鳳凰三山(後編)



2014.9.27~28、鳳凰三山を歩いてきました。前編はこちら。

鳳凰三山(前編)

2014.10.01
二日目。鳳凰小屋から稜線に出て、鳳凰三山にアタックします。

青い世界

「最近、御来光を拝んでないなぁ。」天気も良さそうだし久しぶりに御来光を見に行くことを決意。しかも朝一で目指すは地蔵岳。オベリスクの前で日の出を迎えるなんていろんなご利益がありそうだしね。うしし。 < 俗物

ぽつぽつ灯り

ぽつぽつ灯り

珍しく早起きできました。辺りはまだ真っ暗。みなさん徐々に起きてきて、ポツポツと幕に明かりが灯ります。その様子がなんだかキレイだね。テン場を撤収後、ヘッデン点けて地蔵岳山頂に向けて歩き始めます。と、慣れない暗闇ハイクで、鳳凰小屋を出発した直後につまづいて転倒しますた。ドテッ。(痛 転倒にもめげず、樹林帯を抜けると白砂の急登にかかります。これがまた足を取られて歩きにくい~。

最高だよ

最高だよ

歩きにくいながらも、澄んだ空気の中を一心不乱に登ります。聞こえるのは砂を踏む音と、自分の息遣い。ふりかえると、徐々に白んでくる空と、足元には街の明かり。最高だよ。

遠くまで見えてきた

遠くまで見えてきた

左手にはこのあと登る観音岳と、その山肌からちょこんと顔を出す富士山がカワイイ。

オベリスク

オベリスク

まだ星が見える濃紺の空の下に、静かに佇むオベリスク。合掌。御来光狙いで出発してきたハイカーたちが、オベリスクの下に集まり始めます。

ボクには無理

ボクには無理

そしてみんなオベリスクに登ります。(笑 わたしも途中まで登りましたが、オッサンにはアブナイのでやめました。あと20歳若かったらオレだって。

小さなお地蔵様たち

小さなお地蔵様たち

オッサンは賽の河原にて、小さなお地蔵様たちと日の出を迎えることにしました。ほっこりだね。うんそれがいい。

ただ待つ

ただ待つ

「もうすぐかな。」「まだだね。」(独り言多し) この瞬間が好き。

何も言えねぇ

何も言えねぇ

キター。すごい太陽パワー。御来光待ちで冷えかかっていた体が一気に暖かくなります。

朝日を浴びて

朝日を浴びて

紅葉とオベリスクに朝日があたり、周りの世界が輝きだします。

今日が始まる

今日が始まる

お地蔵様達にも、そのうしろの甲斐駒にも、モルゲンロート。一日の始まりです。

稜線歩き

次はあそこ

次はあそこ

御来光も拝めたので、次のピークに向けて出発です。目指すは鳳凰三山の最高峰・観音岳です。あれだね。 意外と高い。(汗

見渡せる

見渡せる

晴れ渡った空。稜線歩きの右手には、盟主・北岳がどっしりと鎮座し、その奥には南アルプスの山々を従えています。ずっと遠くまで見えるよー。

ときどき振り返る

ときどき振り返る

振り返ればオベリスク。 その奥に八ヶ岳。

なかなか進まず

なかなか進まず

あまりのナイスビューに、立ち止まってばかりのオッサンなのでした。

稜線は紅葉

紅葉している

紅葉している

オッサンを立ち止まらせるのは、名のある山々の迫力ばかりではありませんでした。鳳凰三山の周辺は見事な紅葉の真っ盛り。稜線の右斜面を見ても、左斜面を見ても、素晴らしい紅葉に包まれており、それらに目を奪われて何度もシャッターを切ってしまいます。

紅葉と富士山

紅葉と富士山

黄金色に輝く紅葉の前では、富士山の存在も霞んでしまうほど。

観音岳

観音岳

紅葉に見とれている間に観音岳に登頂成功。と軽く書いていますが、実は地蔵~観音の間は、それなりにアップダウンがあり、ひぃひぃでした。

黄金色

黄金色

観音岳のすぐ足元は金色に輝き、『観音』という山名にふさわしく、日に照らされた紅葉できらびやかに装飾されていました。その頂上に立つ自分も観音様になったかのよう。 <なってないって。

白砂の稜線

白砂の稜線

観音岳から三山最後のピークである薬師岳までは、余裕の稜線歩き。アップダウンの少ない白砂の稜線歩きを楽しめます。

制覇

制覇

やったね、三山制覇♪

絵になる

絵になる

どなたか存じませんが、巨岩に座りじっと北岳を見つめるうしろ姿がステキでついパシャリ。この南アの展望、見惚れちゃいますよね。(勝手に撮ってスイマセン。)

