三条の湯を目指して(後編)



2015.1.17~18、前飛龍~三条の湯を歩いてきました。丹波から前飛龍まで登り、北天のタルを経由してなんとか三条の湯に辿り着いた前編はこちら。

三条の湯を目指して(前編)

2015-01-20
後編は、三条の湯の快適ライフです。

三条の湯

小屋に到着して主人と雑談。「飛龍権現から北天のタルはさぞ大変だったでしょう。」という労いの言葉を頂戴しました。はい、雪山初心者には厳しかったです。テン場利用と入浴もお願いしました。そうなんです、こちらの小屋には温泉があるんです。源泉は10℃前後のようですが、それを沸かして提供してくださっています。冬場の冷えた体にはとてもありがたい。

設営開始

設営開始

ここまで来る途中、「もし三条の湯に辿り着けても、もうテント設営するパワー無いよ…(涙」と、弱音も吐きましたが、難所を抜けてから多少元気も戻ってきました。雪を踏み踏みしてテント設営開始。もうひと頑張りだーっ。

ポカポカ宴会!

この日は小屋泊のお客さんが少ないということで、テン場利用者の我々に小屋の食堂スペースを開放して下さいました。薪ストーブで温かい空間。ありがとうございます!

とりあえず乾杯!!

とりあえず乾杯!!

ああっ、レンズ曇って撮れない。でも、もうどうでもいい。

プチ宴会

プチ宴会

焼きししゃも、u10さん自作ベーコン、キムチ、ホタルイカ燻製、おでん、うどん、ガーリックライス、などなど、出る出る居酒屋メニュー。
暖かい食堂のテーブルで、オッサン2人、楽しくやりました。食事付き小屋泊の皆さま、食堂にヘンな臭い漂わせてゴメンナサイ。

温泉

温泉

ややお腹が満たされたところで温泉へ~♪ この日は一つのお風呂を男女1時間ずつの交代で入浴するシステムでした。浴槽は5~6人でいっぱいになってしまう大きさですが、お湯がスバラシイ! ツルツル感を超えて、ヌメヌメ感がスゴイです。PH10はあるということで、納得。山小屋なので当然シャンプーや石鹸はNGですが、このお湯だけに入りにいく価値はありそうですよ。

薪ストぬくぬく

薪ストぬくぬく

お風呂から上がったら、再び食堂で呑み。他の皆様も盛り上がってる。ポカポカでたまらん~。

鹿肉

鹿肉

なんと! 主人から、鹿肉のボルシチと鹿肉の燻製をサービスして頂きました。こんな貧乏くさいテン泊者に、なんて心遣い。ありがとうございます! ご自身で鹿を撃ったりもしているようで、いろいろ楽しい話もきかせて頂きました。なんだか一気に三条の湯のファンになってしまいました。

いい小屋

いい小屋だ

温泉、薪スト、お酒で、たっぷり温まりました。ぬくぬくのまま、シュラフへGO~。

星空

星空

谷底のテン場から見える星空、キレイでした。おやすみなさい。Zzz..

撤収

朝

オハヨウございます。

生きてますかー?

生きてますかー?

もう、この寒い季節にタープ&ビビィで寝てる人が信じられません。爽やかなブルーがまた寒々しい。

予想より寒かった

予想より寒かった

しかもこのテン場、標高1100m程度の割には、意外と気温が低い気がしました。

谷底

谷底

きっとこのテン場の地形も関係あるんだと思います。三条の湯から数十メートル谷を下ったところにテン場があり、すぐ横には沢も流れ、冷気がたっぷり溜まっているかんじ。小屋とテン場の気温差はけっこうありそうなかんじでした。

やるな SOTO

やるな SOTO

今回は SOTOのトリプルミックス缶を持って来ました。ガス缶の低温性能を確認しようと、わざと一晩そのへんに放置していましたが、朝食時、なかなかの火力で燃焼してくれました。

出発

2日目のコースは初日のような厳しさはありません。サオラ峠まで徐々に 300mほど高度を上げ、天平尾根(でんでいろおね)を通って、あとは一気に 700mほど下って丹波に戻る予定です。

ありがとうございました

ありがとうございました

お世話になった三条の湯の食堂。また来たいです。また来ます。出発。

いい天気や

いい天気や

見上げる青空が気持ちいい!

暑い!

暑い!

歩き始めて早々にシェルを脱いでザックにギュッ。2000m付近は真冬なのに1000m付近を歩いてると夏のように暑い。コンディション調節が難しいですね。

沢

途中、沢をいくつか越えました。なんて、初日と違って周囲の景色を楽しむ余裕も。

雲取方面

雲取方面

前回雲取に登った時はガスってたんだよね。天気いい日は最高の尾根歩きができるんだろうな~。

サオラ峠

サオラ峠

昨日の運命の分岐点、サオラ峠まで戻ってきました。飛龍に向かう足跡は、昨日のわれわれの2つだけが残されていました。結局、われわれの後には誰も飛龍に登らなかったみたいでした。

気持ちいいでんでいろ

でんでいろ

でんでいろ

ここから、天平尾根(でんでいろおね)を歩いてみることにしました。今回のコースは全般的に狭くて息苦しい山道がほとんどでしたが、ここは解放感があって気持ちいい!

ビューポイント

ビューポイント

ここ、ここ、この開けた場所。紅葉の時期はスバラシイ景色が楽しめるようですよ。

激下り

激下り

最後の 700m激下りはかなり足にきましたが、近づいてくる村の景色に、帰ってきたことを実感。

どもども

どもども

お約束のカーブミラー。も う エクストリームな山行は勘弁です。

おつかれです

おつかれです

道の駅たばやまに到着。コーラでカンパイ!

歩いてる最中、ずっと思ってました。「今回の山行、いつかどこかで体験したような記憶が…。」山行直前の雪。情報不足のコース状況。ノートレース。ラッセル。コースタイム大オーバー。そう、2014年3月の雪の天城越えとそっくりなんです。

天城山縦走

2014-03-05
「君たち、ちょっとは学習しろよ」って? うーん確かに。でも当時から成長したのは、ナイトハイクに突入する前にテン泊地に到着したところか。 < おい

先日の編笠山ソロのように明らかに雪山が想定される山行の場合、撤退を想定しながらの行動になるんですが、中途半端な季節や山域の場合に状況を読み切れず、悲惨な山行になっているような気がします。

編笠山(撤退)

2015-01-14

「都心から遠くない山域だ」とか、「標高がそれほど高くない山だ」とかが、判断を誤らせているような気がします。運が良ければ無雪期に近いスムースな行程になるんですが、運が悪ければ…。(汗 というわけで、年明け早々あまり褒められたものではない山行が続いてますが、惨状じゃなくて三条の湯を楽しめて良かったです。

われわれのように苦労しなくても、三条の湯に行く事ができます。三条の湯へは、後山林道を使うとアクセスが良いようです。

1日目

07:15 道の駅たばやま (620m)
09:45 サオラ峠 (1406m)
11:05 熊倉山 (1624m)
 ~昼食~
13:05 前飛龍 (1954m)
14:00 飛龍権現
15:20 北天のタル
16:30 三条の湯 (1100m)

2日目

08:30 三条の湯 (1100m)
10:45 サオラ峠 (1406m)
12:45 道の駅たばやま (620m)
※歩き始め、GPSが誤動作してたみたいで、若干飛んでます。



26 件のコメント

  • いや~、屋根と壁って素晴らしいですね(笑)
    到着までの緊張感と安堵の流れに自分も命を救われた気持ちになりました。
    それにしてもタープとビビィ・・・起きたら雪に埋まってたみたいな状況もありそうですね。
    u10さんエクストリームフリーク過ぎる(笑)

  • お疲れさまでした。
    冷えた体に暖かい温泉は最高ですね。
    それにしても雪山でタープ寝。
    信じられません。。。
    そう言えばメールに、
    > 温泉入って、どこかのピーク登って下山する
    > ゆるーい内容です(u10&MOMOパパ基準w)
    って書いてあったけど、基準が違い過ぎた(^^;)

  • 温泉最高でしたね~
    あの冷えた体に、熱々の温泉。たまりませんな~。また行きたいです。一般ルートでw
    あの天城を経験しているので、心に少し余裕はありました。
    少しは成長していたんだなーと。学習は・・・(汗
    次は普通の行きましょうね(^^
    で、どうすれば普通の山行にいけるのかも教えて欲しいです(涙)

  • 後編は和やかな感じで良かったです^^
    苦労の後の温泉は最高なんだろうなー、でもこんな苦労は嫌ですが(^^;
    小屋の主人からのサービスも涙なしでは味わえなかったのでは?
    うーん、雪山ご一緒したいけどエクストリームはな~
    ノーマルな感じでお願いできませんかねw

  • 後編は、温泉&薪スト&宴会のフツーの幸せなシーンで安心しました。
    えっ、エクストリーム系はもう勘弁と!?
    少し時間がたったら、、刺激を求めてそうな予感が・・ww

