鬼怒沼



2016.7.23、鬼怒沼まで歩いてきました。このエリアで有名なのは、もちろん天下に名を轟かす尾瀬。わたしも好きです。尾瀬へのアクセス口の一つである大清水。大清水から北へ向かえば三平峠を越えて尾瀬沼に出られるのですが、東へ向かったところにある鬼怒沼がいつも気になる存在でした。いつか行ってみたいな~。で、行ってきました。

大清水から人のいない方へ

人気の尾瀬はクルマがいっぱい

大清水に到着したのは AM8:00前。すでにたくさんのハイカーさんたちが出発したあとのようで、時間的にちょっと出遅れ感。遅い時間というのもありますが、今までに比べてクルマの台数が多いような。一ノ瀬までのシャトルバス運行が始まってから、大清水も人気出てきたのかな?

今日は鬼怒沼へ

ほとんどの人が尾瀬沼へ向かう中、わたしは鬼怒沼へ。この日、この先の鬼怒沼までの道中、誰も追い越さず、誰にも追い越されず、誰ともすれ違わず。マイナールートなんすね。

沢のせせらぎ

しばらくは沢筋に通った林道歩きです。ほぼフラットな道でお散歩気分。

名物(?) の丸太橋

湯沢出合まで来ると、立派な丸太の一本橋が登場します。いい感じに苔むして雰囲気抜群の丸太橋なのですが、滑りそう~。ドキドキ。安心してください。この橋渡らなくても渡渉できます。ていうか、『この橋渡るべからず』の看板があり、橋の真ん中だろうと橋の端だろうと、使用禁止のようです。ちょっとホッ。

丸太の先は急登です

ホッ も束の間。この丸太橋は急登開始の合図です。これまではフラットな林道歩きでしたが、ここから一気に標高をあげていきます。

ふかふかの腐葉土、木の根のゴツゴツ&ツルツル、岩もミックス、と、急な斜度に加えていろんなコンディションが混在しており、なかなか手ごわい道でした。登りがキツイから、下りも難儀しそうだな~。実際難儀しました。

燧ケ岳

黙々とツライ登り。ときどき木々の間から見える景色で気分転換。

物見山

ふいー。ここまできたらゴールは目前。汗だくで良く頑張ったぞオレ。それにしても物見山は展望の乏しい山頂でした。物見山という名前と全然合ってないし。さてはモノミエル山じゃなくて、モノミエヌ山だな。

天空の湿原 鬼怒沼

ぽわぽわだー

物見山からゆるく下っていくと、樹林帯から抜け出して視界が広がってきました。そこには白くぽわぽわしたワタスゲが。来たね、ここが鬼怒沼か。

わお

広々した草原に一本の木道。その先に浮かんでいるのは日光白根か。爽やかに風が抜けて、気持ちええ~。

木道と花

ところどころに咲く花を見ながら奥へ進みます。

花 イイね

花 イイね

標高2000mの高層湿原

大きなテーブル状の台地の湿原には、いくつもの池塘や、大小の沼がありました。

小さな生き物たちの楽園

水辺の周りにはトンボが飛び交っていました。楽園すぎて、ハチとかアブとかも寄ってきてビビりましたが。

山ヌカ(=山でヌカ漬けを食べるの意)

木道脇にはベンチが点在し、そこに腰かけておにぎりを食べました。もちろん山タマも。そして野菜のパリ感と塩気が嬉しい山ヌカもおいしいのでありました。

下山の前のピーク

食事をとり、ちょっとお昼寝し、山を下ります。

おっとその前に、鬼怒沼山のピークを踏みに行きました。

地味

えーと。たいへん申し訳ないのですが、何か思い入れがあるのなら別ですが、あえて鬼怒沼山のピークには行かなくてよい気がしました。こちらもモノミエヌ山で、しかも笹藪に囲まれておりました。(-_-#

小鳥

下山途中、さえずりばかりで姿が見えない鳥を探したり、

シャキーン。(戦闘態勢

昆虫と戯れたり。

「メスだからってナメんじゃないわ YO !」

良い山行でした。



6 件のコメント

  • キヌヌマ・・・言いにくいw
    橋でコケたり、アブに刺されたりというネタはなかったですか…
    残念!(何が
    生足ショットも期待してたのに~w
    栃木百名山、なめんじゃないわ YO!!
    さーせん、僕も踏まないと思いますw

  • 静かな感じの良さそうな山ですねー
    湖面(沼面)も涼しげで。
    (実際は、滝汗だったしするのかしら?)
    こーゆーピーク、ありますねぇ
    何も見えない事を確かめる為につい行っちゃうかもw

  • お久しぶりです(^o^)/
    鬼怒沼いいですね!!ずっと行きたいなと思いつつなかなか行けずでいつかはきっとって感じなのですが…2000メートルの高層湿原、眺めが最高で美しいですね(*^^*)これは本当に行ってみよう思いました。
    ぬか漬け、おにぎり、ゆで卵の昔懐かしく感じる山ご飯もこれまた素敵♪

  • To: u10さん
    >キヌヌマ・・・言いにくいw
    キヌヌマとキヌヌマヤマに行ってからヌマタに行きますた。
    >橋でコケたり、アブに刺されたりというネタはなかったですか…
    気が付いたら足に擦傷切傷が出来ていたり、
    アブにも刺されてイテテとなりました。
    でも、それらを上回る気持ちよさでした。
    ショーパンハイク、クセになりそうです!
    あ。生足の公開はお見苦しく、自粛します。
    >さーせん、僕も踏まないと思いますw
    歳とると、藪の中のシブい山頂が好きになるかもよ。w

  • To: mokaさん
    >静かな感じの良さそうな山ですねー
    結局、行きも帰りもコース上では誰にも会いませんでした。
    鬼怒沼まで上がると数組いましたが、
    日光澤側から来たのかも知れません。
    > (実際は、滝汗だったしするのかしら?)
    Yes。樹林帯が長いので滝汗でした。
    沼でクールダウン。
    >何も見えない事を確かめる為につい行っちゃうかもw
    お、さすが。
    シブイ山頂が似合うシブイ男になりたいです。w

  • To: まつおの母さん
    >ずっと行きたいなと思いつつ
    気になる存在ですよね、鬼怒沼。
    でもあそこまで遠征すると、
    ついつい尾瀬の方に向かってしまいますもんね。
    >2000メートルの高層湿原、眺めが最高で美しいですね(*^^*)
    良かったです。想像以上に日光白根がすぐ目の前でした。
    人も少ないし、静かに湿原の空気を楽しみたい時に良さそうです。
    >昔懐かしく感じる山ご飯もこれまた素敵♪
    手抜きともいいます。(笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    9bota

    The 9th trail. のあるじです。右往左往しています。