エアマットの剥離と修理



先日わが家のエアマットに起こった不幸。その後、イスカさんに修理して頂き、無事に戻ってまいりました。製造から5年。ぎりぎり無償修理期間だったようです。
ブーツのソールと同様、エアマットの圧着もいつかは剥離することを考えておかないといけないんですね。今回、メーカーさんからいろいろお話を伺って勉強になりました…。



ABOUTこの記事をかいた人

9bota

The 9th trail. のあるじです。右往左往しています。