パノラマ台・烏帽子岳・城山




2012.4.29、2012年のゴールデンウィーク2日目もトレッキングです。場所は、本栖湖と精進湖の間のパノラマ台。その名の通り、眼前にはパノラマが広がるとってもいいお山です。
しかしパノラマ台から先、マイナーコースを選択してしまったことからスリリングな状況に…。


2日目。
本日の行動案が2つありました。一つは当初の予定通りパノラマ台へ山登り。もう一つは氷穴や風穴をめぐりながらの樹海散歩。でもまあ、せっかくだし(なにが?)、お山へ行くことを半ば勝手に決めました。はい。w


朝、コンビニでお昼の調達。昨日の教訓を生かして水分をたっぷり目に。
コンビニの前から、バーミヤンと一緒にパチリ。w
富士山がキレイです。昨日はずっと雲で富士山山頂が隠れていたので、今日は朝から縁起がいい♪
バーミヤンと一緒だと風情がないので、キレイめ写真もご用意しております。w
 ↓


パノラマ台登山口に近い精進湖の県営駐車場に移動…


クルマから降りて富士山を見ると、わーお♪
このあたりはまだサクラがキレイに咲いていて、富士山と湖の景色に彩りを添えています。

ツツジ(だよね?)も満開で、富士山とツツジの組み合わせもナイスビューです。

こちらはサクラとツツジのツーショット。新緑前の黒っぽい枯山とのコントラストがいいですね。

足下を見るとそこかしこにスミレの群生が。どこを見ても、どっちを向いてもキレイです。(^^

湖畔はキャンプ場になっていて、前日からキャンプを張っている方々が。こんなに眺めが良いところでキャンプなんて最高ですね。GW 前半は天気が良かったので、さぞやよいキャンプになったことでしょう。(^^



山に登らずにこんなにいい景色が見れるんだったら、登らなくてもいいんじゃない? という意見も出ましたが、とりあえずパノラマ台まで登ります。

しばらくは、つづら折れの歩きやすい道を進みます。

(左)この日も気温が上がりそうです。
(右)もうバテて座り込んでる人がいますが…。(^^;

この辺りもまだ新緑を楽しむには早いようです。ツツジや、何かの新芽がちょこちょこ出てきている程度。

ペースが上がりませんね…。

今回のコース、このようにコース外は急斜面。歩きやすいだけに、気を緩め過ぎないように注意。

危険度の高いところには、木製の橋が整備されている箇所もあります。

別ルートからの合流ポイントまで来ました。パノラマ台まではもうすぐだ。

自作の杖をつきながらやってきて、ぐびっと一杯。 (^^ 今日も暑いです。

なんとか、パノラマ台に到着です~♪

左手には精進湖。

右手には本栖湖。

そして真ん中に富士山。(隠れてるけど)
さすが、パノラマ台の名前はダテじゃないですね。


山頂でお昼にします。
宇宙兄弟のおにぎりは『けっこうイケる』とのことです。byMOMOママ


さて、とりあえずパノラマ台に登りました。これからどうしようかな。
 案1)このまま同じルートを下る。
 案2)三方分山まで登る周回ルートにアタックする。(←MOMOパパの当初の予定)
案1はつまらないし、案2は今の我が家の疲労度を見てるとムリだな…。
で、
パノラマ台山頂でヤマレコを見ていると、ここから烏帽子岳、そして城山へと歩いている方がちょっとだけいます。駐車場まで歩いて戻れそうな距離だし、山を下って行くコースなので、なんとか歩けそうな気がしてきました。
よーし、このコースに決定~♪ …でもこれが、


大 失 敗

でした。(;_;)



パノラマ台からピストンで戻って行く方々が多い中、我々は烏帽子岳を目指して出発です。しばらくはこのようなつづら折りの山道を下ります。

やがて、このようなアンテナに出くわします。どうやらここが烏帽子岳の山頂のようです。

おう、ナイスビュー♪ パノラマ台に勝るとも劣らぬ。
それにしてもパノラマ台の賑わいはどこへやら。こちらのコースは全く人がいません。
一組が我々を追い抜いて行っただけです。

(左)烏帽子岳山頂にはこんな三角点がちょこんとあるだけ。
(右)三角点に座るテンション低い&疲れてる人。
さて、元気出して次は城山目指して歩きましょう~♪

と出発したはいいけど、コースを間違えてまた山頂に戻ってきました。(^^;
ここ烏帽子岳からは、本栖湖へ下りて行くコースと、城山へ向かうコースがあるようです。どうやら本栖湖へのコースがメジャーみたいで、登山道も本栖湖コースのほうが分かりやすく、ついついそっちへ行ってしまっていました。
本栖湖コースは眼前に本栖湖を見下ろしながらの下山になるので、『あ、間違えてる』と気づき、GPS@iPhoneで間違いを確信した次第です。
で、
烏帽子岳山頂に戻ってきても城山への登山道が見つかりません。あれー?と思って、ヤマレコで過去に歩いた方の記録&写真を見て、ようやく見つけることができました。
いや~、城山へ向かうコースの入り口は笹に隠れていてなかなか分かりませんよ。(-_-)#
それにしても、なんかこのあたりから嫌な予感がします。

