フロントバスケットをかう for Bianchi



つくるシリーズのラストを飾るのはMマのビアンキ用のフロントバスケットです。今回はバッグではなくてバスケットです。しかも つくる じゃなくて かう です。もうつくるシリーズじゃないって。

バスケット探し

ビアンキのフロントに何か付けてあげたいなと思っていましたが、オッサンの手作りもなんなので、ちゃんとした売り物のオサレなフロントバッグかフロントバスケットを探していました。いくつかみつくろってMマに提案したところ、ピーターボロバスケットが良いとのこと。お目が高い。

Peterboro。ニューハンプシャー州ピーターボロ地方の1854年創業の老舗で、由緒正しきメイドインアメリカを提供しているバスケットメーカーです。アウトドアやピクニック好きの方には、蓋を左右両側から開閉できるツインスプリットピクニックバスケットが有名なのではないでしょうか。そんなピーターボロには自転車用のバスケットもあるのです。

自転車用ラインナップはこんなかんじ。色はナチュラル、ハニー、チェリー、ブラックがあり、Child’sにはピンクもあるようです。

Child’s Bicycle Basket(24x×14.5×12cm)\4,500
Standard Bicycle Basket(26.2×17.8×17.8cm)\5,800
Large Bicycle Basket with Post(36×24.5×23.5cm)\7,600
Extra Large Bicycle Basket with Post(42.5×29.5×27.5cm)\8,900

ミニベロにはサイズ的にStandardが合うと思い探し始めたんですが、そもそも扱っているお店が少ないのと、扱っているお店を見つけてもお目当てのカラーの在庫がない!

運よくhakkleさんでハニーカラーを発見。hakkleさんからは通販で買えるのですが 送料をケチりたかったのと、わが家から行ける距離だったので直接取りに伺いました。事前に連絡してバスケットの取り置きをお願いしておきました。

Peterboro Basket

正面

由緒正しきPeterboroのエンブレムが付いております。SINCE1854。エンブレムにはハンドル付きのピクニックバスケットのデザインがあしらわれております。

上面

こういう手作りバスケットって安物だと品質イマイチ感がすぐ分かるんですが、さすがしっかりしています。そもそもこれ籐や蔦じゃなくて木なのですよね。材は野球のバットとかで使われるホワイトアッシュ。丈夫です。

背面

しっかりした8オンスのレザーストラップ2本でハンドルバーに取り付ける仕組み。Large, Extra Large はモデル名に with Postと付いている通り、自転車側のコラムへのステーが付属し3点支持となります。

取り付け

ミニベロにぴったり

ビアンキに取り付けました。ストラップ2本付けですが思いのほかしっかりと取付できて安定。ビアンキのミニベロ7がいいかんじになりました。

9bota
最近自転車ウォッチしてなかったので hakkleさんで雑談してた時に知ったんですが、ビアンキの2020ラインナップにはミニベロ7, 8, 10などナンバーモデルがなくなっていたんですね。へぇ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA