CUCUCHI ピクニックタープ




オープンスタイルな薪ストライフの始まりに、新しいタープをデビューさせました。
CUCUCHI(ククチ) ピクニックタープ/ベージュ タイプB
コットンの風合いが気持ちいい、気分がほっこりするタープです。ああ ほっこり だなんて。そんな表現が似合うように、このタープはコンセプト的にはアウトドア女子たちに対してリリースされているのは明白。わたしのようなオッサンが使用すべきじゃないのかも知れません、すいません。
でもそんなこと気にしません。オッサンだって ほっこり したいのです。


ついポチポチと
CUCUCHIのタープ。先日の第2回カウプレの商品となった赤トラ(赤いトランギアシリーズ)を販売している OUTDOOR SHOP DECEMBER さんの商品です。
赤メスティンだけを買おうとブラウザを立ち上げたものの、目に入ってくる多くの魅力的なギアたち…。ときどきあることなんですが、気付いたら自分の右手がいろいろなものをポチッてしまっているのです。あ、こら、と思う間もなく。
うん、しょうがない。


オサレ過ぎる?

ベージュ色のコットンタープにはタイプAとタイプBがあり、わたしのはタイプB。タイプBは収納袋がチェック生地となっております。着荷後、さっそく開封して見てみましたが、このカワイイチェック柄が、 う、 やっぱりオッサンには似合わないか?(汗
今は両方 SOLD OUT してるみたいですね。ちなみに 40%OFFセール中だったから買いました(買えました)。

太陽の下にて。
コットン素材のキャンプギアをほとんど持っていないので、屋外でコットンの手触りを感じるのが新鮮です。やっぱり化繊とコットンは違うのね。小さいタープなので軽いもんですが、同サイズの化繊には無いしっかりした重さを感じます。重さもやっぱりコットンなのでした。

ペグは付属していません。別売 CUCUCHIピクニックタープ用 アルミペグ(6本)を一緒に買いますた。写真だと造りが安っぽく見えましたが、とくにそんなこともなく。打ち心地は良いし、設置面が広いので、短いわりにしっかり保持してくれました。


細部へのこだわり

CUCUCHIのタープはいろいろこだわっているようです。グロメットは真鍮製。ピカピカ過ぎるメッキではなく、落ち着いた鈍い光沢がいいかんじ。

張り綱まで綿ロープ。ロープをたぐる手触りが、やっぱり新鮮。

と、設営の際にトラブル発生。
持参したポール(昔買ったロゴスのプッシュアップポール)の先端の径が太すぎて、かわいいかわいいCUCUCHIのグロメットに入らない! しばしボー然…。応急対策として、手元にあった細引きを、切って・結んで・ループを作って、なんとか設営。
ポールかぁ…。まいったなー、またお買い物しなきゃいけない理由ができてしまった。まいったまいった。
このあと、くろみにさんが持ってた MSR のポールの先端は、ちゃんとCUCUCHIのグロメットに入ったので、さっそく候補の一つになりました。赤いポールがカッコイイですよね、MSR。
MSR、MSR、MSR、…。


コットンってステキ

設営。
複雑なカーブを描く有機的なデザインのタープもいいですが、このように、シンプルな『THE・四角』っていうデザインもいいですね。
冬の斜めからの日差しでなんですが、タープ下にはほどよい影ができており、遮光性はしっかりしてるようです。このときは冬季だったので遮光性はあまり検証できませんでしたが、夏季の日差しでタープ本来の遮光能力を発揮してくれることを期待しましょう。
タープのサイズは 230×260cm。屋根型にセッティングしたタープ下の有効エリアは『3畳間』といったところでしょうか。薪スト、テーブル&チェア、荷物を置いて、座ったまますべてのものに手が届くようなソロに最適なサイズ感。
山でもキャンプでも、アウトドア活動において大は小を兼ねる理論はあてはまりにくい気がします。
『ちょうどいい』がいいですね。

そして薪ストをセットアップ。コットンなので、薪ストの煙突をギリギリまで近づけても不安感が無いのが嬉しいです。

夜。タープ下で薪スト遊びに興じました。
明るいお日様のもとでは女子向けのほっこりイメージの CUCUCHI ですが、暗い夜になるとイメージチェンジ。星空のもと、薪ストと共にハードに使う男性的でワイルドなイメージもけっこう似合うかも。(使ってる本人はヘナチョコですが。)

