花粉症治療・シーズン2

っしゃー! GWだーっ! という大型連休に歓喜する以上に、そろそろスギ花粉のシーズンが終わりを告げることに静かに喜びを噛みしめる例年の今の時期。しかしボクはもう昔のボクじゃないのです。2015年秋から始めたシダトレンによる花粉症治療は2シーズン目に突入。その経過報告です。

花粉症克服 5ヵ年計画

2016.01.14

治療前

わたしが患う花粉症の症状は、目のかゆみ/目やに/目の腫れ/くしゃみ/鼻水/鼻づまり、というフルスペック。尚、ボーッとする/眠くなる/労働意欲が低下する、などの症状は薬によるものであったり、花粉の季節以外でも頻発するので、ここでは一旦置いときます。

2015年以前の治療前の状態はすべての症状が重ランク。シーズン開幕はまず目が反応していました。目がかゆくなると 今年も来たな とげんなり。朝起きると目やにで目が開かなくなっていたり、目が腫れて見えにくくなってきたり。その後、鼻水がノンストップになるのでティッシュで自作した鼻栓が欠かせなかったり、やがてセメントで固めたようにカチンコチンになる鼻づまりで呼吸困難となり生命の危機を感じたりしていました。

シーズン1

それがどうでしょう。シダトレンの治療を開始して半年も経たないうちに始まったシーズン1で、すぐに症状が軽減していることを実感しました。目のかゆみや鼻水という症状はある程度出たものの、目やに、目の晴れ、鼻づまりはかなり軽くなっていました。

シーズン2

2017年は2月後半あたりからチラホラ花粉が飛び始めていたのは噂で知っていました。3〜4月の花粉のピークの時期、テレビで頻繁に流れる花粉の大量飛散のニュースも知っていました。でもわたしの体はスギ花粉に ほとんど反応しません でした。シーズン序盤に目のかゆみ、シーズン中盤にくしゃみと鼻水の症状は出ましたが、それでも今までに比べればとっても症状は軽かったです。素晴らしい。

シダトレンは多くの花粉症患者が服用している対処療法薬とも併用できるので、昨年のシーズン1はわたしも目薬・点鼻薬・飲薬を処方してもらっていましたが、治療が進んだ今年のシーズン2は 薬はゼロ で過ごすことができました。素晴らしすぎる。

年度別症状

目のかゆみ 目やに 目の晴れ くしゃみ 鼻水 鼻づまり
2015 治療前
2016 シーズン1
2017 シーズン2

シダトレンは免疫療法。スギ花粉にカラダが反応しないようにするために治療には時間がかかります。まだ先は長いですが、ここまでの効果が出ているのでもちろん治療は継続していきたいと思っています。継続の課題だったモチベーションもキープです。

花粉症でお悩みの方、ご参考に。

花粉症克服 5ヵ年計画

2016.01.14

花粉対策メガネもあまりしなくなったなぁ。

花粉対策メガネ

2015.04.12

4 件のコメント

  • 今年こそ始めたい!(と言いながら2年が経つ….)
    個人差あれど、やっぱり魅力的な治療。

    それより、花粉症の広告のが気になっちゃったYO!w

    • スギ花粉にはオススメです。スギ花粉には。

      今まで春はずーーーっと症状が出ていたので、何の花粉によるものか明確じゃなかったんですが、スギの症状が軽くなりはじめると、スギの次に飛ぶと言われているヒノキにも反応していることが分かるようになってきました。何にでも効く万能なヤツが欲しい。

      最近先生の広告を始めてみました。ヒット率が高い広告入れてきますよね。さすが先生。わたしは今、花粉/鼻炎/アトピーに効くという乳酸菌の広告が見えています。

  • おいらはシーズン1ですが、結構効果があるみたいです。
    念のために貰った点鼻薬とか目薬は使わなくてすみました。

    シダトレン以外にもハウスダスト用とかもあったんですが、
    ダニのエキスとか入ってたらイヤなので踏み切れません。。。

    • おお。シーズン1でその効果。素晴らしい。お互いに継続がんばりましょう。ハウスダスト用もあるんですね。でも確かに、体内に入れたくない気が…。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA