夏の帰省旅2016

2016夏、このようなルートで帰省旅してきました。

長距離ドライブ

2016.08.13

A地点では木曽駒ヶ岳でファミハイクを満喫し、

木曽駒ヶ岳

2016.08.16

B~F地点でも楽しい夏のひとときを過ごしてきました。

民宿で癒される

木曽駒から下山したあと中央道を南下し、その日は恵那にある民宿よしだやさんを利用しました。ラジウム泉でのんびり癒されたいのだ。

おいしい料理がたっぷり

最近の宿の料理は、現実的に食べきれる適切な量のところが増えて来た気がしますが、ここは古き良き(?)、品数たっぷり&量もたっぷりの田舎スタイルで、わたしでもようやく食べきれたほどでした。もちろん味も良しで、個人的に気に入ったのはの甘露煮。歩いた後の体には濃いめの味付けが嬉しく、酒にも白飯にも合って、ウマウマでした。

B地点:馬籠宿

山間の田園風景

翌日は馬籠宿に観光に行きました。中山道の宿場は魅力的な町並みを残しており、訪れてみたい所が多いですね。今回訪れた馬籠宿は山の斜面に沿って開けた宿場町。「ほんとにこの辺なのかな?」なんて思いながら坂を登って行きました。

坂に沿った宿場町

町並みがイイね。坂の町なのでずっと遠くまで見渡せて、目線の下に建物の瓦屋根を眺められる景色が印象的でした。恵那山が見えるビューポイントもありましたよ。

甘味は外せません。 < らしいです

わが家がクルマを停めたのは宿場上部の駐車場。そこから歩いて坂を下り始めたので、帰りは必然的に登り坂になります。さらに必然として、ヒンヤリとした甘味が求められます。(笑 『茶房 土蔵』は店の雰囲気良く、町歩きの休憩にオススメです。

C地点:小さい対決

金沢の実家へ。

おっと、誰だね君は?

空豆号での初の帰省だったため、当然話題の中心は空豆号になるかと思いきや、強力な好敵手が待っていました。姉夫婦がセカンドカーとしてスマートを飼い始めたのでした。これはまさに小さい対決。

コックピット感がいいなぁ

キビキビ走るドライバーズカーとして自分も魅力を感じてました。羨ましす。スマートは2人乗りではありますが、荷物はそこそこ載るようだし日常の使い勝手は問題なさそう。何より現行モデルじゃなくて1つ前の型を選んだ所がいいね。さすがのチョイス。

地元

滞在中は、

一族で食事をしたり、

墓参りをしたり、

Mマチョイスの『Hiver bosque

カフェ巡りをしたり。郊外の田園にポツンとあるオサレ空間。

郊外の田園にポツンとあるオサレ空間

空豆号はどんな景色にも似合う。(自己満

白昼夢

カフェの大窓からは、清々しいとも、爽快とも違った、ぽわんと浮遊感のある景色が広がっていました。

D地点:夏はプール

よいしょ よいしょ

わが家が目指すは芝生の先。駆ける裸足が気持ちいい。

Mマ

早くもバテバテ?

夏休みと言えばプール

海も楽しいですが、子供的にはスライダーなどの遊具があるほうが楽しいと言う事で、わが家はプール派。潮のベドベト、砂のジャリジャリを避けられるのは親としてもありがたいところです。

な、ナンダコレー?(汗

今年の芝政には、『サ・モンスタースライダー』なるスゴイのが出来ていました。はっきり言って、これ、チョー楽しかったです。ウヒー。このアトラクションだけは別料金(¥500)がかかっちゃうんですが、その価値ありました。是非。

母娘で ざぱーん

もちろん他のスライダーも楽しで、夏を満喫でした。(^^

2016.8.21追記:
事後になってしまいましたが。芝政のプールでは、『縦2m× 横2m以上のものや、ロープで周囲にひっぱって固定するタイプのテントやタープについては、安全上の理由からお持ち込みをご遠慮いただいております。』となっておりました。すいません。わが家が利用していたタープはこれに該当すると思われ、今後使用は控えたいと思います。当ブログを見て、「タープOKなんだ~」と勘違いなさらないようご注意下さい。

リンク:芝政プール利用案内

E地点:世界一の

カフェ巡り・その2。

世界一の前で気取る人

『世界一美しいスタバ』が富山県にあるということで行ってきました。

ナイスビュー

そのスタバがあるのは『富山環水公園』。うん、確かに美しいところ。

その公園に溶け込むように

水と、緑と、青空と、スタバ。

今年の夏はコレがウマい! と聞いていましたが、やはりウマかった。でも高かった(¥610)。気軽には飲めないけど、世界一の店にまで来たんだから奮発です。

客足たえず、すっかり観光地でした

ここ有名なんですね。世界中のスタバを知らないので世界一かは謎ですが、美しい公園の景観と相まってとても良いお店でした。そのうちアプルスの山小屋にもスタバが併設される時代が来れば、世界一の座は奪われるのかも、
ね。(笑

F地点:高原で避暑

ああ、涼しい

金沢から横浜に戻る途中、お気に入りの乗鞍高原で避暑でございます。今回は新たな宿を探訪です。

ロフト付き

人気の宿ということで、(予算的な問題と)夏休み期間のスケジュール的問題で今まで利用できたことがありませんでしたが、今回ようやく『グーテベーレ』さんを確保。部屋数と部屋の種類は充実していてペンションとしては規模が大きめだと思います。

とろとろ温泉

乗鞍高原の白濁した硫黄系のお湯、好きです。こちらはお風呂もペンションとしては規模が大きめ。滞在中は3回入って、たっぷりのんびり癒されました。

ウマそー

良質の温泉、部屋のキレイさと共に、グーテベーレさんは食事も評判。和洋入り交じったディナーメニューはどれも絶品。

 

イワナのパイ包みもおいしかったけど、
メインの肉料理もうまかったなー。

朝食もー (以下同

朝は3種類から選ぶ事ができて、われわれはフレンチトーストをいただきました。

優雅に避暑遊び

朝食後、背後に乗鞍岳を見ながら高原でパターゴルフに興じてみたりして。山は登るものじゃなくて見て楽しむものかも。なんて。(笑

よい夏休みでした。

まとめ

空豆号での初の長距離旅でもありました。
いくつかプチトラブルがありましたが、空豆号がんばりました。

乗鞍の宿の駐車場にて

うむ。両隣に写ってるド級のクルマよりも魅力的だぞ。

2 件のコメント

  • こんばんは~
    空豆号での帰省お疲れ様でした~
    AからFまで、濃い帰省旅ですね!
    最後の写真、うんうん一番かっこいいわ!!

  • To: こうさん
    >空豆号での帰省お疲れ様でした~
    何回帰省しても、やはり関東からそちら側は遠いですね~
    でも今回は新車での旅だったので新鮮な気持ちでドライブできました。(^^
    >最後の写真、うんうん一番かっこいいわ!!
    でしょ?(笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    9bota

    The 9th trail. のあるじです。右往左往しています。