  • おふたりの、どうにもエクストリームになっちゃう♪っぷりがすごいです。資質、体質、嗜好、思考、その他モロモロが違うのでしょうかね、一般人?と…w。
    とても真似ができるとは思いませんが、今回の生還(!)を支えた装備が気になります。就寝時のウエアリングと使用されたマット、シュラフなどを、いつか記事にしてくださいませ~。

  • こんばんは~
    ふふっ、見事なエクスリームっぷりというかどMっぷりですね。
    特にu10さん
    雪中キャンプはともかくタープやビビィで寝ようなんか
    微塵も思わないです(^^;)
    スノーハイクはなかなかコースタイム通りにはいかないですよね
    特にトレースが無いときは
    なんで最低でもコースタイムの1.5倍は見積もってますが
    今回はそれ以上かかってそうですね

  • To: kuroazukiさん
    >いや~、屋根と壁って素晴らしいですね(笑)
    Yes!
    とくにu10さんは、なぜか雪中タープ寝LOVEな人。
    リビングになる空間が皆無ですからね~。
    小屋の主人には感謝です。
    >起きたら雪に埋まってた
    実はそれを狙っている気がします。w
    すべてネタ人生…。

  • To: ちびるくん
    >冷えた体に暖かい温泉は最高ですね。
    お風呂に入れる山小屋はそんなに多くないですからね。
    ほんと最高です。(^^
    >それにしても雪山でタープ寝。
    ボクもシンジラレマセン。w
    >基準が違い過ぎた(^^;)
    基準が違うのはあの人だけです。
    わたしはノーマルです!

  • To: u10さん
    >また行きたいです。一般ルートでw
    u10さんの『一般』の基準を確認させて頂きます。w
    >あの天城を経験しているので、心に少し余裕はありました。
    まじすか?
    ボクはもうダメです…。
    >次は普通の行きましょうね(^^
    u10さんの『普通』の基準を確認させて頂きます。w

  • To: 忠太さん
    >後編は和やかな感じで良かったです^^
    そうです。後編だけなら単なる温泉ツアーです。(^^
    後編だけなら…。
    >こんな苦労は嫌ですが(^^;
    でも、何か大きなものを乗り越えてはじめて
    見えてくるものもあるかも知れません。
    今度ドウデスカ?w
    >ノーマルな感じでお願いできませんかねw
    次回u10企画は、
    ゆるゆるハイクになると思いますー。(たぶん)

  • To: mokaさん
    >フツーの幸せなシーンで安心しました。
    後編でおかしな写真は、雪中タープ寝写真だけでしたね。(笑
    >少し時間がたったら、、刺激を求めてそうな予感が・・ww
    その際は是非 mokaさんも参加お願いします。
    わたしはもう…。

  • To: light_n_slowさん
    >どうにもエクストリームになっちゃう♪
    いや、わたしは全然エクストリームな人じゃないんです。
    普通の人なんです。連れて行かれただけなんです。(笑
    >装備が気になります。
    そうですね~。
    まだまだ初心者ではありますが、
    初心者目線での情報も何かの役に立つかも知れませんね。
    そのうちまとめてみたいと思いますー。(^^

  • To: akimichiさん
    >どMっぷりですね。特にu10さん
    やっぱりどMですよね。u10さん。(笑
    >タープやビビィで寝ようなんか
    どこに向かおうと思ってるんでしょうかー。w
    >なんで最低でもコースタイムの1.5倍は見積もってますが
    当初計画時点で、
    ほぼコースタイムの1.0倍、休憩時間ゼロで見積もられていたので、
    最初からハードな計画でした。(汗
    それに乗ったわたしもあれですが。(汗

  • おはようございます
    やっぱり三条の湯、素敵だー
    これはぜひ行かないとなぁ~
    あ、普通の方で行きますw
    今回も色々ありましたが、まあそれでも行きたくなる雪山という感じでしょうか…
    次はぜひご一緒したいなぁ
    あ、でも普通のでお願いします!(笑

  • 後編がこんなに平和になるとはw
    三条の湯いいところですね。
    こうして近場の山も開拓していくのもいいですよね。
    春になればチビ連れていってみたいなぁ
    その前にグルも行きたい!!

  • 頑張ってるね~雪山!!
    ヤマレコの地図見て、
    結構歩いてるなと(^^;
    そんで着いた先でテン泊かいっ
    と突っ込みたくなったら、
    テンも無いお方が(笑)
    食堂に入れてもらえて良かったね。
    山小屋のご主人も頑張るとご褒美くれるのね♪

  • To: MITSUさん
    >やっぱり三条の湯、素敵だー
    ふつうの林道コースならファミでも行けそうですね。
    うん、それがいいと思います。(^^
    >次はぜひご一緒したいなぁ
    わたしは写真でも撮りながらのんびり歩きたいので、
    エクストリームはそろそろ卒業ということで。(笑
    あとは託します!

