スノーシュートレッキング in 車山




2012.2.25、車山高原にてスノーシュートレッキングにチャレンジしてきました。(上はガイドのMさん)
今シーズン、MOMO Family にしてはハイペースでゲレンデに出動していますが、今回は趣向を変えて新しいことに挑戦です。(^^)
それは、バックカントリースノーシュートレッキングです!
とりあえず、使い慣れない単語を使ってみたかった。w
冗談はさておき、
誰もいない雪原や、幻想的な林の中のトレッキングは、今まで未体験の魅力溢れるものでした…。


まずは、車山高原のバックカントリー関連の情報はこちら
家族全員はじめてなので、ガイドさんが同行するツアー形式のトレッキングを探してみます。
ホームページにはいろんなプランが載っていますが、我々のような初心者ファミリーが参加できそうなのは『スノーシューツアー』プランか『雪原トレッキング』プランのようです。さらにそれぞれのプランには『1日or半日』『午前or午後』のプランがあり、金額や所要時間が異なっています。
でも、ホームページの内容だけでは、何が違うのかいまいち分かりませんね…。
MOMOパパが記憶している範囲でそれぞれのプランの違いをメモしておきます。
間違っている可能性大なので、詳細は車山高原さんまでお問い合わせお願いします。m(__)m

  • 『スノーシューツアー・一日』10:00~15:00、大人5000円、小学生4500円
    車山山頂、車山肩、蝶々深山…などがコースに入っていた気がします。けっこうしっかり歩くコースのようなので、子連れ初心者にはちとキツイようです。でもランチも付いているようなので、惹かれますね。

  • 『スノーシューツアー・半日』10:00~12:30、大人2500円、小学生2000円
    当初 MOMO Family が申し込んだプランです。車山山頂まで2本のリフトを乗り継ぎ、山を下りながらトレッキングを楽しめるプランです。山頂からの眺望が楽しめ、時間も適度。3日前までに予約が必要で、最小催行人数4名ということです。

  • 『雪原トレッキング・午前』10:00~12:00、大人1000円、小学生500円
    リフトには乗らず、スノーシューエリアをお散歩するプランのようです。予約不要で、当日の申し込みで参加できるのが魅力。一番お手軽。ただし、対象年齢10歳以上と記載されていますね…。

  • 『雪原トレッキング・午後』13:30~15:30、大人1,500円、小学生1,000円
    午前との違いはコースのようです。1本リフトに乗って、車山中腹から下りてくるコースです。他の条件は午前の部と同じ。

MOMO Family は事前に『スノーシューツアー・半日』に申し込み、3日前にツアー開催の案内メールを頂きました。(^-^)v
本来、ツアーの最小催行人数は4名ということでしたが、この日のツアーの申し込みは我々3人のみ。でも、せっかくだからと(?)開催していただきました。感謝!
しかし当日、天候がいまいちで車山山頂まで行っても風が強いだけで展望ものぞめない、ということで、『雪原トレッキング・午後』プランの内容(料金も)に切り替えて頂きました。雪原トレッキングの対象年齢は10歳以上と記載されていた気がしますが、柔軟な対応に感謝!
※個人的感想…
車山ホームページには最小催行人数や対象年齢の制限が記載してありますが、ビジターセンターの方々は我々になんとか楽しんでもらおうと、色々と提案してくれました。ホームページを見てるだけじゃなく、直接相談してみると良さそうですよ。(^^)


結局どうなったか、今回のプランと料金をまとめておきます。
■『雪原トレッキング・午後』プランを、午前に行う変則プラン
 大人\1500×2 + 小人\1000 = \4000
■レンタル
 スノーシュー半日 \500×3 = \1500
 Jrブーツ \1000×1 = \1000
※ストックは持参。
※大人ブーツはトレッキングシューズで代用。
※ウェアはスキーウェアで代用。
※プランはリフト代込です。


