大菩薩嶺



大菩薩嶺。大菩薩峠と言った方が有名かもしれませんね。2000m級の百名山でありながら、初心者でも登れて景色も楽しめる山。2011.6.4 に行ってきました。それは素晴らしい山歩きとなりました。



軟弱MOMO Family は今回も前泊。といっても河口湖の常宿(?)なので、朝飯を頂いてから出発していては大菩薩に早く着けるはずがありません (^^;。大菩薩への登山口・上日川峠を目指し、えっさかほいさと黒豆号はがんばりましたが到着は既に10時過ぎ。ここはすでに1600mほどの標高。クルマ移動ですでに登山気分を味わえます。
お。黒豆号の隣の隣におなじブリティッシュなクルマがいますな。ま。格が違いますが。(どっちが格上?)

本日のコースは、上日川峠→福ちゃん荘→大菩薩峠→大菩薩嶺→(唐松尾根下り)→福ちゃん荘→上日川峠。唐松尾根を下りにしましたが、急な下りは子供には危ないので、登りにしてもよかったかも知れません。

福ちゃん荘までは車道もありますが車道を歩いてもつまらないので、ほぼ並行している歩道(林道)を歩きます。この季節の緑はいいですね。夏になるともっと緑が濃くなってきますね。

いつものことですが花を見つけても名前が分かりません。でも山歩きを始める前は、この足下の小さな花に気づきもしなかったはず。少しずつ前進。

歩く。

ほどなくして福ちゃん荘に到着。お食事、お買い物、できるようです。フクタロウと。
ここで唐松尾根コースと大菩薩峠コースに分岐します。MOMO Familyは大菩薩峠コースへ。

すぐに富士見山荘が現れます。この日は営業していませんでしたが、たたずまいが良い雰囲気ですね。

富士見山荘のデッキからの富士山。富士見の名はダテではありません。ヤッホーフジサン!

いっきに大菩薩峠に着きました。(福ちゃん荘~大菩薩峠までの写真がほとんど無く、MOMOパパの記憶にも無いので、それなりな山歩きだったと思われます。) ここ大菩薩峠にある介山荘でバッジ買いました。

さあ、ここからが大菩薩のハイライト。尾根沿いを抜群の景色を楽しみながら歩きます。写真の左上の峰の、さらに先まで。

しかしMOMOは高い所に石を乗せるのに夢中。

基本的に歩きやすい道なのですが、数カ所このような岩登りを楽しめます。MOMOはただ歩いているよりも、このような岩をよじ登るほうが楽しいそうです。

(タイトル画像再び。)富士山と上日川ダム。

鳥になって飛びたい。

写真左。途中2000mポイントを通過、大菩薩嶺は標高2057mなので、あともうちょっと。
写真右。大菩薩嶺の頂上。展望は期待できず、頂上の気がしませんがパチリ。

下りは唐松尾根の急降下。景色の良い下り道ですが、踏み外さないように足下が気になります。と、それ以上に、この日はハエ(のようなもの?アブ?ハチ?)が大量発生しており、顔にまとわりついて歩けません…。なんとか福ちゃん荘まで降りてきて、ハイジブランコを楽しみました。
下山後、大菩薩の湯という立ち寄り湯に入りました。大菩薩歩き後には好適な場所に有り、オススメです。
介山荘にて購入。上日川峠でクルマを降りてすぐのロッジ長兵衛でもいろいろ売ってました。



2 件のコメント

  • はじめまして、けいすけです。
    コメントありがとうございます。
    大菩薩峠(大菩薩嶺)行ってみたいと山の一つですが、
    なかなか行けてません。
    なんとなく近くて遠い山梨って感じで...(笑)
    ミニ、親父になったら乗りたいと思っている車の一つですが、
    そのころまだあるかなぁ~?
    (赤いモンテカルロ・ラリー仕様が好きです)
    陣馬山、大弛峠の記事も楽しみにしていますねっ。
    今後、よろしくお願いします (^^ゞ

  • MOMOパパです。こんばんわ。
    “近くて遠い”ってありますよね。
    うちは神奈川ですが、山登りもキャンプも神奈川はまだあんまり行ってません..。大野山や、体力がつけば塔ノ岳にもアタックしてみたい。
    ミニ、熱心なファンとショップがあるので、しばらくは大丈夫だと思いますよ。ミニにトラブルが出るたびに『もうこんなクルマ乗らない』と思ってしまいますが、なんだかんだで乗り続けてます。なんでだろ..。
    けいすけさんのページ、お気に入りに追加させて頂きました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    The 9th trail. のあるじです。右往左往しています。