サヨナラ、鳳凰

朝食

朝食

早朝に鳳凰小屋を出てから行動食だけで済ませてきました。これから一気に青木鉱泉まで下る前に、薬師岳の山頂で朝食にしました。多少の風はありましたが、とても穏やかな山頂でした。

サービスショット

サービスショット(はあと)

カップヌードルをすすりながら南アルプスの山々を眺めるオッサン。

名残惜しい

名残惜しい

こんなにも見事な紅葉に囲まれているのに、もう下山しなければならないとは。稜線からのお別れが名残惜しい限りです。

名残惜しい

名残惜しい

名残惜しい限りです。二度言いました。ほんとに来て良かった。

サヨナラ

サヨナラ

最後に北岳さんにもご挨拶。サヨナラ。また来ます、南ア!

樹林帯へ

樹林帯へ

稜線から、黄から緑へとグラデーションしていく樹林帯へ下りていきます。

トンネル

トンネル

紅葉のトンネルをくぐって。

下山はツライよ

本日の最高地点である観音岳2840m からゴールの青木鉱泉1090m まで、その標高差 1750m。登りのドンドコ沢ルートもキツかったですが、中道ルートからの下りもキツい! 木の根が張りだした急坂を下っていくんですが、滑りやすいし、テン泊装備の重量が足腰に堪えるし、おまけにこのコースは展望が全くなく、黙々と下るのみ。こんなにツライ下りは今までで初めてだったかも知れません。(涙

御座石

御座石

唯一の見どころは『御座石』。なんとこの巨石がこんな小枝一本で支えられているんです! ビックリ!! …… 虚しい。

共感

共感

もうヘトヘトで山を下り切り、コースタイムの修正(落書き?)に共感。(笑 このコース、ほんっとに辛かったです。

下山完了

下山完了

青木鉱泉までの林道歩き。橋の上からさっきまで自分がいた山の稜線を見上げます。

いい山行でした。

鳳凰三山

鳳凰三山

9/27(土)

08:00 青木鉱泉
09:40 南精進ヶ滝
11:10 白糸ノ滝
12:05 五色滝
13:10 鳳凰小屋

9/28(日)

04:20 鳳凰小屋
05:15 地蔵岳
 ~御来光待ち~
06:00 地蔵岳
07:10 観音岳
07:45 薬師岳
 ~朝食~
08:30 薬師岳
11:20 中道登山口
12:10 青木鉱泉





14 件のコメント

  • いやー、とても良い山行だったんですね
    今週じゃなくて正解だったかと(日曜~予報みたいだしw)
    夜叉神ルートも、青木鉱泉からのルートも・・・
    鳳凰三山は、どちらもツライ登りが待ち受けているんですねぇ。。
    そのツラさに打ち勝った後の稜線からの景色、最高な感じしかしません^^
    今年は計画するものの、なんかタイミング合わず断念してますが
    やっぱり行きたいなー南ア!
    サービスショットありがとうございます
    ファンは泣いて喜んでいると思います(はぁと)

  • パチパチパチ。
    最初から最後まで、素晴らしいシーンをありがとうございました。
    青や赤や黄色が、ホント見事ですね。
    こーゆー奇跡的なタイミングといいますか、、、なかなか体験できないですよね。
    「名残惜しい」って感じ、伝わってきましたよ!

  • 良いですねぇ
    ほんと苦労して登った稜線から、降りるときの名残惜しい感じ、よくわかります。
    次の日も休みであれば、縦走できるのにと。
    特に長い登山道だと、これが本当に長く感じますよね。
    今週末は、天気微妙ですね。けど紅葉今がよい時期だしなぁ。写真の紅葉素敵だし。刻々と変化する天気図とにらめっこ中です。(笑)

  • こんばんは。
    素敵な写真の数々ありがとうございます。
    10月の連休の前半に鳳凰三山に行くので余計に楽しみになってきました。
    (※人めっちゃ多そう(^^;))
    ソロではないので青木鉱泉からではなく夜叉神峠からですけどね。
    秋の南アルプスをがっつり堪能できるように
    MOMOパパさんの山行みたいな天気になってくれたらと願っています(^^)

  • 自分もこんな景色がみたかったのにな...
    ご来光と紅葉、実に見事!最高の山行でしたね♪
    そうそう、地蔵~観音までは地味に疲れますね(^^;
    Mパパさんとは違い、自分は観音~薬師の稜線が楽で好きですが。
    サービスショットは哀愁が漂っていてステキです^^

  • おはようございます~^^
    紅葉の鳳凰三山、とってもいい雰囲気ですね(*^_^*)
    koma家も以前行った時と同じルートなので
    懐かしく思いながら読んでいました♪♪
    まだ明るくなる前のオベリスク、カッコイイですね(ゝ∀・)b
    観音岳&薬師岳へ向かいながらも
    何度も振り返ってはオベリスクの確認しちゃいますよね( ̄▽ ̄)
    鳳凰三山制覇おめでとうございました( ≧∀≦)ノ