さて、いよいよレポのはじまり~♪


(左)金曜夜INのときは降ってませんでしたが、土曜の朝に窓から外を見ると、けっこう降ってるかんじ。
(右)様子を見に外に出てみます。やっぱり降ってますね。

気になったので黒豆号の様子を見に行くと…、
(左)おーい生きてるか? (^^;;; 積雪量は10cmちょっとくらいだったので、クルマの発掘作業にはそんなに手間取らないかな? と思ってましたが、この日の雪質はこの地域にはめずらしく重め。
(右)いつもはギュッと握ってもパラパラと崩れて雪玉にならないのですが、今日はしっかり雪玉。この雪質は、雪合戦や雪だるまが楽しめそうです。(^^)

大門街道(国道152号)では除雪車2台が懸命の作業中。ご苦労様です。黒豆号でも雪道を走れるのは、除雪のおかげです。m(__)m


無事に車山高原スキー場に到着~。
(左)お! 隣に英国の仲間がいますね。それにしてもデカイ…。<うちが小さすぎなのか?
(右)車山の入り口。車山は、駐車場が下の方になっちゃうとゲレンデまで歩くのがタイヘンです~。でも今日はストックだけなのでラクちん。

(左)スノーシューをレンタルしたあと、ツアー受付のあるビジターセンターへ。
(右)今日は青空は望めそうもありません…。
※レンタルは SKY PLAZA側で、ビジターセンター受付は SKY CITY側で、となっており、建物が違うのでご注意を。

(左)じゃーん。これがスノーシューです。
(右)裏はこんなかんじになっています。

もろもろの手続きを終え、クワッドリフトで登ります。
今日の天候は雪。そして視界不良。この状態でスキーしろって言われたらゲンナリですが、昨晩から積もった新雪の上を歩けるのでワクワク。(^-^)
気温も高めなので、寒がりの MOMOママも大丈夫そうです。

リフトを降りたところで、スノーシューの着用方法のレクチャーを受けます。
本日のガイドはMさん。ありがとうございます。
3人家族でガイドさんを独り占めです。(^^)

MOMOパパは自分で着用。想像以上にカンタンでした。(^-^)v
ここでMさんから歩き方講座。

  • 足はやや広めのスタンスで。
  • 足は真っ直ぐ前に出さず、外から回り込むイメージで。
  • 方向転換はその場で足踏みするように少しずつ回転。
  • 転びやすいからバックは禁止。

MOMOパパが困ったのは『バック禁止』です。家の中の写真係としては、みんなの初スノーシュー写真をカメラに収めなければならないのですが、ベストなフレーミングのために、無意識にバックしてしまうのです。この日、MOMO も MOMOママも転んでないのに、MOMOパパだけ4~5回は転びました
また、カメラ操作時に手袋を外していると、Mさんから『この世界で素手はNG』とのアドバイス。凍傷はもちろん、超低温の金属に素手で触れるなどの危険もあるので、作業しやすいインナーと、外皮となるアウターが分かれている、レイヤー構造のグローブが良いとのこと。



準備はOK! さあ、スノーシュートレッキングに出発です! (ちょっと緊張)

Mさん、ゲレンデから外れて林の中に入っていきます。

ここでMさんから『林の中に入って気付いたことは?』と我々に質問。『はい。音が無く静かです。』と我々。
吹きさらしのゲレンデは風があったのに対し、林の中は風が無く穏やか。そして静か。雪が音を吸収してくれるのでしょうか。防音室のようです。

コンロと椅子を持ってきて、林の中でティータイムもいいですね。(^^)

林の外に出ると、やはり風を感じます。 っていうか風強し。

コレ、特殊な画像加工しているわけではありません。強風で雪が吹き付け、木の枝に雪が横から着氷しているんだそうです。

ちょっとはスノーシューに慣れてきたかな?

長野県の白樺湖エリアは、冬でも高い晴天率を誇る地域ですが、この日は違いました。でも、曇天と霧のおかげでこんな幻想的なシーンに会えるなんて、今日はラッキーだと思うことにしましょう。

先導するMさん。 森の中に消えていきそう…。

要所要所でMさんがいろいろな解説をして下さいます。

(左)鹿が食べた笹の葉。
(右)鹿が食べた木の皮。
冬は食べ物が無いので、このようなものを食べてしのいでいるんだそうです。
ただ、皮も食べられ過ぎると木が枯れてしまうんだそうです。鹿は、夏季はニッコウキスゲを始めとする花芽を好んで食べるそうですが、こちらも食害が発生しているということ。そういえば、昨年の初夏に霧ヶ峰を訪れた際、防護柵の中と外でニッコウキスゲの数の差に凄まじいものがありましたね…。

林の中を抜け、

霧に包まれながら歩く。 普段見慣れない光景に、MOMOママも大満足?