朝。夜露で凍ったタープが、朝日で融かされていきました。
今回、煙突先端の火の粉止めを装着しなかったので、タープには点々と黒い灰が飛散していました。でもへっちゃらみたいですね。薄い化繊タープのようにチュルっと穴が空くこともなく、さすが、火遊びにはコットンですね。


ほっこり感、コットンの風合い、真鍮グロメットや綿ロープへのこだわりなど、細かいところまでコンセプトや世界観を大事にしている印象の CUCUCHIブランドのタープなのでした。



10 件のコメント

  • コットンタープ、風合いがいいですよね。
    優しい感じだし。
    火にも強いみたいで、薪ストにはうってつけですね。
    タープの下でも焚き火が出来たりするんですか?

  • こんにちは~。
    サイズといい、カラーといい、風合いといい、MOMOパパさんのサイトの雰囲気にピッタリでしたね。椅子やテーブルやその他の小物も合わせて、「薪ストでオープンスタイル」の1つの完成形を見たように思えました~^^。

  • MOMOパパさん おはようございます。
    コントンタープ『OUTDOOR SHOP DECEMBER』さんのものだったのですね
    赤いメスティンを調べた時に 自分も目にとまりましたよ
    我が家(父娘DUO)には小さいかな?と思って『TATONKA 2TC』を
    選んでしまいましたが…。先週ゆめ牧で使ってきました。
    MSR(赤のポール)オサレで素敵でしょうね ポチッテ!(笑
    収納袋が カワイイ~(笑
    透きとおった夜の星空、薪スト・焚火&コットンタープ 寒いですが
    冬キャンの一番の楽しみ方ですね \(^o^)/
    横田の吉田屋さんは実家の近所ですよ、※ツルヤだったら良かったのに(大爆

  • To: ちびるくん
    >優しい感じだし。
    最近の化繊の服はけっこう肌触りもよくて、何も気にせず使ってますが、
    比べるとやっぱりコットンとは違いますもんねー。
    >タープの下でも焚き火が出来たりするんですか?
    うーん、焚火するには高さが足りない気がします。(汗
    それにコットンとはいえ、難燃加工欲しい気が。

  • To: wanwanさん
    >「薪ストでオープンスタイル」の1つの完成形を見たように思えました~^^。
    あれ。何のオチもヒネリもなく、純粋な褒めコメント?
    ほめ殺しか…? (素直に受け入れない自分)

  • To: リーパパさん
    >我が家(父娘DUO)には小さいかな?と思って『TATONKA 2TC』を
    TATONKAいいですよね~。わたしも悩みました。
    わたしの中にマイノリティースピリッツが多少あるみたいで、
    ほとんど見た事がない CUCUCHI を選んでみました。(^^
    >MSR(赤のポール)オサレで素敵でしょうね ポチッテ!(笑
    え、ええ、すでに…。(笑
    >横田の吉田屋さんは実家の近所ですよ、
    品揃え良くて、けっこう便利ですよね。(^^
    >※ツルヤだったら良かったのに(大爆
    それはうちの近所にも欲しい!

  • OUTDOOR SHOP DECEMBERさん・・・・
    かなりヤバい道具沼です(^^;
    なにもかもクリックしそうになってしまう右手を精神統一しながら
    吟味しております(^^;

  • To: えふぅさん
    >OUTDOOR SHOP DECEMBERさん・・・・
    なかなか興味深いギアの数々が並んでますよね…。
    右手君が何をクリックするのか楽しみです。(^^

  • サイズはソロに最適ですね。
    我が家のタイベックタープも3m×3mですが、ファミリーだとちっちゃくて。。
    遮光性は、写真を見る限りかなり期待できそうですね。
    けっこう暗いですよ。
    やっぱコットンタープは、日陰バッチリです。
    可愛らしいところが、MOMOパパさんにピッタ・・・
    いや、なんでもないですww
    薪ストオープンスタイル、極めつつありますね^^
    次は雪中でオープンか、、、

  • To: そうげんパパさん
    >サイズはソロに最適ですね。
    そっすねー、ファミだとちょいと(だいぶ)キツいですね。
    >やっぱコットンタープは、日陰バッチリです。
    でも、真夏の炎天下、オッサンソロ、っていうのも想像するとツライ…。
    >次は雪中でオープンか、、、
    うーん? 意味が分かりません!(笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA