんだか。



36 件のコメント

  • おはようございます
    うぅ…この場に居られなかったのが残念でなりません(T . T)
    しかし、相変わらずテン泊とは思えない料理の数々…
    ほぼ居酒屋ですね(笑
    眺望がなかったのは残念、リベンジの際はぜひ参加したいところです!
    噂によるとエクストリーム記録は後編と聞きました
    楽しみにしてます( ´ ▽ ` )ノ

  • おはようございます!
    残念なお天気でしたが、それはそれで楽しそうですね(笑)。
    ツェルト、トレッキングポールで立てられた姿が、
    いかにも山男のモノって感じでカッコいいですね~。
    それにしてもそうげんパパさんのタープ寝。。。
    モノはブログで拝見していましたが、この天気でも楽しそうだったとは。
    伏せ字無しも頷けますw
    相変わらずのグルトレぶりがすごいですね(^^)
    これだけの料理が待っていると分かっていれば山行も頑張れますね。
    後半も楽しみにしています~。

  • あ~ 行きたかった...
    皆さん個性的な幕をお持ちで。
    しかしMOMOパパさんのツエルトには驚きました!そうきましたか~ 
    これで雪山も!?いや~勇ましいですね^^
    グルの豪華さ、スゴイですね(^^;
    皆さんよく担ぎますね~
    後編も楽しみです♪

  • いやー、平穏な山行ですね(でした。ここまでは)
    自分も無駄に長いので、前編後編でいきたいとおもいます….
    写真が綺麗なので、その場にいたのになんか違った印象を受けます。
    視点がそれぞれ違うので、こういうのがブログのいいところですね。
    後編、期待しておりま~す

  • 何というか、大人の男が子供になって楽しんでる感じが伝わり、うらやましい限りです。
    おかげさまで、私はもう10年以上山行ってないのですが、このブログで十分満足できますw
    後編楽しみにしてます。

  • どーも、いろいろお世話になりましたー!
    オッサンの背中写真が好きです。
    なにか見えない脅威に向かって行くような臨場感がありますねえ。
    (見えない脅威ってなんだろ??)
    後編楽しみにしています。

  • あら~、やっぱり雨おと・・・ゲフンゲフン
    おぉ!
    ここが、かの、USBメモリが埋められていた場所ですね~。
    感慨深いものがあるなぁ…
    皆さん、ソロ幕も揃えて、いよいよ本格的登山部ですね。
    宴会が楽しそうでうらやましいです。^^

  • 雲取山だぁ~!
    自分が登った山レポはホント読んでて楽しいです♪
    七ッ石小屋のお兄ちゃんはいませんでした?
    Newトイレの写真見たかったなぁ(笑)
    山のテン場とは思えない料理の数々ですね!

  • こんばんは
    デントに食料、それとクッカー。
    これを担いで曇取にチャレンジする勇気はありません。
    でもテン場も雰囲気良さそうですね!たとえ天気があれだとしても(笑)
    いつかは真似してみたい、そんなことわを思わされたレポに感謝です。

  • こんばんは。
    タープやツェルトで野営するのって
    自然の息吹がダイレクトに感じられていいですよね。
    私も沢ではよくタープ寝してます。
    でも稜線ではやらないかな。突風に弱いから。。。

  • やっぱり雨きましたか(笑)
    みなさんの装備に興味津々で写真をじっくり観察させていただきました^^
    あっ、もちろんグルメもヨダレが出るほどに・・・ゴクン
    自立幕重視だったけど、両方欲しくなってきましたw

  • To: MITSUさん
    >うぅ…この場に居られなかったのが残念でなりません(T . T)
    わたしはこの場にMITSUさんが居なかったのが残念です。(T_T)
    >ほぼ居酒屋ですね(笑
    居酒屋の亭主がかわるがわるいろんな料理を提供してくれて、
    かなりお腹いっぱいになりました~。
    >眺望がなかったのは残念、リベンジの際はぜひ参加したいところです!
    雨男(雪男)様のおかげで、眺望は最初から期待していませんでした!(笑
    後編もお楽しみに。(^^