正しいコースに入ったはいいけど、落ち葉が積もっているせいもあるのか、登山道は不明瞭で、踏み後も薄い…。このコースを行く登山者は、とっても少ない感じです。

かろうじて木にリボンがかかっているのが救いです。たぶんこのコースで合ってると思って進みます。

はるか眼下に富士パノラマライン(国道139号)が見下ろせます。
あれ?
けっこう山を下りてきてるはずなのに、なんでまだこんな高い所にいるんだっけ?と、
自分たちのいる場所に疑問を持ってしまいました。
人の気配も無いし…
このあたりは風が強くて体が冷えてきたし…
なんだかヤバイ雰囲気だな…
そしてこともあろうか! ここで、
GPS@iPhone がハング!
現在地確認不能!(;_;)
※あとでこの記事の下のGPSログを参照下さい。ログが途切れ、グチャグチャになっているのがこのあたりからです。

そしてここからが初心者には信じられないスリリングなコースの連続!
両側がスパッと切れ落ち、刃物の上を歩くような細いヤセ尾根!(やや誇張)

2本足では歩行困難な急斜面!(ちょっと誇張)

一歩足を踏み外すと富士パノラマラインまで真っ逆さま!(かなり誇張)

『アノー、ダイジョーブデスカー?』
おふざけは無しで、本当に大丈夫じゃなさそうな状況になってきました。
そこで、MOMOとMOMOママをその場に待機させ、MOMOパパがこの先の状況を確認しに行くことにしました。
独りでどんどこ進みます。
すると、城山の山頂を見つけることができました。(^O^)/
マジでヤッター! と思いました。マジで。
来た道を引き返し、このコースで間違ってないことを告げ、みんなで進みます。

木の幹にピンで貼付けられた山頂表示。
なんだこのテキトーな山頂は。w


いえいえ、城山の名誉のために。けっこう新しそうな案内板なども設置されていて、過去の歴史なども解説されています。富士パノラマライン側から登ってくればすぐここにたどり付けるので、この案内板も歴史のお勉強用に役に立ちそうです。
それにしても、烏帽子岳から城山までのコースは子連れファミリーには危険です。オススメしません。

(左)城山を下ると富士パノラマラインにぶつかります。うるさいエンジンの音がなぜかホッとします。
(右)道路の下をくぐるトンネルを抜けて、遊歩道に入ります。

遊歩道は富士パノラマラインに沿って整備された平坦な道です。樹海の雰囲気たっぷりです。すぐ横の国道を走るクルマの音が聞こえるので安心ですが、ちょっと森の奥に入ると迷っちゃいそうです。人通りも少ないし、コワ…。

山からおりて、樹海なんておかまいなしに走るMOMO。おいおい。疲れて一時的にテンションが上がってるのか?

(左)やがて精進湖の民宿村に出ます。樹海の雰囲気なんて一切無い町が突然現れて不思議な感じ。
(右)富士パノラマライン(国道139号)を渡り、精進湖までは車道歩き。クルマの交通量は多くはないですが、子連れさんは気をつけて。途中トンネルをくぐります。

あー、朝見たキャンプ場に戻ってきたー。ここは平和だったんだねー。

今回の1泊2日のトレッキング旅行最後の富士山。

このあと、上九の湯でひとっぷろ浴びて帰宅。よく歩いた。


■パノラマ台 (1328m)、烏帽子岳(1257m)、城山(1056m)
◆歩行標高差:約418m
◆歩行距離 :約10.8km @iPhoneロガー
◆タイム
【10:40】パノラマ台登山口
【11:40】分岐点
【12:00】パノラマ台頂上★
 ~ランチ~
【13:30】烏帽子岳頂上★
【14:50】城山頂上★
【15:20】富士パノラマライン
【15:50】精進湖民宿村
【16:40】精進湖駐車場


今回、思いつきで城山ルートを選んでしまい、子供には不向きなコースとなってしまったことは反省。
次回からはちゃんと計画を立てます…。



22 件のコメント

  • こんにちは~。
    待ってました。場当たり的且つ、スリリングな展開こそMOMOパパレポの真骨頂ですねw。iPhoneを握る手に思わず力が入ります。

  • おはようございます。けいすけです。
    なかなかスリリングな山行でしたねっ。無事でなによりです。
    私も、大菩薩嶺に行く前に、その近くの乾徳山に登ったんですが、
    ルートみて、子供たちソロに切り替えました。
    乾徳山も山頂付近は結構ハードコースでしたので、
    それを思い出しましたよっ。
    お疲れ様でした! 連休後半も山ですか?