途中、こんなアドベンチャーも! 天然の滑り台だよ~。『ひえぇ~。』

(左)ダケカンバ
(右)シラカンバ(=白樺)
樹皮がペリペリめくれる仲間です。ただ、住んでいる標高が異なるそうです。1600m付近を境界に、ダケカンバのほうが標高が高いところに住んでいるそうです。
ダケカンバのほうが赤っぽいので色で見分けられますが、子供のうちは両者とも黒っぽい樹皮だそうですよ。

こっちはもみの木だよ。

(左)もみの木は先端から3つ新芽が出る特徴があり、ほんとうによく枝が育つそうです。
 クリスマスツリーになるために生まれてきたのでしょうか?w
(右)MOMO君もちゃんと育ってるかな?

雪原に残した足跡。
Mさん「誰も歩いてないところを歩いていいよ」とのことなので、それぞれが降りたての新雪に足跡を。

ちょっと疲れた?

この道のようなもの、何かわかりますか?

(左)分水嶺です。右・太平洋。左・日本海。分水嶺の真上に積もっている雪解け水の運命は、春に決まります。
(右)なぜか分水嶺の看板の下を掘りまくるMOMO。

『車山高原駐車場』のほうへ行くとスキー場。そろそろ終点です。

霧の奥から、キッズエリアで遊ぶ子供たちの歓声が聞こえてきました。
以上、2時間程度のスノーシュートレッキングでしたが、とっても満喫できました。(^-^)
昨晩から降った雪のおかげで、新雪の上を歩けたのはラッキーでした。
次回は青空の下で、遠くの景色を見ながらのトレッキングも体験してみたいですね。
ありがとうございました、Mさん。


ランチタイム♪


(左)歩いたからお腹すいたね。
(右)がんばったごほうびにアップルシナモンクレープ!



さておまちかね。ランチのあとは雪遊びタイム~
今日はもうスキーしないから、思いっきり遊んじゃえ~♪ <子供はこっちのほうが嬉しいかも?
車山のチュービングはブランシュたかやまに比べてスピードが速くて楽しい!
タイヤを自力で上まであげなきゃいけないけど、なんといってもタダだし!
親子でチュービング楽し~♪

おぉ、車山にピラミッドピーク発見!
(左)てっぺん取れ!
(右)取ったど~!

今回はこのエリアにしては珍しく(?)、雪だるまに好適な雪質だったので、ひさびさに気合入れて作りました。

なんとこのスノーマン、手が動くんです! そして耳も動くのです!!
さらにビックリ! このスノーマン、甘くておいしいんです!!

なにせ、目、鼻、口は、信州限定のキットカットとアポロで作りましたから♪

そんな、いつもと違う雪山での一日した。
おしまい。



28 件のコメント

  • こんにちは~。
    ワタシも「バックカントリーでスノーシューでトレッキング」に興味があります^^。来年挑戦してみようかな~。
    そうそう、雪に埋もれた黒豆号が一瞬「ストームトルーパー」に見えてしまった(笑)。

  • こんにちは。
    車山、スゴッ!
    各種ツアーやイベントがてんこ盛りなんですねぇ。
    プライベートな森の先生付きで、スノーシュートレッキング満喫でき良かったですね。
    記事も勉強になりましたわ。
    視界が悪かったのは、ちと残念でした。ウチは雪が降って風も吹いてましたが・・・OTL

  • こんにちは。
    スノーシュートレッキング、楽しそうですね。
    一度やってみたいと思ってるんですが、せっかくスキー場に行ったら滑らないと勿体無いって思っちゃって・・・。
    実は自分のだけスノーシューをGETしてあるんですよ。
    やっぱ普通の山登りやスキーとは違った感動があるようですね。
    お泊まりスキーで1日はスノーシュートレッキングもいいかも。