  • To: Ameさん
    >残念なお天気でしたが、それはそれで楽しそうですね(笑)。
    目的が山でグルメなので、もはや眺望はどうでもよかったり。(笑
    >ツェルト、トレッキングポールで立てられた姿が、
    自立しないペラペラの幕がある意味潔いですね。(^^
    最初は大丈夫かな?と思いましたが、しっかり雪中で一晩越せました。
    >それにしてもそうげんパパさんのタープ寝。。。
    もうヘンタイ以外の何物でもなく…。
    >これだけの料理が待っていると分かっていれば山行も頑張れますね。
    もう目的が食べることになりつつあるので、
    テン場まではがんばるしかないですね。

  • To: 忠太さん
    >あ~ 行きたかった...
    今回は都合が合わず残念。また次回お誘いしますから~。(^^
    >しかしMOMOパパさんのツエルトには驚きました!そうきましたか~ 
    ファミでのテン泊用にモンベルのステラリッジがあるので、
    ソロテン泊用には思い切って UL を重視してみました。
    雪中とは言え、寝るだけなら何の問題もなかったですが、
    快適性に関しては割りきるモノは多いと感じました。
    >皆さんよく担ぎますね~
    担いでるもののほとんどが食材と水分です。(笑

  • To: そうげんパパさん
    >いやー、平穏な山行ですね(でした。ここまでは)
    ここまでは、ね。(^^
    >視点がそれぞれ違うので、こういうのがブログのいいところですね。
    そうですよね~。
    でも、やはりかなりの部分でダブるので、
    レポの質で勝負するか、レポアップのスピードで勝負するか。

  • To: ちびるくん
    >餃子美味しそうですねぇ。
    結局なんだかんだ言って、フライパンのコーティングがしっかりしていれば、
    ちょっとやそっとじゃ失敗しないことに気づきました。今さらですが。(笑
    山行に持っていく小型のフライパンは使用頻度が低いので、
    コーティングがバッチリでした。(^^
    >後編が楽しみですね(^-^)
    あんなことが起こってしまいます…。

  • To: おたまさん
    >何というか、大人の男が子供になって楽しんでる感じが伝わり、
    大人になるほど交友範囲が限られたり、バカはしなくなってきますが、
    こういうお仲間がいると子供になっちゃいますね。
    >私はもう10年以上山行ってないのですが、このブログで十分満足できますw
    お、メンバー候補発見。(^^
    ブログで満足せず、ご一緒しましょう~。

  • To: mokaさん
    >どーも、いろいろお世話になりましたー!
    こちらこそ~。
    今回もあのお鍋が活躍してくれましたね。(^^
    >オッサンの背中写真が好きです。
    ふだんはしがない(?)疲れた(?)サラリーマン達ですが、
    なんかかっちょよかったです。
    オッサンの休日♪ですね。

  • To: 小鳥さん
    >あら~、やっぱり雨おと・・・ゲフンゲフン
    河原と山行、いずれも抜群の荒天率・・・あんぐぐ
    >ここが、かの、USBメモリが埋められていた場所ですね~。
    おぉ、そんな事件がありましたね~。
    そんな事件に感慨を感じるとは、ひょっとして…。
    >皆さん、ソロ幕も揃えて、いよいよ本格的登山部ですね。
    たしかに皆さん、ファミ山行装備ではないですね。
    ストイックなソロ屋さん。
    >宴会が楽しそうでうらやましいです。^^
    河原も楽しそうですよ。(^^

  • To: みわりんさん
    >自分が登った山レポはホント読んでて楽しいです♪
    去年の3月頃行ってました? 雲取山荘泊で。(^^
    雪解け後はテン場のコンディションが微妙な時がありそうですが、
    今回の設営時は問題ありませんでした。設営時は。(笑
    >七ッ石小屋のお兄ちゃんはいませんでした?
    うーん、小屋の裏で作業してる音が聞こえたんですが、
    よく分かりませんでした~。すごく面白い人みたいですね。(^^
    >Newトイレの写真見たかったなぁ(笑)
    トイレフェチですね。(笑
    >山のテン場とは思えない料理の数々ですね!
    これが目的なのでしょうがありません。
    なんかもう、みんな何かを狙ってるみたいな…。(汗