  • こんにちは。(^^)
    二日連続で結構歩きましたね-。
    パノラマ台ってヤマレコで知って気になってましたが、
    ものすごく眺めのいいところですね。
    ハラハラはありましたが、無事生還できてよかったですね。
    最後はGPSよりMOMOパパさんの野生の勘ですか。(笑)

  • 遊び呆けていて、コメが遅くなり気味です~。
    さて、やっぱりMOMOファミは富士山がお似合いですね。
    何度見ても、富士山取り巻きトレッキングは羨ましい限り。
    でもかなり暑かったみたいですなぁ…
    MOMOちゃんの写真は結構雄弁です(^^;
    GW後半戦のレポもよろしくです!

  • お疲れ様でした(´∀`)
    それにしても2日間でこれだけのピークハントとは!!
    このあとの食事やビール、お風呂がサイコーだろうな(ノ´∀`*)

  • パノラマ台はやっぱり素敵だね。
    行って見たい!
    で、ここは素直にピストンでよろしいと言う
    実体験ありがとうございます(笑)
    連日すごい歩行距離だね。
    お疲れ様でした~。

  • To: wanwanさん
    お待たせしました~。場当たり的且つ、スリリングな展開。w
    あれ?
    カンペキな計画を粛々とこなし、『つまらなさ』さえ感じる当ブログですが、何か?ww

  • To: はるパパさん
    たしかに、あの時、あの場所で…。
    誰かの作為を感じてきました。
    いったい誰が…。(^^;

  • To: けいすけさん
    『乾徳山』行かれてたんですか??
    けっこうハードだったんじゃないですか?
    あの付近をクルマで通ると、乾徳山の手作り案内板が道路脇に見えるので、
    ちょっと登りたいな~と思ってはいるんですが、
    あんな岩場、自分に登れるかなー、と尻込みしてます。
    もちろん、自分がそんななので、子連れなんてムリですね。(汗

  • To: mocchanさん
    二日連続となると、『家族の皆様にうんざり感』が漂ってました。(冷汗
    パノラマ台までは良かったですよ~。オススメです。
    このGW、山での遭難事故のニュースが相次いでいるので、
    どのレベルの山であろうと、勘頼りはやめようと思います。(^^;;

  • To: nsyおやじさん
    うーむ。富士山には登らずに、『見るだけ』の山になっちゃってます。
    でも遠くから見てるだけがいいかも?
    GW後半はキャンプレポとなります。お楽しみに~♪

  • To: みぃちゃん。さん
    歩いて、風呂入って、キュッっと一杯。というわけにはいかず、
    睡魔と戦いながらの運転手さんでありました。(;_;)
    この仕打ち、なんとかならんのかーいっ? <誰に言ってるの?

  • To: HOKUさん
    パノラマ台までは良かったよ。“まで”は。
    でも、表尾根を制したHOKU家なら、このコース余裕だと思いますっ。w
    特に、手を使わないと登れない岩場なんて、元気な男子×2の大好物ですっ。

  • 道なき道を歩く感じですね。
    以前米子沢で渓流登山してて、滝を迂回してヤブこぎして場所を見失ったときの恐怖を思い出しました。
    場所を見失うと怖いですよね・・・
    にしても続けて凄い距離歩いてますねー!
    私は富士山のみえる平和なキャンプ場であればそれでお腹いっぱいです・・・

  • To: kuroazukiさん
    >場所を見失うと怖いですよね・・・
    あ、見失った。
    と思った直後に、いろんなことが頭をよぎるのが怖かったです。(^^;;
    ところで今はもう沢登りやってないんですか?
    ちょっと興味あり。(^^
    >私は富士山のみえる平和なキャンプ場であればそれでお腹いっぱいです・・・
    私はどこであれ、食べ物でお腹いっぱいになりたいです。w
    キャンプと山歩き、それぞれ良さが違うので、今は両方楽しんでるかんじです。(^^

  • 3点支持じゃなければ歩けない道なんですね…!
    いや~滑落しないで良かったですね(^.^)b

  • どもです~
    素晴らしい景色を眺めながらの最高のトレイルですねw 
    富士山や富士五湖眺めながらの中距離トレイル、参考にさせていただきますね。
    やっぱり、まだ気温低いですか?←ちょっと気になります。

  • To: た~さん
    はい、ほんとに無事で何よりでした。
    子供にも3点支持を教えとかないといけないですね。

  • To: みさきパパさん
    このときは日中はとっても暑かったのですが、ちょっと陽が落ちて来ると、
    急に気温が下がってきた気がします。
    富士山を見ながらの“安全な”トレイルを是非。w

  • こんばんは。
    この日は我が家も山でした。^^
    あっ、そうそう、PC復活できました。
    2日間思いっきりトレッキング三昧なんて、ウチも一度はやてみたいなぁ。
    この辺の湖にしか行った事ないけど、懐かしい景色です。

  • To: 犬吠埼さん
    復活オメデトウございます。(^^
    時にはぎゅっと集中して歩き続けてみるのもいいかも、
    と思ってやってみましたが、誰もついてきてくれなくなりそうなので、
    やりすぎは禁物のようです。(汗
    まずは『ソロで歩きづめ』がよろしいかも。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    The 9th trail. のあるじです。右往左往しています。