  • こんばんは
    早速お邪魔しま~す♪
    うわ~素敵なブログですね~♪( ´▽`)
    センスの良さが際立ってますよ♪
    おっしゃる通りで、同じような所行ってますね。
    今後は、どこかの山でお会いできそうな予感(笑
    で。
    スノーシューにチャレンジされたんですね。
    かおたん家は、冬はスキー&ボードだけσ(^_^;)
    やってみたい気持ちはあるんですが、やっぱり滑りたくなっちゃう(笑

  • こんばんは~。
    遂にスノーシューデビューですね~。
    雪の上を歩くのって楽しいですよ。

  • MOMOファミリーさん、こんばんは♪
    MINI大活躍ですね!
    私も今年はスノーシューで遊びに行こうと思っていたのですが、まだ行けていません。
    こうなったら明日スノーシュー履くしかありません・・・。

  • コンバンハ
    「車山 スノーシュー」で検索して辿り付きました。
    ホクと申します(笑)
    マジっすよ。
    「あーちょうど先週行った人いるじゃん」って
    クリックしたらここでしたよ(^_^;)
    って事で、この週末のうちの行動がバレました(笑)

  • To: wanwanさん
    スノーシュー、個人的にはけっこうおすすめです。
    雪遊びのバリエーションが増えました。(^^)
    > 「ストームトルーパー」に見えてしまった
    おぉぉぉぉぉ…、ほんとだ。w

  • To: 犬吠埼さん
    視界は悪かったですが、荒れてるわけではなかったので、
    なんとかトレッキングできました。
    昔はウィンタースポーツといえば、ゲレンデでスキー(スノボ)、スケート場でスケート、
    くらいしかないと思ってましたが、楽しそうなものを見つけました。(^^)

  • To: とーとさん
    > 実は自分のだけスノーシューをGETしてあるんですよ。
    さすがとーとさん。しかも自分の “だけ” とは。w
    私も貧乏性のせいか、せかっく雪山に行ったなら滑らなきゃっ!
    と思っていたんですが、体力の衰えが幸いし(?)、
    いままでとは違ったことをやってみたくなりました。

  • To: かおたんさん
    いらっしゃいませ~。
    > 今後は、どこかの山でお会いできそうな予感(笑
    我が家、二子玉川・高島屋近辺にも、ぼちぼち出没します…。
    山より先に街で合うかも?
    スキー&スノボもいいけど、スノーシューも面白いと思いますよ~。
    今後ともよろしくおねがいします~♪

  • To: BISNMOさん
    へへへ~、実はBISNMOさんのブログを見てたらやりたくなって、
    近くで体験できる所を探して行ってきました。
    今度は、歩いた後の雪上おやつタイムもやってみたいです。(^^)

  • To: Gianさん
    そうか、Gianさんはスノーシューお持ちなんでしたね。(^^)
    スノーシューって、初心者にはすごくハードルが高いものかと思ってましたが、
    もっと気軽に楽しんでいいんだと分かりました。
    明日行くんですね?いいなぁ。w

  • To: HOKUさん
    ハジメマシテ、MOMOパパトモウシマス…、 っておい!
    > 「車山 スノーシュー」で検索して辿り付きました。
    えー?すごい! (^^)
    で、週末行かれるんですね~。
    晴れるといいですね♪
    あ。
    もし、ブーツ&シューをレンタルされるのであれば、
    サイズがあるかを事前に確認しておたほうがいいかも、と思います。
    キットカットとアポロの雪だるまを見つけても食べないでね。w

  • こんにちは。
    スキーをしていると時折見かけますね、スノートレッキングの方々を。
    スキーと違う雪の世界の表情が見えて楽しそうですよね。
    ワタシも趣味のフライフィッシングで早春の雪山を歩いたりしますが、春を待つような静寂な雰囲気が好きですね~。