  • To: armysealsさん
    >これを担いで曇取にチャレンジする勇気はありません。
    担ぎあげたあかつきには、たのしい宴が待っております~。
    >でもテン場も雰囲気良さそうですね!たとえ天気があれだとしても(笑)
    けっこう広々したテン場でした。
    でもシーズンにはかなりの幕数になるようで、さすが人気の雲取です。
    >いつかは真似してみたい、
    ではご一緒に。(^^

  • To: ユキヲ…さん
    >自然の息吹がダイレクトに感じられていいですよね。
    わたしはツェルト初心者なので、どきどきでした~。
    軽いだけあって簡素なツクリで、たしかに外との距離が近い気がしました。(^^
    >私も沢ではよくタープ寝してます。
    タープ寝…。想像出来ない世界です。(^^;

  • To: はるパパさん
    >やっぱり雨きましたか(笑)
    キター
    >みなさんの装備に興味津々で写真をじっくり観察させていただきました^^
    お。これはテン泊山行にご興味アリということですね。(^^
    はるパパさんのことだから、やるとなったら一気にモノが揃いそうですね。
    いろんな用途に合わせて、いろんな幕を持ってると楽しめますよね。
    >あっ、もちろんグルメもヨダレが出るほどに・・・ゴクン
    とぐろを巻いたようなソーセージ、おいしかったです。

  • こんばんはー。
    週末はお世話になりました。
    そして、“おにぎり”ありがとうございました!
    MOMOパパさんのツェルトを見て
    そうげんパパさんが「ワイルドですね~!」と言った
    一言がツボでした・・
    (あんたでしょ!!)
    このメンバーでの山行で
    一番重要なのは、幕とか装備とかじゃなくて
    “食材”ですね。。(笑

  • おはようございます♪
    きたーーーっ?!
    このオジさんたちの山行シリーズ楽しみにしてました(笑)
    私も週末に富士山麓で雪に降られました。
    きっと2日目は、エクストリームだったんでしょうね。ニヤリ
    後編が楽しみです。。
    自他共に認める雨男(雪男?)って・・・(汗)???

  • おはようございます♪
    写真から伝わってくる臨場感がすごくて、ずっと見入っちゃいました。
    眺望なしなのは残念でしたけど、この霧の中、山道で一息ついてるところなんか、すごくいいです!!
    このご馳走の量・・・そして鍋釜持ってですか・・・楽しさを知ってるからできるんですね、きっと!!
    山はいろんな楽しみがあるんですね。
    続き楽しみです♪

  • この長いコース、ガスだと。。。辛いですよね(^-^;
    ガス、雨は伝染しますからね~気を付けてください(笑)
    グループ山行なら、テン場のお楽しみがあるから
    ガスで辛いのなんてなんのその~ですね♪♪
    それにしても。。。
    暖かくなったとはいえ、ツェルトやタープで寝れるとは。。。
    ツワモノ揃いなパーティ凄い!!

  • こんばんは。
    しかしテン泊スキルの高い皆さんですね~♪
    おまけに愛車の生産国が被らず、幕もそれぞれ個性的っ!羨ましい限りです。
    私も今年から山でテン泊を始めようと準備していまして、雲取山にも行ってみたいと考えています。なので今回のレポはとても参考になりました。
    後編も期待していますっ!