  • To: はるパパさん
    >後編がこんなに平和になるとはw
    ほらほら。参加したくなったでしょ~?
    >こうして近場の山も開拓していくのもいいですよね。
    神奈川組にとっては近くないんですよね…奥多摩。(^^;
    圏央道にスムースに乗れるなら近いかな?
    >春になればチビ連れていってみたいなぁ
    奥多摩にこんな素敵な温泉付き山小屋があるなんて、
    今回は嬉しい発見でした。
    林道コースなら子連れで行けそうなので、
    まじめに検討したいところです。(^^
     

  • To: HOKUさん
    >頑張ってるね~雪山!!
    昨シーズンまでは雪遊び程度の山行でしたが、
    今シーズンは一気にはじけてます。(^^
    >結構歩いてるなと(^^;
    そーなんす。テン泊装備で雪道をガッツリです。
    かなりハードでした。(汗
    >テンも無いお方が(笑)
    あの人はヘ○タイですから。w
    >山小屋のご主人も頑張るとご褒美くれるのね♪
    無愛想な小屋番さんが少なくない中、
    ここの主人はナイスでしたよ。オススメ~♪

  • こんにちは!
    登山は小学校の高尾山くらい・・な私としては興味津々で前~後編拝見しました~
    それにしてもタープ寝とは・・とんでもない方もいらっしゃるのですね~。

  • To: PLUMさん
    >登山は小学校の高尾山くらい・・
    子供の頃って、もくもくと歩き続けるのて退屈だった気がしますが、
    年とると変わるんですね。今はけっこう楽しめます。(^^
    >とんでもない方もいらっしゃるのですね~。
    そうなんです。ヘ○ンタイなんです…。w

  • わぁ、すごいな!
    このコース歩いてみたいなと思いつつも
    怖気づいてまして(^-^;
    それも、この季節に行かれてしまうとは
    MOMOパパさん、やりますねー!
    ちなみに三条の湯は山を始めた年の晩秋に
    初めて泊まった山小屋です。
    山小屋自体もドキドキしたっけなぁ。
    あのお湯にはまた入りたいなとずーっと思ってます。
    羨ましわー!

  • To: 矢車草さん
    >怖気づいてまして(^-^;
    ボクも怖気づきたかった…。
    無知ほど恐ろしいモノはないですね。
    このコース、何も知らずに気軽な気持ちで歩き始めましたが
    なかなか気合いが必要なコースでした。(^^;
    >それも、この季節に行かれてしまうとは
    無知ほど恐ろしいモノはないですね。
    大事なので二度言いました。(笑
    昨年12月に同コースを歩かれていた方のレポは見つけたものの、
    積雪の状況次第ではまったく別の顔を見せますね。
    冬山は怖いです。ブルブル。反省。
    >初めて泊まった山小屋です。
    初めての山小屋、ドキドキする気持ち分かります。
    でもここはいい小屋ですよね~。
    お風呂も良いし、オーナーさんの人柄もイイ。(^^
    家族連れて行きたいな。
    >羨ましわー!
    じゃ是非、冬季の飛龍ゲット!

  • MOMOパパさんも相当なMですな・・・
    なーんて(^_^;)
    今更コメですいませんが、冬に飛龍権現経由で三条の湯って相当なもんでしょう。
    私ここ、無雪期に2回下りで使ってますけど、その度に「もう来るもんか」と思うのに、しかも登りで・・・
    ああ、考えただけでも胸が苦しくなります・・・
    よくぞご無事で。
    三条の湯、さぞかし体に沁みたでしょうね~親切もココロに沁みますね。
    あ!私まだ三条の湯入ったことなかったんだ。
    行ってみたい~

  • To: cyu2さん
    >MOMOパパさんも相当なMですな・・・
    そうか。
    みんながMパパと略して呼ぶのはそういうことか…。(笑
    >相当なもんでしょう。
    やっぱりなかなかのハードコースなんすね。(汗
    歩いてるとき、なんかそんな気がしたんですよね。
    気のせいじゃなかったか…。
    >その度に「もう来るもんか」と思うのに、
    もう来るもんかと思いつつ、何回も行っちゃうところ、
    cyu2さんもM!
    >親切もココロに沁みますね。
    わりとぶっきらぼうの小屋番さんもいるなか、
    三条の湯はまさに親切♪
    先々代、先代から、親切がモットーらしい。
    お湯も良かったですよ。(^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    The 9th trail. のあるじです。右往左往しています。