  • うわ~ スノーシューやってきたんですね^^
    スゲーうらやましいです!わたしもすごくやってみたいんですよ~
    雪山と一緒でハードルが高そうだから願望でしかなかったけどツアーとかならイケちゃうのかな?
    MOMOパパさんの行動力、少し見習わないとね^_^;

  • いやぁ、次から次へ新たなイベント(?)、頭が下がります。
    雪山に登る勇気はないけど、安全な場所で、静寂感と雪を踏み
    しめる音を味わいたいですねぇ~。

  • To: oko-rocksさん
    スノーシューで山に分け入りフライフィッシング……、
    想像しただけですばらしい光景。(^^)
    たとえば、クルマ、自転車、徒歩、それぞれ見える世界が違うように、
    スキーでかっとぶのもいいし、スノーシューでまったり歩くのもいいですね。(^-^)

  • To: 忠太さん
    > 雪山と一緒でハードルが高そうだから
    スノーシューは意外なほど安くレンタルできるし、
    ガイドさんにも付いてもらったので、安心&おきらくでした。
    でも、今回のように霧が出ているときは、道間違えの遭難もあるようです。
    次回はガイドさん無しで行ってみたいと思いますが、
    用具と心の準備はちゃんとしなきゃなと思ってます。(^^)

  • To: nsyおやじさん
    車山はキッズパークが充実しているので、ツインズはキッズパークで雪遊び、
    nsyおやじさんはなーちゃんと2~3時間スノーシュー、
    っていうプランでどうでしょう?(^^)

  • 家族でスノートレッキングなんていいですね♪
    一度はやってみたいですね。
    ただ九州でこういうのやってるのだろうか?

  • 今年はスキー強化シーズンに、
    嫁に指定されてるんで、
    合間にスノーシューツアーに行きたかったんです!
    参考にさせてもらいます!
    娘が8歳なんで、午前の2時間が限界かな?
    それにしても、ガイドが着いてる雪山登山を感じさせますね~
    下山は尻セードをやりたいな~

  • To: 省吾さん
    > 一度はやってみたいですね。
    ぜひ~♪
    九州って暖かそうなイメージがありますが、
    九州でも上の方(北の方)は意外と降るんですよね?
    でもやっぱしウィンタースポーツは盛んじゃなさげでしょーか? (^^;

  • To: ぶるさん
    うちの娘と同い年なら、やっぱし午前の2時間かしら? (^^
    > ガイドが着いてる雪山登山を感じさせますね~
    今回は専属というかんじでいろいろサポートして頂き、お得でした。
    > 下山は尻セードをやりたいな~
    うち初心者なので、きれいに滑るのもけっこう難しいですね…。(^^;

  • おはです!
    美咲も元気になりました。心配お掛けしましたw
    スノーシュー、行っちゃいましたか。羨ましいっす!
    我が家も近いうちにやってみたいですね~←雪がどっぷりあるうちに!!
    こんなツアーあるんですね。参考になりました~wっていうか参考にさせていただきます(笑)

  • To: みさきパパさん
    みさきちゃん、元気になってなによりです。
    ピークを目指す山登りもいいけど、
    まったりと自然を感じながら歩くのもいいですよ。
    そのあとの雪遊びも楽しいですよ~。
    でもやっぱり、冬の塔ノ岳へのアタックと比べると、
    刺激が少なくて満足できないかも知れませんね~。(^^)

  • 1年半以上前の記事をこっそり読み、こっそりとコメントしてみるw
    年明け、車山でスノーシューやろうと思って検索したら、こちらのブログに辿り着きましたよww
    とても参考になる内容でした。
    あざーすm(_ _)m
    この頃既に、Mな雰囲気をお持ちだったんですね。。

  • To: そうげんパパさん
    ぜんぜんこっそりじゃないし。バレバレです。(笑
    なんと検索から辿り着いたとは、なかなか優秀な検索エンジンですね。
    そういえば、アイゼンとかシューとかをお求め予定なんスよね?
    さすがもう行動に移してるとは。(^^
    誰もいない雪原を歩いて、雪の上でティータイム、
    なんてやってみたいですね~。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    The 9th trail. のあるじです。右往左往しています。