  • To: u10さん
    >いやー、とても良い山行だったんですね
    最近にしては会心の山行でした。ソロでしたけどね。w
    週末は台風接近してますね~。土曜はなんとか?
    >鳳凰三山は、どちらもツライ登りが待ち受けているんですねぇ。。
    いくぶん夜叉神がラクそうですが、
    あるところまでは展望もなさそうですね。
    ドンドコは滝があるだけマシかも。
    いずれにせよ。稜線は最高ですよ。(^^
    行ってください!
    >今年は計画するものの、なんかタイミング合わず断念してますが
    なんとなく、
    u10さんの計画ってなかなかうまくいかないことが多い気が。www
    あ、なんとなくです。なんとなく。
    >ファンは泣いて喜んでいると思います(はぁと)
    だと思います。(はあと)

  • To: mokaさん
    >最初から最後まで、素晴らしいシーンをありがとうございました。
    自分で見返しても、出来すぎの山行でした。
    自分の体力の無さ以外は。(笑
    >こーゆー奇跡的なタイミングといいますか、、、なかなか体験できないですよね。
    自然相手のことなので、巡り合わせなんでしょうかね。
    グルトレメンバーでもいい景色を見たいですね…。しみじみ
    >「名残惜しい」って感じ、伝わってきましたよ!
    オッサンは潔く!
    次行きましょう!
    甲斐駒レポ待ってます!

  • To: tatudayoさん
    >良いですねぇ
    良い山行でした~。
    >次の日も休みであれば、縦走できるのにと。
    休みがあっても、体力が無くて、もう無理でした。w
    >刻々と変化する天気図とにらめっこ中です。(笑)
    土曜日出撃ですか?
    いい紅葉シーズン、楽しみたいですね。(^^

  • To: akimichiさん
    >素敵な写真の数々ありがとうございます。
    いえいえ~、ありがとうございます。(^^
    >10月の連休の前半に鳳凰三山に行くので余計に楽しみになってきました。
    おお、行かれるんですね。(^^
    きっとまだ紅葉は大丈夫でしょう。
    紅葉より人が多いかも?(笑
    >ソロではないので青木鉱泉からではなく夜叉神峠からですけどね。
    夜叉神からもそこそこ距離ありそうですね~。
    お互いに3連休、楽しみましょう~。(^^

  • To: 忠太さん
    >自分もこんな景色がみたかったのにな...
    ウフフ。
    でもこの週末の燧ケ岳も最高だったでしょうね!
    >ご来光と紅葉、実に見事!最高の山行でしたね♪
    山の上のほうは想像以上に最高の紅葉でした。
    ちょうど最盛期~。
    >Mパパさんとは違い、自分は観音~薬師の稜線が楽で好きですが。
    え。わたしも観音~薬師のゆるゆるコースが好きです。
    >サービスショットは哀愁が漂っていてステキです^^
    ソロ最高…。(涙

  • To: komaさん
    >koma家も以前行った時と同じルートなので
    koma家のレポ、もちろんチェックしていきましたよ~。(^^
    >まだ明るくなる前のオベリスク、カッコイイですね(ゝ∀・)b
    オベリスクのてっぺんに登るイメージトレーニングだけは
    してきたんですが、無理でした。(^^;
    オベリスクと賽の河原、あの辺りは独特の空間ですね。
    >鳳凰三山制覇おめでとうございました( ≧∀≦)ノ
    あーざす。(^^

  • こんにちは~~(*´ω`*)
    偶然にも、ウチも今週末、土日で青木鉱泉~ドンドコ沢~鳳凰小屋(小屋泊)
    ~三山縦走~中道~青木鉱泉ルートで行こうと思ってたんです♪
    とっても参考になりましたぁ!
    かなりキツそうだけど、ウチらでも行けるかなぁ(汗)
    まぁ、日曜日~天気悪そうなので断念するかもですが(;´∀`)

  • To: JUN☆さん
    >偶然にも、
    おお、偶然。(^^
    こんなレポですが、参考になれば。
    >かなりキツそうだけど、ウチらでも行けるかなぁ(汗)
    JUN☆さん、最近凄く歩かれてるので、余裕でヒョイヒョイ行けちゃいそう~。
    自分の場合、ファミ山行の場合は適度に休憩入れるんですが、
    自分ひとりだと休憩せずにひたすら歩き続けちゃうので、
    それもバテやすい一因になってる気がします。
    >まぁ、日曜日~天気悪そうなので断念するかもですが(;´∀`)
    せっかくの3連休なのに、台風の影響ありそうですね…。(-_-#

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    9bota

    The 9th trail. のあるじです。右往左往しています。