  • こんばんは~^^
    koma家が初テン泊したのが雲取山でした♪♪
    同じくガスでしたが・・・
    いや。
    MOMOパパさん達程ではありませんでしたが(笑)
    しかしテン泊なのに豪華なお料理達( ≧∀≦)ノ
    お肉はあるは、ニンニクありの餃子に
    温まる麻婆豆腐もあって完璧な組み合わせ(ゝ∀・)b
    ソーセージは焼けたのかしら(笑)

  • To: ゴードさん
    >そして、“おにぎり”ありがとうございました!
    いえいえどういたしまして。
    ワイルドなソーセージに比べればあんなもの。
    帰還後、車内に忘れたヨーグルト食べました?(笑
    >そうげんパパさんが「ワイルドですね~!」と言った
    そうそう。あんたに言われたくない!ってかんじでした。
    タープ寝とツェルト寝は雲泥の差があります!
    てやっぱ似てるか…?(^^;
    >“食材”ですね。。(笑
    今回はゴードさんにやられました。
    とぐろを巻くあの光景、脳裏から離れません。
    あれを上回る食材って…。

  • To: papa2号さん
    >このオジさんたちの山行シリーズ楽しみにしてました(笑)
    えー!? ありがとうございます。
    こんなオッサンシリーズを楽しみにしている方がいらっしゃるとは。
    でもビックリ。(^^
    >私も週末に富士山麓で雪に降られました。
    麓でも降ってたんですねぇ。
    都心も肌寒かったみたいですし、
    ちょっと標高があると雪に変わったんですね。
    >きっと2日目は、エクストリームだったんでしょうね。ニヤリ
    ニヤリ
    >自他共に認める雨男(雪男?)って・・・(汗)???
    タープ寝の御仁です…。

  • To: kaka3さん
    >写真から伝わってくる臨場感がすごくて、ずっと見入っちゃいました。
    すいません、
    こんな品の無いオッサンたちの山行記に時間を割いていただいて。(笑
    >この霧の中、山道で一息ついてるところなんか、すごくいいです!!
    眺望はなかったですが、
    霧がかってしっとりとした森の中を歩くのもいいものでした。
    >このご馳走の量・・・そして鍋釜持ってですか・・・
    もうみんなネタ狙いになってきて、
    毎回何を持ってきているのかワクワクさせられます。
    >山はいろんな楽しみがあるんですね。
    歩くだけで楽しかったり、
    頂上に着いて楽しかったり、
    仲間との宴会も楽しかったり。
    もちろんツライことも多いですけどね。(^^

  • To: もえここさん
    >この長いコース、ガスだと。。。辛いですよね(^-^;
    あ、ガスのプロフェッショナル!(笑
    さすが、言葉に重みがありますね…。
    >ガス、雨は伝染しますからね~気を付けてください(笑)
    う。気をつけます。(汗
    最近もえここ家の勝率は悪くない気がしますが、
    処方箋が見つかったんでしょうか。それともお祓い、神頼み?(笑
    >グループ山行なら、テン場のお楽しみがあるから
    たしかに景色はダメでしたが、花より団子で、
    結局宴会がメインなので、まーいっか、というかんじです。(^^
    >暖かくなったとはいえ、ツェルトやタープで寝れるとは。。。
    まったく。なんかおかしな人たちですよね、
    山の上はまだまだ寒いのに…。(-_-
    って自分も?

  • To: フィニョンさん
    >しかしテン泊スキルの高い皆さんですね~♪
    いや、あまり経験の無いオッサン達でございます…。(^^;
    だからタチが悪いのかも…。(笑
    >おまけに愛車の生産国が被らず、幕もそれぞれ個性的っ!羨ましい限りです。
    たしかに皆さん個性的ですね~。
    ていうフィニョンさんも。
    >私も今年から山でテン泊を始めようと準備していまして、
    えぇ~、そうなんですか。(^^
    是非ご一緒したいですね。
    クルマも被らないし。ちょうど仏車のポジションが空いています。(笑

  • To: komaさん
    >koma家が初テン泊したのが雲取山でした♪♪
    えぇ~、そうだったんですか。
    初挑戦にはいいコースですよね~。
    ガスは不要ですが…。(T_T)
    >しかしテン泊なのに豪華なお料理達( ≧∀≦)ノ
    みんなネタ狙いで、いろいろ担いできています。
    すごい人たち。(笑
    >ソーセージは焼けたのかしら(笑)
    な、なんとか分割しながら焼いてました。
    おいしかったですよ。(^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    The 9th trail. のあるじです。右往左往しています。